2009年12月5日土曜日

亀が吠えまくっており

亀が吠えまくっています。亀と言っても動物の亀ではない。ボクシングの亀田でもない。彼は大人になった。吠えまくっているのは名前は静香だがとんでもない親爺の亀井静香。名は体を現さず。


「おれが内閣だ」。「おれが政府だ」。まさに傍若無人、我が道を行く。郵政株式凍結法案、金融猶予法案。一瀉千里に仕上げ。こと郵政法案に至ってはまさに彼のコイズミに対する私怨。民主と連立に加わって果たせた報復。それで十分でしょうに。


金融担当大臣だからといって、彼が金融や財政経済に長けた政治家だとは聞いたこともない。第二次補正、なんとしても8兆円にしろとわめき、会議もとんずら。とんずら戦略はかつては金丸信のオハコ。郵政改革で自民党を離党したからといっても、典型的古い自民体質の持ち主。


鳩は大声に弱いと言う。亀が大声出すと鳩は逃げる・・・(笑)。


亀の天敵はありや。カラスだとか。くちばしでつつかれるのが苦手らしい。民主党にカラスは有りや。カラス天狗みたいな人は亀をなだめるために動く気配なし。内閣は内閣、党は党と決め込んで。


亀は甲羅の中に頭を引っ込めてじっとしてるものかと思いきや。温暖化のせいか。亀の生態に変化ありと(爆)。


犬も天敵に入るとか。鳩山さん、我が家の犬を貸しましょうか。9億円で。(爆)。



0 件のコメント:

「国民」とは誰そ

日本国憲法には「日本国民は正当に選挙された・・・」で前文が始まるように各所に国民と言う言葉が登場している。 かって、帝国憲法には「国民」という言葉は無く「臣民」だった。 しかし子供たちは「少国民」と呼ばれ、兵士になることを名誉だとする教育が施されていた。 いささか屁理屈...