2010年2月1日月曜日

縦書きと横書きと

広告も含めてこのところの話題。電子書籍。I?PADとかで本が読める。いや、前からそんなツールはあったようですが。そこに携帯電話も"参入"。流行ってすたれた携帯小説(笑)。


外国語、英語は全て横書き。たしかにアルファベットを縦にしたら多分読めない(笑)。我が日本語は・・・。縦書きと横書きが共存。少なくとも本、書籍は縦書きが主流。主流というか、そうあるべき。辞書だって縦書きだし、六法全書も縦書き。ネットで見ると横書きの辞書あったり、憲法全文もあったりしますが。


新聞だって縦書き。ところが横書きのページが挟み込まれていたりして。


日本人の脳の動きがどうなのかはわかりませんが、基本的には縦書きの文章を読むように出来ているのではと。役所の資料やあちこちからの案内文は横書き多いのですが、少なくとも亭主は横書きの文書はどうも頭に入らない。読みにくい。目の移動。左右がいいのか上下がいいのか。


で、なんでも便利、なんでも電子。小さい液晶画面で本を読む。嫌だね。書店の経営がどうとか著作権がどうとか、出版界がどうとかっていう観点ではなく、本は紙に書かれた、印刷された文字を読むってのが読書と。自分の指でページを繰るのがいいのだと。画面の上で指を動かしてページを繰るなんて・・・・。嫌だね。


本には本の香がある。匂いがある。新聞にはあの懐かしい印刷インクの匂いがある。匂いが欲をそそる。古書には古書の匂い。カビくさい匂い。これが"歴史"を呼びさまされてくれたり。


電子書籍、縦書きに変換出来るともいうけど。装丁や厚さや表紙の図柄含めて本は本。紙の本が本。なんでも電子化しないで頂戴。本の重みが読んだ人の重みにもなってくる。


手紙とて然り。やはり縦書きの年賀状のほうが素直に気持ちが届く。


頑迷固陋なるかなこの亭主。おもわずはやっていない本屋に行って本を買ってきました。またまた。さていつ読むのか(爆)。買った本の一つ。「ネット帝国主義と日本の敗北」。サブタイトルに惹かれたのです。「搾取されるカネと文化」。


日本の文化は縦書きにあると存知候なり。



2 件のコメント:

イクボンパパ さんのコメント...

��?PADって,なんのことかと思っちゃいましたよ.iPadのことですな.
それはともかく.それなりの本には,仰る通り,その本の香りがあり,匂いがあり,いわば佇まいがありますね. いまは子どもの本を手に取る機会が多いのですが,絵本がすべてKindleやiPadに置き換わるわけもありません.厚紙の手触りとか,一枚づつ頁をめくる喜びが必要な本は決してなくならない.いわゆる電子ブックは文庫・新書のような,言わば使い捨ての本がとって替られるだけなのではないでしょうか?・・・ という話をさっきTwitterに書いたら,早速賛成のコメントを下さる人もいたりして.

亭主 さんのコメント...

イクボンパパさま
なるほど。使い捨ての本ですか。週刊誌で十分だけど(笑)。
本棚に積んである本。その背表紙見るだけでも浮かぶこともあり。そうですよね。子供の絵本が電子化されたら・・・・。いろいろ考えさせられますな。

欲望の五輪、社会正義に反した五輪

  去年、首相だった安倍は言った。 「完全な形の五輪にする」と。   菅は言った。「コロナに人類が勝利した証としての五輪開催」と。   どちらも“実現”していない。   コロナ以前の五輪は「復興五輪」と位置付けられていた。聖火リレーなるものを出発地を福...