2017年9月18日月曜日

「戦争」と唐様で書く三代目

北朝鮮のミサイル、核問題で連日かまびすしい。
Jアラートなるものが鳴らされ、その賛否論議もある。
北の意図、今後をめぐってメディアは百家争鳴だ。


北朝鮮の主導者、金正恩は北朝鮮と言う国が生まれてからの三代目に当たる。
彼の野望は祖父金日成を超えることにあると聞く。
祖父の為し得なかったことを成し遂げることに自らの存在価値を見出そうとしているとも聞く。
小国北朝鮮が核兵器をもつことによって大国アメリカと肩をならべようとしている。その戦争兵器を持つことで民草がいかに貧しい生活を強いられようと歯牙にもかけない。

日本の主導者安倍晋三も岸家の三代目。彼も祖父を超えようとはかる。
祖父が悲願とし、成しえなかった憲法改正を悲願としている。
祖父の時代は再軍備と言われたが、唯一の被爆国であり非核三原則という祖父の弟が作った国是をも“無視”して核を持たんかの勢い。
北の行為に「異次元の制裁」と怒り、お前たちには明るい未来は無い事を思い知らせてやると言う。
口にはするが拉致被害者対策がなされている気配すら感じられない。
大国アメリカと同盟と言う名の連携に余念が無い。

北の暴挙を諌める側近はいない。何か言えば殺される。北の親玉は独裁者だ。
安倍政治の在り方を、その独裁政治を諌める側近はいない。

独裁者は常に孤独だと言われている。孤独から抜け出そうと強がりを連発する。

北の敵はアメリカ。日本の大の仲良しはアメリカ。だから北の敵に日本もなるという三段論法。

なんともはや、三代目の多い事。小泉家、鳩山家、中川家・・・。

昔、商家は三代目で家を潰した。
売り家と唐様で書く三代目 。江戸時代の戯れ語だ。
「初代が苦心して財産を残しても、3代目にもなると没落してついに家を売りに出すようになるが、その売り家札の筆跡は唐様でしゃれている。
遊芸にふけって、商いの道をないがしろにする人を皮肉ったもの」と物の本にはある。

北朝鮮の三代目、日本の三代目。国を潰すことはないと思うけれど。

北のミサイル、安倍政治の愚挙。真正面から論じるのもたばかられ、昔の戯言を借りてみた。
国を売るわけはないから「戦争」に置き換えて。

唐様の字を書くわけがないから、安倍はパソコンで誰かが打った文字を読み上げ、金正恩は“風格ある”女性アナウンサーに読ませている。

なんか冗談話も上手くは書けないな。おあとがよろしいようで・・・。

0 件のコメント: