2009年11月23日月曜日

どっちもどっち

よく言うじゃありませか。目くそ鼻くそを笑うって。どっちもどっちってことでしょ。


民主党と自民党。なんか一年前と同じような光景。今が何政権だかわからない。国会の強行採決。言ってることがなんとも。審議拒否だとか、多数の横暴だとか。


みんなで小沢の腹を読みっこしてる。だんまり決め込む小沢君。


官房機密費。みんなお金がほしいんだ。


民主政権になったら強行採決なんてないかと思っていた・・・。


民主政権になったら機密費なくなると思っていた・・・。


とんだ勘違い。思い違い。同じ穴のムジナ。


株価の下落は政権の否定だと言った鳩山くん。だったら君が否定されてるはずなんだけど。


なにか事があると「コメントは差し控えます」。そんな事許しちゃいけないんだよ。だらしがないメディア。「説明責任」なんて声高に言っていたのはどこの誰。


カネ、カネ、カネ。どこかしりすぼみの感ある検察リーク。鬼の首とったように「疑惑隠し」だと騒ぐ自民党。


ところ変われば言うこと変わる。ま、人の世の常なんだけど。


事業仕分けは財務省の「演出」だと。いいじゃないの。白日のもとに曝される予算の"怪"。民主党が財務官僚に操られているんではなく民主政権になったから財務官僚を操っているんだと思えば。自民政権ができなかったこと。それをあげつらうなんてどっちもどっち。


オバマの支持率50%切り。鳩山はそれでも60%台維持。しかし、期待はずれはどっちもどっち。


デフレスパイラル。値下げ競争に奔走するスーパー、スーパー。量販店などなど。これもどっちもどっち。


寒くなってきました。エアコンで行くか、灯油にするか。灯油も値上がりとスタンドのお兄ちゃんからメール。どっちもどっちかな、これも。



0 件のコメント:

「平昌オリンピック」に思う事

オリンピックは必ず「物語」を連れてくる。その物語は誰をも心の美しさに誘ってくれる。その物語を求めてオリンピックを観る。 そこには閉塞感に満ち溢れた一般社会とはかけ離れた「人間の美しさ」があるからだ。 スケートの小平奈緒選手の光景は美しかった。彼女が勝利したと言うことだけでは...