2010年5月27日木曜日

永田町解体新書

今夜になったら何がどう動いているかわかりませんが。キャンキャン吠えるスピッツ瑞穂の顔と声にも食傷気味の昨日今日(笑)。いや、彼女が言っていることの、少なくとも沖縄基地の在り方につぃての発言を全て否定するものではありませんが。


解体新書は人体解剖の書。言わずと知れた杉田玄白の医学革命。ただ表題から思いついただけなんですが、政権与党の枠組みや連立の枠組み。全て解体したらいかがかと。国会対策(参院)のことが主因での連立。政策決定がおかしくなるばかり。沖縄問題を巡る鳩山君の言動、行動を方針を是とするものではありませんが、あまりに見苦しい政権内部のゴタゴタ。郵政問題ではカメにしてやられ、こんどは瑞穂おばちゃんにダダこねられ。


社民党は政権から離脱すべき。独自路線を行くべき。"村山政権"で味わった密の味を忘れるべき。鳩山くんは断固民主党代表の立場を貫いてはいかが。毎度の右顧左眄と言えばそれまでだが。その鳩山政策がいいか悪いか別ですよ。反対する、署名拒否などというなら即刻罷免しないと。閣内不統一。ま、奥さま含め女性に振り回されるのには慣れているのか由起夫ちゃん(爆)。


民主党も自民党も同床異夢。


近づく参院選。どっちもこっちも選挙目当て。すっきりさせて選挙に臨みましょうよ。解体、解体、永田町。


そして学んでください。蘭学事始ならぬ政治学事始めを(爆)。



0 件のコメント:

「オウム」という暴力装置、そして、天災。

2018年7月6日、僕は朝の食事の後新聞を読んでいた。 テレビのニュース速報がオウムの浅原彰晃の死刑執行を伝え、その後、次々と死刑囚の刑執行を伝え始めた。 やがてNHKは執行に立ち会うため拘置所に入る検察官の姿を流している。 いわば同時進行のものなのだ。 執行は事前に当局...