2011年1月14日金曜日

「高齢化社会」に相応しい布陣(笑)

起死回生を狙っての菅直人の内閣改造。民主党内のゴタゴタや菅の資質は別にして。面白い顔ぶれを揃えたもんだ。

囲碁が取り持つ縁というわけでもないでしょうが、囲碁仲間ってことでもないでしょうが、小沢だって囲碁の腕前はなかなか。囲碁の定石破るような手を打った。「初手天元」かも(笑)。与謝野馨の閣僚起用。経済財政担当大臣。”たそがれ新党”からの引っこ抜き。御年72歳。初手天元には、以て天下敵無しとせりーという言い伝えがあるとか。碁盤の真ん中に72歳が座る。
与謝野馨はいわずもがな与謝野鉄幹、晶子の孫。おばあさんと昨夜「話した」とか(笑)。与謝野晶子は言った。「君死に給うことなかれ」「山の動く日来たれり」と(爆)。

なんと藤井裕久さんを官房副長官とは。以前、からから亭にも書いたけどあだなは「あたま」。そう、それは髪の毛薄く頭が大きいからというだけでなく頭が良いということで竹下登が名付けたあだな。それを拝借してよく藤井さんには「あたま」って呼ばさせてもらいましたよ。一時は政界引退も決意した人御年78歳。メディアは閣僚から副長官になるのは異例って書いてるけど異例じゃないよ。前にもあった。佐藤内閣時代、保利茂を官房長官にするために木村俊夫さんを副長官に”降格”させた。木村さんは黙々と仕事をこなした。それにしても官房長官は48歳か。親子逆転(笑)。企業で言えば家督譲った”会長”の心境か(笑)。

国家公安委員長の中野寛政氏も70歳。改造内閣の平均年齢は60歳。いいじゃないですか。

はい我が国は超高齢化社会。お元気な年寄りには働いて貰わないと。能力のある人ならば。高齢化社会に相応しい顔ぶれ。あっぱれ!!(爆)。

いいな、政治家は。亭主も仕事が欲しいよ(笑)。もっとも誰が雇ってくれるわけでもないし、能力も無いし(;>_<;)ビェェン。

0 件のコメント:

平成最後の追悼の日に。

8月15日が近づくとNHKテレビは「つまらんニュース」を流す局とは思えないぐらいNHKスペシャルなど良好な番組を作り流す。 それらは僕の戦争の記憶、戦後の記憶体験と同化してくれる。 姫路大空襲で逃げ回ったこと。とうもろこし畑に身を埋めてB29の機銃攻撃から身を守ったこと。 ...