2014年1月2日木曜日

荷を分かち持つ・・・

新年二日目。皇居では一般参賀があり、皇居の近くを駅伝人が駆け抜ける。

新聞は休刊。テレビもニュース枠は少なく。穏やかなような物足りないような。

そうだ、一般参賀でも陛下は「穏やかな一年」と言われていた。誰だって思う。穏やかなることが有難いことだと。

昨日、新年にあたっての天皇陛下の「感想」が出されていた。
テレビはほんの一行。最後の部分しか伝えず、新聞は無い。宮内庁のホームページを見る。全文が載っていた。

思った通りだ。陛下はちゃんと「被災地」に言及されている。いや、それが陛下の言いたかった事の全てなんだといわんばかりに。
以下転載してみる。

「東日本大震災から3度目の冬が巡ってきましたが,放射能汚染によりかつて住んでいた地域に戻れずにいる人々や,仮設住宅で厳しい冬を過ごす人々など,年頭に当たり,被災者のことが改めて深く案じられます。
昨年も,多くの人々が様々な困難に直面し,苦労も多かったことと察していますが,新しく迎えたこの年に,国民皆が苦しい人々の荷を少しでも分かち持つ気持ちを失わず,助け合い,励まし合っていくとともに,世界の人々とも相携え,平和を求め,良き未来を築くために力を尽くしていくよう願っています。
雪の深くなる季節,屋根の雪下ろしの事故には十分に気を付けてください。
本年が,我が国の人々,そして世界の人々にとって幸せな年になることを祈ります」。

国民に呼びかけている。皆が苦しい人々の荷を少しでも分かち持つ気持ちを失わずに、と。

天皇陛下の気持ちはどこまで届いたのだろうか。


天皇家が祀られている伊勢神宮、明治神宮、熱田神宮・・・多くの参拝者、初詣で賑わっている。
神宮。

八百万の神にふさわしい、数多くの神社。

神宮と神社。その呼び名の違いは・・・。おかしなことを考えてしまったり。

元旦とは昨日の元日の朝のことなのに、夜になっても元旦って言われていたり。
“好景気”に誘われてか、高額の福袋が売れているという。
高価な宝飾品。「高嶺の花」を「高値の花」と表記するテレビ。値段が高いってことをもじった皮肉ではなさそうだ。


あいかわらず“難解”なカタカナ語が横行している。

取り戻すのは、まず「日本語」じゃないのかな。

「今日よりは明日はきっと良くなると 信じて生きねば道は開けず」。
東日本大震災で息子を亡くし、その後夫を亡くし、14歳の犬と暮らしている大槌町の79歳の老夫人の詠んだ句。
住んでいた家は流され、無くなったが、農作業小屋に逃げて一命を取り留めた。
夫や息子の死亡見舞金や義援金をつぎ込んで、その小屋の脇に家を建てて住んでいるという。
「二人の生きた証し」だとして。

陛下の年頭にあたっての感想に述べられている言葉が染みる。

2 件のコメント:

まちりの さんのコメント...

今年も、よろしくお願いします。

私も同じ事を感じて宮内省のホームページを
SNSで紹介してました。
スマホなどの普及で短文化されて誤解されやすい報道が気になってます。

亭主 さんのコメント...

まちりのさま

いや、スマホなどはどうでもよく、マスコミの問題です。