2010年7月22日木曜日

避暑地の夏の"ナゾ"

北朝鮮による日本人拉致事件。元北朝鮮工作員金賢姫来日。軽井沢の鳩山別荘に滞在。警備上だの手料理だのといろんな理由が述べられるもののなんで鳩山別荘なのか。謎。


警備上の理由で日程その他非公開。もちろん別荘内での家族との会談の様子などは撮影不可。非公開のはずの日程や行き先、全部マスコミはしっている。先回りあり、ヘリでの追跡あり。建前だけの非公開、非公表。謎。


「めぐみさんのご両親に会ってからお話しします」と言っていたというが、金賢姫とあった家族から漏れてくる言葉は「新しいものは無かった」。訪日そのものの意味は。一縷の望み託す家族。どんな些細なことでもききたいという親の心情。「絶対生きていますよ」。その言葉だけに励まし貰って果たして本心納得しているのか。謎。


日本政府の懇請による今回の来日といわれるが、結果何を得ることができたのか。マスコミの話題をさらい、少なくとも「風化」させないという雰囲気醸成には寄与しただろうが。来日目的含めて謎。


飛行機代や協力金。多くの警備陣の間接費。拉致被害者のためにそれらを惜しみうんぬんするものではないが、なんかこころもとない政府の拉致問題対策。


一連の家族との会談には政府関係者や警察も同席していたはず。彼らは何かを得たのか。情報を含め。今後の救出につながるもの出てきたのか。関係者黙して語らず。謎。


やがて「公開」されるであろう鳩山別荘での会談の映像。世間の耳目をひくだけに終わってしまうのか。


これだけの「避暑地の夏物語」をプロデュースした以上、次なる北への一手を指さないと世論は政権批判となってはねかえってくるも必定なりと。新たな火だね抱えたと。無視を決め込む北朝鮮。米韓が繰り返す北への「制裁」。


金賢姫よ。あなたはいったい何者なりや。



0 件のコメント: