2011年8月3日水曜日

それでも「電気」を首都圏に送り続ける

多分、日本の原発はこのまま順次終わりになっていくのでしょう。稼働中のものが定期点検に入ったら再稼働は知事や立地自自体が認めない。点検中のものも再稼働は認めない。

菅が「脱」を言おうと言はまいと。

そして依然「闇」のままの電力量。電力不足なるものはずっと続きます。数年前、埋蔵金騒動ってのが永田町で流行りました。歳入不足の折。特別会計洗っての埋蔵金探し。官僚は隠しに隠し続けた。

これからは「埋蔵電力探し」に躍起にならざるを得ない。そして、今言われている「節電」なるものが「日常」というか、あたり前のものになってくる。

企業が生産拠点を海外に移すとかなんとか言っても、だれもそれを止められない。電気が足りなくなるんだから。

原発事故による放射線被曝。それが福島県内だけのことなら、その人達を忌避すればよかった。差別、区別すれば事足れりとしたかもしれない。

牛乳、野菜にはじまって、牛肉がセシュウム汚染藁を食べ、それが全国に流通したとあっては“賢明”な消費者さまも他人事ではなくなった。

原発はいらない。合い言葉のように。

「脱原発を言う菅を辞めろっていう民主党はおかしいんじゃないか」。テレビで噛み付く芸能人コメンテーター。

脱原発を言う人は良い人。躊躇する人は悪い人。かつての持論はどこへやら。原発危険を叫ぶ“専門家”ばかりが増えて。

異常気象は続くでしょう。いや、もっと異常になるかも。酷暑、酷寒。

電気で成り立っている近代国家。君はこの「節電」に「電力不足」に未来永劫立ち向かえるや。

福島第一原発から南へ20キロ圏内。広野火力発電所というところがあります。
震災以来稼働していませんでしたが、先ごろ試運転もどきの再稼働。発電能力は平時で380万キロワット。とりあえずは100万キロワット。今月中には220万キロワット増。燃料は重油と石油。もくもくと煙を上げながら電気を作り、東京へと送電しています。広野町住民は避難中。

童謡の「汽車」。♪今は山中、今は浜、今は鉄橋わたるぞと、おもうまもなくトンネルの闇を抜けたら広野原♪

この歌の舞台だとも言われている。蒸気機関車が走る常磐線の光景。発電所の煙はどこか蒸気機関車の煙。原子力発電が蒸気を電気に替え、新幹線を生んだと言えるかも。

地域住民が居ない発電所で電気が作られ、多くの人が暮らす東京圏内にその電気が送られている。原発の惨禍があっても福島は東京に電気を送り続ける。

原発が無かった時代、常磐線は多くの集団就職の「金の卵」を福島県から上野に運んだ・・・。

原発の「闇」は依然続く。抜けられない。

6 件のコメント:

crisp さんのコメント...

こんにちは。
あまり政治の話のときにコメントできるような立場でもないのですが

“原発はいらない”という方々がとても気になります。
だったら、そう言うあなたは、原発で発電された電力を
使わずに生きていってください。そう思います。

本当に、極端だと思います。
原発の被害だって人災だと政治家のせいにしますが
自分が総理大臣だったらどう対応するか考えたときに
アイディアは出てきません。

そう考えていると無能だと言われる菅さんも被害者なんじゃないかなと
思えてなりません。
菅さん、お疲れ様、もう少しお願いしますと思っています。
このような考え方はおかしいのでしょうか。

亭主 さんのコメント...

crispさま
結論。おかしくないと思います。
少なくとも民主主義を否定しない限り、多様な意見があることはいいことなのです。問題なのはその多様な意見を”封殺”しようとする”勢力”があることです。
そして、今の日本はなんでも「二極化」して考えることです。原発賛成か反対か。
あの事故があって以来、原発について人々が考えることになった、電気についても考えるようになった。
事故の人災ということで言えば、事故そのものよりも、その後の対応です。今も起きている様々な混乱。また、原発という「欲」に身をゆだねてしまった人たち皆による責任、人災ということではないでしょうか。
総理大臣の仕事はただ一つ。政府という巨大な組織を束ねて、叡智を結集して事にあたるということです。それが出来ないということ。原発は菅が作ったものではもちろんありません。そういう意味では「被害者」かもしれませんが、事故の対応を誤ると指弾される。それは政治家としての宿命です。その覚悟がなければ政治家になってはいけない。
危機管理能力の欠如。被災地にすればそれが一番悲しいことかも。

crisp さんのコメント...

亭主様
さっそくありがとうございます。
納得しました。スッキリしました。

そうですよね、誰も悪くないけれども
菅さんが適任ではなかったのだから
菅さんを選らんだ事が間違いですよね。

民主党を選んだ国民ひとりひとりにも
少なからず責任はあるんですよね。

亭主 さんのコメント...

crispさま
ありがとうございます。
責任とは選んだ側にもあるのです。だから広義で言えば日本国民全員による人災といえるかもしれません。

自民党政権、自公政権。その長期政権がもたらした、あの当時の「閉塞感」から逃れたいと政権交代を国民が選んだ。

まさかこれほど政治音痴だとは知らず。鳩山も菅も「同志」であるはずの小沢が喉にささった刺だった。

今の小選挙区制度。いわば二者択一の国会議員選びの制度。そこにも問題があります。

crispさんの選挙区でも考えてみてください。自民、民主、共産、社民、その他。それぞれの政党から候補者が出ます。当選するのは一人だけです。

選挙区の候補者の中に、積極的に投票したいと思う人がいない。しかし、棄権するのはよくない。やむおえず誰かに入れざるを得ない。どうしますか?

鳩山が良くて民主党に入れたのか。菅がよくて民主党にいれあのか。あるいは小沢だったのか。
政権交代時は鳩山が党首。期待感はあったのかもしれません。それがすぐに裏切られた。次は菅。財務省に踊らされて「増税」。結果、参院選で惨敗。ねじれ国会。国会がねじれてなければ震災後の復旧策もスムーズに進んでいたかもしれません。しかし、数の論理ですが、選挙民は「ねじれ」を選択してしまった。今、そのツケが回ってきてるとも。

難しいです。間接民主主義というやつは。

TACO さんのコメント...

亭主さま
ゴルフ場にはいつも美味しいタラ・レバの料理が一杯転がっているそうです。
あの時、自・公政権が崩壊すレバ閉塞社会が良くなると思ってショットしました。夢想のような民主党のマニフェストを信じたわけじゃありませんが・・・。
鳩山か小沢が総理だっタラ原発事故の対応はナイス・リカバリーショットでダブルボギー位で上がれたのかしら?そして『原発さへ無かっタラ!』なんて壁に殴り書きして自殺した酪農家の方は死を選ばなくても良かったかもしれない・・・。
経産省次官、エネ庁長官、保安院長を更迭し海江田経産相が辞任すレバ放射能汚染は雲散霧消、福島の子供たちはプールや海で夏休みを楽しめるのか?そうなっタラ嬉しいけれど。
毎日、タラ・レバ料理を食い過ぎて嘔吐・下痢が続いて食傷気味なんです。

亭主 さんのコメント...

tacoさま
どうもタラは海の中で汚染されてしまったようです。
レバは麦わら食べて食卓には届かないようです。
原発が無かったタラ。地震が無かったタラ。政治がちゃんとしてレバ。時々”秘密”の会合や”公邸”でタラフク食べてるかもしれない直人クン。
「俺が総理でなかっタラ脱原発なんて誰も言わなかった。俺を追い落とサバ、俺を無きものにすレバ国民はもっともっと不幸になるはず。俺はシングルプレーヤーだ」なんてサザエさんみたいな奥さんとやっているのかも(笑)。

「ウソ」で始まった東京五輪のこと。

このブログで何回も書いて来たつもりだ。 担当しているラジオの番組でも何回か言って来た。 「2020東京オリンピック反対」と。「開催を返上しろ」と。 復興五輪と言う呼称も名目だけ。五輪にカネはかけても被災地は蚊帳の外。 酷暑の中での、マラソンなどに投入された国土改革の...