2011年12月28日水曜日

はっきりカタをつけてよ♪

山口百恵の往年のヒット曲。「絶体絶命」。
そのなかのおなじみのフレーズ♪はっきりカタをつけてよ、やってられないわ~~♪

同じく百恵ちゃん。プレイバックパート2。♪ばかにしないでよ~そっちのせいよ♪

別に今年をプレイバックしているわけではないけれど・・・。
絶体絶命、ばかにしないでよ。なぜか今の福島県。

中間貯蔵施設を双葉郡に。お国からの要請。予測されていたこととはいえやはり来るものが来た。

双葉郡のどこなのか。細野は一か所と言ってるらしいが。県知事は相変わらず「地元とよく協議して」。「重大なことと受け止めている」。

関係市町村の反応は様々。仕方ないと言う人もいれば許せないという人も。
「住民の意見集約」。どうなるのか。

貯蔵施設作れば、まず30年は戻れない。戻るという選択肢は無理。住み慣れた故郷を捨てること。

来年には、居住3地域の「選別」もある。長期帰宅困難地域。帰宅っていったって30年も放って置いた家はもう住めない。「帰宅」という文字がまやかし。

中間貯蔵施設と言っても、固定化の懸念あり。30年後の政権が今の政権の約束を履行できるのか。

福島の悲劇はむしろこれから始まる。土地を国が買い上げ、家も買い上げ、新たな場所に町を作らねば。

わかってはいるけれど諦めきれない。そんな心境の双葉郡の住民。

他人事のようだけど、もう、はっきりカタうぃつけた方がいいかも。何千人もの大移住。それは宮城、岩手の被災者も同じだが。家はあるのに戻れない。

まさに、「ばかにしないでよ」。

原発事故。その不条理の中で煩悶しながら、自分たちでの選択肢を持ち得ない人たち。

それにしても、なぜ今、この時期になっての「言い渡し」なのか。中間貯蔵施設にしても、帰宅困難地域にしても。とっくにわかっているはずなのに。

「どんな悲しみや苦しみも必ず歳月が癒してくれます。そのことを京都では日にち薬と呼びます。時間こそが心の傷の妙薬なのです」。瀬戸内寂聴が呟いている。
それはそうかもしれない。でも、この「日にち薬」を逆手に利用したような国や東電のやりかた。福島県に「日にち薬」は無い。

日を追うごとに心の傷が増している。

はっきりカタをつけてもらうしかないのか。自分たちでカタをつけなくてはならないのか。そう、まさに絶体絶命。

今年もあと3日。

0 件のコメント: