2017年9月28日木曜日

「漂流」、「混沌」、「危惧」・・・。

民進党という政党は何だのだろう。政界再編なるものの徒花だったのか。
希望の党なるもののなかに吸収される民進党議員、いや候補者。

「恋しくば尋ね来て見よ和泉なる信太の森のうらみ葛の葉」

そんな古歌が浮かんだ。

葛の葉とは狐の異名だ。敢えて小池百合子なる人を女狐を呼ばせてもらう。

謡曲に載せた舞台の上で変幻自在のごとく政界を泳いでいるからだ。

民進党をのみ込んだ希望の党。命名発表時の理由は、まさに「この国には何でもある。希望だけが無い」のパクリだ。

小池用語には辟易する。やたら横文字を連発する。ダイバーシティー、ワイズスペンディング、アウフヘーベン・・・。
「わからなかったら辞書を引いてごらんなさい」と流し目で笑みを浮かべる。

政界渡り鳥だし、気を見るに敏な“大物”だ。そしてまごう事なきマキャベリストだ。

「民進党から来る人を全て受けいれるわけではありません。私が会って話を聞いてから決めます」。

恐れ入ります女王様。

小池の一人芝居では無い。この芝居には振付師がいる。小沢一郎だと思う。
監督は小泉純一郎、助監督は細川護煕というとこか。

安倍1強にはほとほと愛想が尽きている。政界再編、願うところだ。しかし、小池は安倍の対抗勢力なのだろうか。

お坊ちゃま前原は”狐“に騙されているのではないか。
小池は国会復帰を狙っているとも伝えられる。
あの熱狂した都知事選は何だったのか。
都民も騙される。

20年くらい前か。藤原新也という写真家で作家が書いた本に「東京漂流」というのがある。高度成長で華やぐ大都会の裏面、裏街道の人生を切り取った写真と文章。

その本を思い出した。都民は漂流するのだ。民進党の候補者、議員も漂流するのだ。有権者は選択の指標を失うのだ。
無様な体たらくを見せつけていた民進党にも8%の支持者がいた。この人達は“選挙難民”になるかもしれない。

この企てに連合も関与していると言う。連合の中には原発推進の電事労連もいる。
やはり烏合と言わざるを得ないのではないか。

希望の党なるものの実相は全く見えない。反自民で固まっているとも思えない。
政界一寸先は闇という言い伝えがあるがまさに然りの感ありだ。

野党共闘の梯子を外された共産党は怒り心頭だろう。
全選挙区に候補者を立てるとか。
共産党が票を伸ばすことも十分考えられる。

選挙の構図はわかりにくいものになる。まさに政界は混沌だ。カオスだ。カオスの名はカオスだ。
やはり国民不在の政治が展開されることを危惧する。

青天の霹靂ではない仕組まれた小池劇場。小池もまた老獪な政治家の「タマ」にされているのかもしれないし。

狐につままれたようなここ数日。

そろそろ秋です。小池が提唱して強制したクールビズなるだらしない服装から脱する季節です。

政治を「リセット」するそうです。パソコンじゃあるまいし。

しがらみとは何を指すのかも不明だし。

窮鼠の前原は猫にすり寄ったのかな。

「出て壊し入って壊す小沢流」。戯れ句を思い出した次第。

小沢神話は生きているんだな・・・。

0 件のコメント: