2010年12月28日火曜日

なんとなく・・・

この余りにも漠然とした言葉。曖昧模糊とした雰囲気をかもしだし、確固とした意思を表せない言葉。「なんとなく」。
その「なんとなく」にとりつかれています(笑)。年の瀬、なんとなく慌ただしい。なんとなく気ぜわしい。大掃除はおろか小掃除を終えていないことへのアセリ(爆)。
なんとなく体調優れず。気力湧かず。そりゃ昨夜の酒のせいだ(爆)。つがれるがままの熱燗に。作られるままのお湯割りに。若干二日酔いの症状かもしれない。
テレビ見てると、新聞読んでいるとなんとなく腹が立ってくる。イライラ感さえ伴って。なんでこんな話題しかないんだよって。画が音が耳に障り目に障る。こりゃ不定愁訴だ(爆)。
なんとなく「ぼんやり」してしまう。ぼんやりした頭に浮かぶ言葉。「将来に対するぼんやりとした不安」。そう芥川龍之介の"最後の言葉"。もちろん、それは健康問題だったようなんだけど、今は社会に対して抱く思い。ぼんやりとした不安。将来への不安。
なんとなく暮れを迎え、大晦日になって。なんとなく新年を過ごすのか。はは、のんきだね(嗤)。

0 件のコメント:

「オウム」という暴力装置、そして、天災。

2018年7月6日、僕は朝の食事の後新聞を読んでいた。 テレビのニュース速報がオウムの浅原彰晃の死刑執行を伝え、その後、次々と死刑囚の刑執行を伝え始めた。 やがてNHKは執行に立ち会うため拘置所に入る検察官の姿を流している。 いわば同時進行のものなのだ。 執行は事前に当局...