2010年7月30日金曜日

どいつもこいつも

どいつもこいつも。ま、誰もかもって意味なんでしょうが。どっちを見てもこっちを見てもってことでもあるんでしょうが。


きのうの民主党両院議員総会。菅批判噴出。参院選敗北の責任を取れと。この国では責任を取るということは辞める、辞めろっていうことらしい。おいおい、つい先日君らの頭領として選んだばかりじゃないのかい。


この国の政治家さんたちは何でも批判することがお好きらしい。自由闊達な論議。そりゃ、誠に結構な事なんですが。国民は、国民はと大声出していうけれど、どれだけ国民のことをわかっているのか。この国の有り様を理解しているのか。


菅を擁護する気は全くありません。だいたい、もとから、いけすかない奴(笑)。政権交代とやらでも、やはりあらためてわかったこと。だれが総理大臣をやっていても、少なくともこの数年間、政治の有り様は同じだってこと。なんか自民亜流政権のような気さえしてきており。


ころころ総理大臣を替えるってことがこの国の信用をいかに落としていることか。与野党問わずとにかく「政局」がお好き。マスコミも同じ。もし、仮に小沢と菅との間に言われるような確執があり、小沢復権を願っての菅攻撃だとしたら、もう民主党は地に落ちたも同じかと。


きょうから臨時国会。マスコミこぞって「ねじれ」「ねじれ」。はい、もう分かり切ったことなのに。どう乗り切るかだの、試金石だのって。どうにもならないのですよ。最低3年間、いや6年間は。「内ゲバ」やってる場合じゃないと思うけど。どいつもこいつも愚にもつかない輩ばかり・・・。


そしてマスコミ。どいつもこいつも、どっちをみてもこっちをみても歌舞伎役者とアナウンサーの「豪華結婚式」の話題ばかり。やれ1億円だの誰が呼ばれたの呼ばれなかっただの。馬鹿馬鹿しいにも程がある。誰と誰がくっついて、どんな結婚式やろうと、「そんなのカンケヱねえ」(爆)。離婚話に至ってはいわずもがな。関係ないでしょ。両院議員総会さぼってその披露宴に行ったって前原坊やは非難されるし。


「俺は大事な政治活動があっても葬式には行く。なぜならもうその人とは会えないのだから。結婚式は行かない。行かなくてもその人とはいつでも会えるのだから」。田中角栄が言っていた言葉。


もう「死語」かもしれないけど「ミーハー化」してるんですよ。政治家までもが。その遠因はテレビ。映ると映らないのでは自己満足度が違うってことか。


ああ、やんなっっちゃった、ああ、ああ、ああ、驚いた♪。牧伸二のウクレレ漫談。風刺の効いた漫談聞いたり川柳読んでる方がよっぽどマシかと。


とにかくまともな政治家は居なくなった・・・。タレント議員に群がるマスコミ。どいつもこいつもこの国をおかしくしている。



0 件のコメント: