2010年6月22日火曜日

日本人は賭博好きなのに

角界の野球賭博問題。いやはや毎日大騒ぎですね。はい、いつもと変わらぬ集中報道。メディアスクラム。そりゃ暴力団がからんだ賭博、暴力団の資金源とくりゃ指弾されるのは当然なんですが。


暴力団、昔はヤクザもんと言った。くりからもんもん入れて。刺青は昔はヤクザもんの証拠。今や外国のスポーツ選手、サッカー選手もなんとタトウの多いことか。ヤクザの前はばくち打ちと呼ばれていたし。


サッカーにはtotoというサッカーくじがあるし、競馬、競輪、競艇・・・。公営ギャンブルあり。宝くじもあり。事業仕分けの対象にはなったものの。その存在は万人認め、奨励するし。


外国だって代表的なのはカジノ。ラスベガス、モナコ、ウオーカーヒル・・・・。おおぴらな博奕場。しかも上流階級出入りの社交場。裏ではマフィアが牛耳っているって話しだし。にも関わらず。


東京都知事もカジノ構想あり。大阪でも、その他の自治体でも。


賭け麻雀は当たり前。賭けゴルフも当たり前。花札バクチもテレビの無い時代の家庭団らんの遊び。バクチ、賭博は遊び事。身上つぶした人も多々ありではあるのですが。


ギャンブルと賭博とどう違うのか。公営ギャンブル、テラ銭巻き上げているのはオカミ。暴力団胴元よりもテラ銭高かも。


勝負とはつまりカケ。人生だってカケ。人生はともかく、皆賭博は好きなんです。


暴力団からんで恐喝だなんだとなると話は別でしょうが。カケゴルフまでやり玉とは。


旧知の相撲担当記者。部屋に入り込み、関取とバクチやっていましたよ。かなりの大金動かして。相撲記者クラブ加盟していたっけ。


とりあえずやり玉に挙がった相撲取りや親方は集中砲火浴び。他の人、関係者は知らぬ顔の半兵衛(笑)。演歌にも映画にも賭場という言葉は登場するし。それを皆格好良いって思ってるし。


週刊新潮の抜きネタに一斉に飛びつき、なんだかんだとまじめくさった解説重ね。


昔は記者クラブは連日賭け麻雀。花札。警視庁クラブでは宿直のお巡りさんまで参加していた。いえいえもうずっと前ですよ。もう時効(笑)。今の若い記者さん達は使命感に燃えており、そんなことはしていないんですが。皆、きれい事ばかり言っているようで。


パチンコだって賭博でしょ。数千円が数十万円に化けたり。


賭け麻雀、パチンコ、もう20年以上やっていません。ゴルフで千円の「馬券」は無理矢理買わされるけど。亭主の"告白"。競馬もやってないな。なんでか。単にバクチ運が悪いということを悟っただけ。


「浜の真砂は尽きるとも世にバクチ事の種は尽きまじ」。石川五右衛門さんならそう言うかも(爆)。



0 件のコメント:

「オウム」という暴力装置、そして、天災。

2018年7月6日、僕は朝の食事の後新聞を読んでいた。 テレビのニュース速報がオウムの浅原彰晃の死刑執行を伝え、その後、次々と死刑囚の刑執行を伝え始めた。 やがてNHKは執行に立ち会うため拘置所に入る検察官の姿を流している。 いわば同時進行のものなのだ。 執行は事前に当局...