2014年3月28日金曜日

「耐えがたいほど正義に反する」

袴田事件の再審開始決定。そして釈放。
裁判長はこう言った。
「拘置の続行は、耐えがたいほどの正義に反する」と。

中学生の頃か、高校に入っていたか。「松川事件」の映画を観た。何故見に行ったのか、誰と行ったのか記憶にはないが。ラストシーン。
“まだ、最高裁があるぞ”と接見室の窓枠につかまるようにして絶叫していた死刑囚の姿・・・。

その映画を観て、将来、司法の道に進みたいと思った。そのための勉強もしたが、果たせなかった。言ってみれば挫折。それとメディアの道に進みたいという願望とのひっぱりあい。結果、司法は断念した。

その時は、青臭い青年は、司法には正義が存在すると確信していた。そして十数年、数多くの司法に関する出来事、裁判や検察、弁護士。
そこに正義が存在することを疑う出来事が沢山あった。

司法にすら「正義」が存在しない。そんな“確信”に変わった。検察の正義とは時の体制を崩壊させないこと。警察の正義は、とにかく犯人を見つけだすこと。犯人を作ること。そのためにはあらゆる手段を駆使するということ。
そして、最後の砦である裁判所は、その法解釈も含めて、恣意的な判断がくだされるということ。などなど。

袴田事件で静岡地裁の村山という裁判長は、ようやく再審を認め、かつて下されていた、いくつもの、最高裁の判決も含めて、すべての先件を否定した。そして「正義」という言葉を使った。

正義の名の下に、48年間拘留され、死の恐怖におののく毎日を過ごしていた人がいる。その人に「耐えがたいほど正義に反する」という見解を示した。
正義であるべき警察や検察の捜査を「ねつ造」と判断した。

「正義」について考えている。

何が正義であり、何が正義ではないかということ。屁理屈のようだが、世の中すべてが正義であれば、その言葉は存在しない。不正義があり、それが横行しているから正義とう観念が存在するのだと。

不公平、不平等、差別、ねつ造、欺瞞・・・。すべて「正義」に反することが、この福島の地には存在している。その「不正義」を司法は果敢に裁こうとしない。判断することを避けている。

「フクシマ」は、そのあらゆる矛盾と不正義に完全にさらされている。


そして例えば政治の場では、倫理観も含めて「不正義」に該当することが公然と行われ、暴かれると言いわけに終始する。

大国は戦争を行う。彼らは言う。「正義のための戦争だ」と。

強者と弱者が存在する。強者には強者の正義があるのだろう。弱者にも弱者の正義があって然るべきだ。弱者がいるから「強者」が生まれる。
不正義がはびこるから正義が言われる。

雇用の場でも、経済の場でも、商取引の場でも、例えば「下請けいじめ」と言われる“耐え難く正義に反する行為”が行われている。
多くの人は、それを“他人事”として見て見ぬふりをし続ける。見て見ぬふり、知らんぷり。これとて大きな概念の一つとして正義に反してはいないだろうか。

およそ社会正義とはかけ離れたところに身を置く羽目になった13万人の福島県人。
彼らにとっての正義とは。フクシマにとっての、フクシマの正義とは・・・。
だれがそれを判断するのだろうか。

だから、この際、この社会が包含するあらゆる矛盾や不正義をすべて洗いだす作業にとりかからねばならないのかもしれない。
それが、「今の正義」を考える上での要諦になるかもしれないから。

「戦争が終わる度に、誰かが後片付けをしなければならない。何と言っても、ひとりでに物事が、それなりに片づいてくれるわけではないのだから」。
ポーランドの女流詩人、ヴィスワヴァ・シンボルスカの詩の冒頭だ。
せめて「後片付け」の作業を正義と捉えてみるのも悪くない。

シンボルスカがノーベル文学賞を受賞した時、記念講演でこう述べている。
「どうやら、これから先も詩人たちはいつも、沢山の仕事があるようです」。

せめて司法という場に置いては、正義のための沢山の仕事があることを、それに携わる人達すべてに“覚悟”してもらいたいとも思うのだが。

8 件のコメント:

八海 さんのコメント...

年度末というときは、弱者に打ちひしがれる暇さえ与えてはくれません。

この決定をした裁判長の勇気は、素晴らしいと思います。
以前、告白をした裁判官の勇気も。

『正義感も大切だが、組織の中では、引くことが大切だたということを学びなさい』

つい、先日、
私のことを心配して下さった大先輩から
かけていただいた言葉です。

合議とはいえ、反対意見を付すことが許容されている法曹界であっても、
そんなことがあるのでしょうか。

涙ながらに告白をした裁判官、
激しい批判とともに決定を下した裁判長、
それぞれの正義に
応える社会であってほしいと願うばかりです。


亭主|瀬川 賢一 さんのコメント...

八海さん

熊本さんという死刑判決を書いた元裁判官が不自由なからだで、「よかった、ごめん」と言っていたのが印象的でした。

以前、「それぞれの正義」ってタイトルで書いたことありましたが、個人の正義と組織の正義というのは真逆にあるっていうことでしょうか。
組織はそれを守る事が正義とされ、だから、検察でも警察でも”上からの指示”にはさからわない、さからえない。個人の正義とは”尊厳”にかかわることです。

組織の中の正義。それは生きて行く上で“仕方の無いこと”なのかもしれませんが・・・。そして、その別枠として“社会正義”というものが存在する。

サンデル教授も白熱教室で結論は敢えて言わなかったように・・・。

偽りの生後が横行している。そう達観してはならないことだとは思いますが。マスコミの正義っていうのもやはり「組織の中の正義」のような気がしてならないし・・・。

八海 さんのコメント...

数の論理ではない社会正義

それぞれの立場で異なる正義

それでも正義は、正義なのですよね。

でも、組織の中の正義とは、
亭主さまがご紹介下さった山本七平氏のいう
まさに『空気』なのではないでしょうか?

難解な文章ゆえ苦戦していますが、
何度も読み返しながら、
理解しようと努力中で、まだまだ結論には至りませんが・・・。

組織が犯す過ちを
見てみぬふりができない私。

さて、お昼は、豚汁と焼きおにぎりです♪

亭主|瀬川 賢一 さんのコメント...

八海さん

山本七平、別名イザヤベンダサン。彼のいう「空気」はまさに戦争を中心にした、世の中を覆っていた「空気」の”解析”だったかも。

軍隊と言う組織の中での正義が、ああいう結末を招いたという。

寄らば大樹のかげ。ってことですかな。

お昼は簡単なラーメンです。(笑)。

八海 さんのコメント...

亭主さま

水=通常性の章も面白そうです。

空気に操られ、著者にとって空気から解放された現代との比較。

それなのに、その現代も、実は、空気の支配を受けている。

組織の正義とは、正しくはないもの。
しかし、確実に大義では、あったもの。

理解が、表面的なものになっていないのか
自信はありません。

それに聖書を行ったりきたりしながら
読み進めているので、
なかなか進めません。

寄らば大樹のかげ。

うまく生きていくうえで、大切なことなのだと、
頭では理解しています。。。

冷たい頭であたらなくては、なりませんね。

さて、塾のお迎え行ってきます。



亭主|瀬川 賢一 さんのコメント...

八海さん

そうですね、たしかに水の章もそうでした。

でも、すごい読書家ですね。本を読むには労力も必要。だから得られるものもあるのでしょうが。

聖書ですか。人類の歴史に中の最大のベストセラーと呼ばれていましたよね。
昔、犬養道子の旧約聖書物語、新約聖書物語に惹かれて読んでいました。本体よりも。
そう言えば山本七平にもあります。
「対談・日本人と聖書」。聖書的世界観とは何かといった比較文化論ですが。昔の本です。

雨の中のお迎え御苦労さまでした。お子さんはおいくつ?

いい本を読ませてあげてくださいね。

八海 さんのコメント...

亭主さま

確かに、そういわれていますよね。

欧米でもアジアでも
どこの国にいっても、ホテルにおいてありますし。

でも、実は、そんなに読書家ではないのです。

幼少時代、親から難しい本を与えられ、
苦手意識をもったこともありました。

山本七平さんという方も、その著書も
とても難解でいて、魅力的です。

学生時代少しだけかじった聖書の記憶だけでは、
読み進めることができないため、
行ったりきたり、読み返してみたりしてるのです。

もう子供は、高校生です。
スマホばかりで、読書はしませんが、
いつか時がくれば、変わるかもしれません。

亭主|瀬川 賢一 さんのコメント...

八海さん

聖書そのものは難解ですよね。物語をお勧めしますよ。

高校生、将来楽しみですよね。

終わりと始まり

安倍政治が終わった。菅政治が始まる。「同じ穴のムジナ」の終わりと始まり。   ポーランドの詩人、ヴィスワヴァ・シンボルスカが書いた詩にこういうのがある。   “戦争が終わるたびに    誰かが後片付けをしなければならない    何といっても、ひとりでに物事...