2010年7月15日木曜日

小泉改革の徒花(あだばな)

日本振興銀行の元会長、木村 剛が逮捕されたというニュース。ほんとふざけた野郎だ。否認してるというが厳罰所望なり。小泉、竹中と組んで大きなツラして日本経済を語りやがって。中小企業救済とかなんとかで銀行をあっというまに作り。オレの後ろには竹中、小泉がいると大いばり。あげく経営破綻。SFCGなんていうインチキ金融と手を組むありさま。


元日銀。人さまのカネを扱ってる奴に限ってカネに関する感覚が違う。どこかの銀行も然り。誰かがうまいこと言った。「天気の日には傘を貸して、雨がふったら取り上げるのが銀行」と。まともなのは町の信用金庫だけかと。


百歩ゆずって。政策マン、金融専門家としては学問できるってことで理屈はうまかったかもしれないが人間失格。


テレビ各局が一時連日登場させた。饒舌家にろくなやつはいない。竹中然り。小泉然り。あの端正な顔に眼鏡の下の眼はいつも笑っていなかった。冷たい目。テレビでご尊顔を拝した時から嫌な奴と思っていたが。


企業のコンプライアンスを説きながら自分のやってたことはなんだい。詐欺師の風上にもおけない。こういう奴らが日本をダメにした。赤字経営になったら自分の不明を詫びて退けばいいのに。メール消せだの黙っていろだの。ワンマン経営だったとか。ワンマン政治家小泉に手法そっくり。自民党をダメにしたのは小泉。それに気がつかず小泉神話にすがりついている今の執行部。


木村の顔みていて浮かんだ人物。昭和の20年代、金貸しやって多くの犠牲者出した東大出のインテリ「光クラブ事件」の山崎某。こいつもなかなか理知的な端正な顔していた。最後は青酸カリ飲んで自殺。木村のような類、SFCGの大島のような野郎の類。自殺はしないだろうから世間から抹殺を。


それにしても木村をめぐるマスコミ論調。出演をお願いていたからかどうか。論調、優しい。「振興銀行つくるまでの志や考えはよかったのですが・・・・」。「どっかで道を間違えたんでしょうね。残念です」だと。"弱いもの"は徹底的に痛めつけるくせして。


小泉改革路線の徒花。一輪咲いても花は花とでも言いたいのか。あの鼻持ちならなかった語り口。口舌の徒には気をつけましょう。


余談。日本振興銀行って出来た時新興銀行だと思っていた。外国人が作った侵攻銀行かと思っていた(爆)。



0 件のコメント:

平成最後の追悼の日に。

8月15日が近づくとNHKテレビは「つまらんニュース」を流す局とは思えないぐらいNHKスペシャルなど良好な番組を作り流す。 それらは僕の戦争の記憶、戦後の記憶体験と同化してくれる。 姫路大空襲で逃げ回ったこと。とうもろこし畑に身を埋めてB29の機銃攻撃から身を守ったこと。 ...