2019年6月9日日曜日

“暴力的“な社会、あるいは世間

しばらく入院していました。脳梗塞のリハビリ、あらゆる検査。
白い天井を見上げながらいろんなことを考えていました。
忍び寄ってくる老い。その身が何をどう考えて生きていくのか。
つまり老後をどうやって生きていくのかということかも。

病院で登戸の“通り魔事件”を知り、農水省事務次官の子供をころしたことを知りました。
まだ、それを自分の中でどう整理し、考えればいいのか。一言では言いきれず、確たる考えもみつかっていません。

あの時、瞬間的に頭をよぎったのは、これは「8050問題」の象徴的事件だ、ということでした。
高齢者の運転事故が連発しました。凄惨な事故。
これでもか、これでもかと言わんばかりのテレビの放送。

入院中、家内は「買い物難民」になっていました。
家から数百メートルにあった「スーパー」が唐突に無くなってしまったからです。

帰宅後買い物に来るまで行きました。
高齢者の交通事故。それは自己催眠、自己暗示の世界に導いてくれる物でした。
完全に自己を「萎縮」させてくれました。

自動運転の電車、横浜シーサイドラインで機械の故障による逆走事故がありました。人間の運転に運行は変わりました。
人間が運転する自動車は機械が運転する車に取って代わられようとしています。
嗤える出来事、世相。

おかみはタクシーを使えと奨励します。免許証を返納しろと迫ります。
しかし、その乗務員は大方が「高齢者」です。
安全のためにタクシーを使う。しかし、そのタクシーが事故を起こす。
嗤てはいけないけどやはり嗤える。

少子高齢化はますます顕著になってきています。
それが顕著になってきた30年前から、国は無策の策すらも取ろうとして来ませんでした。無策、不作為が与えた影響は大なるものがあります。

戦争だけではなく、形を変えた暴力はいつの時代にも存在します。

死語になったような言葉に「交通戦争」というのがありました。
あおり運転という暴力。それを警察は大方罪に問いません。
半ば公然とあおり運転と言う行為がまかり通っている感じがします。

形を変えた暴力。公害や原発事故。それらの事象は国が推進してきたものです。
貧困・差別・偏見。我々の社会は、そんな構造的暴力の上に成り立っています。

そんな暴力、罪科から抜け出す方途はないのでしょう。
2千万の蓄えが無いと老後は過ごせない。責任を放棄した「おかみ」の言い分です。
数年前には「人生百年安心プラン」などというお題目で人気取りはかった政権。

幼子や乳呑児を殺める「親」。施設で殺される高齢者。
そんなこんなの出来事に行政はあまりにも無策すぎるし、自分たちが果たすべき役割を認知せず、叱責の声が頭を通り過ぎるまでとりあえず頭をさげてお詫びだけはしてことを済ませようとする風潮。

「人類に与えられたことの全てには為政者が、政治が関わっている」。

テレビのワイドショーのコメンテーターと称する人の中に、キチンとした時代認識をもって語れる人がどれほどいるか。
大方は“ギャラ稼ぎ”の感情論ばかり。

それでも懲りないテレビ。
お前らいつまでも正義顔してんじゃねえよ。

見えないものを見る眼を養ってくれよ。ネット礼賛から引いてくれよ。
いつの頃からか蔓延しているミーイズムの発想。

暴力的社会構造は「平成」という時代から引き継がれている「政治課題」なのに、それが国会で議論されたと言うことは未だ聞かない。

2019年5月3日金曜日

憲法と個人~憲法記念日に思ったこと~

「すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。」

憲法13条の規定。幸福追求権の条文とされている。

世情はこの条文から大きくかけ離れた状況の中にあるような気がしてならない。

この条文の中に、例えばプライバシー権と言うものも読みこまれるはず。
憲法が保障している権利が、今は「危うい」立場になっている。

それは思想信条の問題だけでは無い。
AIという「シロモノ」が跋扈し、より肥大化していく時代、いわゆる“個人情報”はAIによって、その人を“切り分ける”
必要な人間か、不必要な人間か。

極端な例だが、「相模原障害者施設で19人が殺された事件」。
犯人は障害者には生きている意味が無いと言い放った。
機能的に使えるか使えないかをイチかゼロ発想で結論を出す。
この“デジタル化した論理”に行きつく先にはなにがあるのか。

まさしく憲法の冒涜だ。

今年の憲法記念日、このことをしばし考えていた。

「個人として尊重されていない」。それは国の施策のいくつかにも垣間見られることだ。憲法が捻じ曲げられて通用している。

令和天皇はその「即位後朝見の儀」の「お言葉」で「憲法にのっとり」という言葉を使われた。
平成天皇は「皆さんとともに日本国憲法を守り、これに従って責務を果たすことを誓う」と宣言をしていた。

「守る」と「のっとり」には憲法に向かう姿勢にいささかの違いがあると感じた。
令和天皇が考えて語った言葉なのか、他からの助言で語ったものなのか。

「令和」の始めに思った憲法記念日のつぶやき。

2019年5月1日水曜日

「令和」が“ディストピア”でないことを

暦を一枚めくり時代の呼称は「平成」から「令和」に変わった。
形としてはっきり見えるのは天皇が変わったということだけだ。
時代は一日にして変わることはない。

平成の時代にあった事はそのまま令和に受け継がれていく。平成の時代に起きた最大の国難「原子力発電所」の爆発、メルトダウン。
汚染水は元号が変わろうとも、漏れ続けている。
原発事故の処理は終わりが見えない。避難者はあくまでも避難者であり続ける。

昭和の後期から平成。文明なるものは進化を続けた。
人間が良かれと思って作り上げた“文明の象徴”としての原発は、それが猛り狂った時にそれを処理することが出来なかった。
人間が文明と言うものに負けた。自分たちが作り上げた物で自分たちの生活が壊された。

しかし、文明はとどまることをしなかった。
AIという優秀な計算装置を「よきもの」として受け入れ、人工知能と人間の知性を競わせようとしている。
バカバカしい限りとしか表現できない。
やがてAIなるものが“事故”を起こし、この国が壊滅する事すらありうるかもしれない。ディストピアとして。

社会政策はまともに機能せず、日々の暮らしに喘いでいる人のなんと多いことか。
政治はそれらのことに概ね無関心だ。

ゴールデンウイークの人の賑わい。令和を“祝う”人の群。それは政治家がいう「声なき声」ではない。

令和の最初の“試練”はオリンピックだ。オリンピックという美名が国の実相をおぼろげなものにしてしまっている。
テロ対策に不安がある原発の再稼働は認めないと規制委員会は言う。たぶん、オリンピックと言う「おまつり」を意識した上でのことだろう。

平成天皇は象徴としての意味を行動で示された。象徴天皇の意味を教えてくれた。
その教えは令和天皇にも受け継がれていくであろう。
天皇が象徴であるということには大きな意義がある。

グローバル時代のキーワードは「分断」だ。
もし、社会の分断に政治が直面しても、社会の統合が象徴天皇によってなされるという一種の安心感のようなものが日本人にはあった。

元号の呼称にはあまり意味を見出せない。
「平成」と言う名の時代が終わり「令和」と言う時代が始まるだけのこと。
その元号によって、その時代を生きた、生きて来た人たちが何を考え、行動するかということに“時代”と言うことの意義がある。

少なくともジョージオウエルの名著「1984」に書かれた“ディストピア”は現実としては杞憂であった。
1984年と言えば昭和59年。ロサンジェルスオリンピックのあった年。
来年2020年は東京オリンピックの年。

「戦争は平和なり。自由は隷従なり。無知は力なり」。そんなスローガンが、テレスクリーンを通して我々の前に登場するかもしれないと言う“夢想”。

令和の“騒擾”は来年を目指してさらに進行する。
メディアは特に国営放送はメダルを言い募り、選手が過酷な環境に追い込まれることもいとわない。すでにして、テレビのここ数日の「令和」報道、その過剰なること。「同調」を促しているかのようだ。
この国は令和とともに次は「オリンピック一色」になる。

“悲しいまでの凡庸”な政治家たちによる“まつりごと”が繰り返される。
それはディストピアの始まりを予感させるものとなるのかもしれない。

平成への懐古、それは令和と言う時代への一抹の不安からくるものかもしれない。

令和天皇の名前を騒ぐ人たちに聞いてみればいい。「徳仁(なるひと)」と答えられる人は驚くほど少ないはず。

2019年4月25日木曜日

平成へのレクイエム

間もなく「平成」という時代が終わる。元号とは天皇に付随したものだが、一つの「時代」として語るための区切りとなるとも思う。

平成は昭和天皇の崩御により始まった。
国は喪に服し、“歌舞音曲”は自粛となり、テレビのCMで井上陽水が「みなさんお元気ですか~」と車の窓を開けて叫ぶCMは禁止のやり玉にあがる筆頭だった。

昭和の時代に東京から郡山に来た。平成という時代を「地方」からずっと見、考え時には語って来た。

平成のバブル。その萌芽は昭和の終わりごろからあった。そして「開花」し「はじけた」。バブルの余禄に与った人は当然いただろうが、多くの庶民は困惑の中に放り込まれ、さまざまな社会問題を生んだ。
それに対して政治は“処方箋”を書けなかった。
すでにして、人口減少・少子高齢化が言われ始めていたものの、政治は何ら手を打てなかった。

地方の時代が標榜された。為政者(おかみ)がやったことは「ふるさと創生基金」と称する1億円のばらまきだった。無意味な所為だった。
かくほどさように、政治は明らかに劣化し、格差の拡大を止められず、政治倫理が言の葉に上り続けた。
劣化した政治は平成から令和へと続いていく。
暴言と虚言と詐言の政治・・・。

暴力的政治はいつまでつづくのだろうか。

災害・天災の多い時代だった。しかし誰一人として「方丈記」の世界を想起した人はいなかったようだ。

阪神淡路大震災がボランティアという“相互扶助”のシステムを作り上げた。
国の“無策”への“一揆”のように。
東日本大震災でもその後の熊本地震や西日本豪雨でもそれは機能した。

東京電力福島第一発電所の爆発、メルトダウン。
梅原猛は「文明災」と呼んだ。
今もこの「爆発事故」は継続中だ。
この時、文明と言うものの脆さと危うさに多くの人は意を用いなかった。
次世代、次々世代いやもっと先までこれは続く。

平成が残した財産とはこのボランティア・子供食堂の誕生。
政治とは無縁のことばかりだ。

表立った戦争は無かった。それを想起した政治家や一部の人たちはいたけれど多くの国民は「否」の意志を堅持した。

「3・11」と同時進行のようにテレビのデジタル化が完成した。
国のご加護を受けたかのようにデジタル用の液晶テレビを量産し、儲けに儲けた家電メーカー。今は倒産の危機にあえいでいる。
テレビはスマホにその地位を明け渡し、大方「くだらない」番組作りに勤しんでいる。

人びとはインターネットを手にし、AIという言葉の実相を理解しようと必死だ。
高性能なインターネット、つまりAIが人間を凌駕するかどうかに血道を上げている。
人びとはSNSなどを通じて思いを述べるようになった。広報機材として活用する様になった。
しかし、大方SNSで書かれる言葉は「思い」であって「考え」ではない。
その結果、“反知性主義”が世を席巻する。

令和へのツケは山積だ。
急速な少子高齢化の進行。それがもたらす社会システムの社会公共政策の無策。
国債と言う名の国の借金。
国力国情とは不似合いな借金の積み重ね。それは令和以降の人たちへのツケとなってのしかかる。現世代が無意味な浪費を重ねて来たツケ。

オウム真理教事件も平成で特筆される悲劇だ。テロだ。
高学歴の若者がなぜ麻原の下に入って行ったのか。
平成の終わりごろニュージーランドやスリランカでテロが相次いだ。
ISは殲滅されていなかった。9・11を思い出す・・・。

我々の世代は「本」を読んで育った。本を読むという行為は“娯楽”にも匹敵した。
ついでテレビと共に生まれ育った世代が登場する。考えることがだんだん出来なくなった世代。そしてスマホが無ければ生きていけない社会に・・・。

時代は同じでも、価値観が違う世代が同居している「平成」。

最後に一つだけ。天皇ご夫妻のことだ。
かれらに限りない「畏敬の念」を持つ。
3・11後、日本は一つだ。というスローガンめいたものがあちこちでいわれた。
一つにしたのは両陛下の象徴としての慰問の旅。その在り様。
陛下の行いがこの国の根幹を救った。

「天皇陛下のおかげで日本は助かった」。かつて田中角栄がしみじみとして言うのを何回か耳にした。もちろんそれは平成天皇では無く昭和天皇のことを指したものだが。

象徴天皇の在り方。それを問いかけたのが平成と言う時代。

2019年3月24日日曜日

かくて「商業五輪」の扉が開かれ・・・。

JOCの竹田会長はいわば「犠牲者」だ。2億円以上の賄賂をIOC委員に渡した。
何が何でも2020年のオリンピックを東京に招致するために、誰かから「暗黙の指示」をされてのことだと聞く。
いつの頃からか、ロビー活動と称して、開催国を決定する権利を持つIOCの委員に金品による“買収行為”が行われるようになっていたという。
スポーツの祭典と言う「美しい祭り」の裏では、その他の事でもよくある「汚い行為」が行われていた。

カネのかかるスポーツの祭典、平和の祭典。それがいかに華美に走って行くのか・・・。開会式も閉会式も「ショー」と化し、さながらエンターテインメントの世界だ。

ブルーインパルスによる曲芸飛行が有り、コンピューター技術を駆使した、華やかな開会式をもって、国威発揚のためのスポーツの祭典が始まる。

いまや、東京オリンピックにどれほどの費用が投入されるのか誰も予想がつかない。

政治とスポーツは密接不可分の関係になった。
オリンピックは国威発揚の場になった。

今、この国にそれだけの「国力」があるのだろうか。
最初のうたい文句「コンパクト五輪」はうたかたの如く消えた。

福島の原発事故の「後遺症」は未だに色濃く残っており、何も解決していない。
除染作業は今でも我が家の周りで続いている。
ちょうどオリンピックの頃、1Fの汚染水を貯めるタンクは満杯になるはず。
トリチュウムを除去して海に放出する。それが国の方針だ。
汚染度は“中間貯蔵施設”に運び込まれてくるが、それとても“再利用”させるという。

「アンダーコントロール」などのかけらとてない。
8年前、プルームに乗って飛散した放射性物質は東京湾の汚泥の中に付着していると言われる。浚せつは出来ないそうだ。
オリンピックのためにつかれた嘘。大言壮語した安倍はもはや口にもしない。

まだ4万人の避難者がいる。帰還が可能になったところはどこも人が減った。
病院も機能していない。
そこには「健康で文化的な最低限度の生活」を維持するインフラは無い。

福島県民はどう思っているのだろうか。
野球・ソフトボールの会場になることを歓迎し、聖火のスタートをJビレッジとすることを喜んでいる。

冗談じゃないよ!

賠償金の支払いを東電はことごとく“拒否”している。
知事はじめ福島県民はもっと怒ってもいいはず。でも歓迎ムードに取り込まれていく。

テレビは毎日のように「礼賛」を押し付ける。スポンサー企業としての“使命感”か、電通スポーツ局の差配か。

商業主義が平和の祭典なるものを支配する。

この20年、オリンピック開催によって繁栄した国は無い。これからもそうだろう。2024年以降の開催地は何を考えているのだろう。

クーベルタン男爵によってはじまった近代五輪も、それを商業主義が支配する限り、そろそろ終焉を、終焉ではなくとも“異次元の見直し”が迫られているような気がする。

原発事故と五輪と。僕の中ではその両立が有り得ない。

例えばマラソンは早朝のスタートになったようだ。
アメリカの三大ネットワークの圧力。これまた商業主義の典型。
アメリカのテレビの視聴率に日本が寄与する。

ばかばかしい。それでも選手は走るということ。

2019年3月11日月曜日

「復興」とは何なのだろう

東日本大震災から8年だ。毎年考えて来たのが「復興」という言葉、その事象。
未だもって、「復興」を言う言葉には“わだかまり”があり、自分の中で“消化”されていない。納得できる“回答”を持っていないのだ。
今も「3・11」は続いている・・・。

勤労統計の“偽装”は、この国の根幹を揺るがした。
この国の“実態”を見えないものにした。
国の統計すべてに「疑惑をもって受け止める」という感情が生まれてしまった。

「国であって国で無い」。それがあの問題の本質だ。

「3・11」にかかわる数字だけは真正面から受け止める。

犠牲者数は「震災関連死」を含めて2万2100人を超えている。
いまなお避難生活を余儀なくされている人は約5万1778人。
東京電力福島第一原視力発電所の大事故により、福島県では約3万2600人が避難生活を強いられている。

その数字をどう受け止めるかは、その人それぞれの社会観、価値観の問題だ。
為政者から見る数字の意味と、さまざまな被災者個人から見るのとではその意味が変わってくる。

先日、新聞のベタ記事に近い扱いでこんな記事があった。
//消費者庁は6日、今年2月に実施した、食品中の放射性物質に関する意識調査の結果を公表した。放射性物質を理由に購入をためらう産地として「福島県」と答えた人は、これまでで最も少ない12・5%になり、2013年の初回調査から6・9ポイント減った//。

この原稿の書き方は違うと思う。
8年経ってもまだ12.5%もある。とすべきだ。

14時46分。黙とうをした。テレビでは追悼式の模様が映し出されていた。
「復興」という言葉が飛び交っていた。

「復興って元に戻るってことでしょ。戻らないわよ。新しく興すのじゃないと」。
三陸の被災者がそう言っていた。

そうだ、復興よりも新興というべきなのかもしれない。

福島でも「帰還困難区域」が解除になって行く。しかし、人は帰らない。
住むべき家は廃墟に近いし。
学校に子供はいないという現実は予想では無い。

少子高齢化。それの拍車がかかるのは「被災地」。
村や町が無くなる可能性も大だ。

原発汚染水のタンクは早晩パンクだ。海洋放出が現実味を帯びてくる。
アンダーコントロールは現代の最たる妄言だ。

山林除染は手つかずだ。

復興ってなんだろう・・・。

来年の五輪は復興五輪と位置付けられているそうだ。
Jビレッジを聖火リレーのスタートにするという。
福島県民の中には半数以上がオリンピックに懐疑的だ。

「私は、もともと東京五輪には反対だ。まだ、その時期ではない。「復興五輪」と銘打ちながら、東日本大震災や原発事故の被災地の復興とは無関係だ。むしろ、五輪関連の公共事業によって職人が不足し、復興の遅れや費用の高騰を招いていると聞く。原発事故の後始末もこれからだ。
 被災地にもスポーツ観戦が好きで、東京五輪を楽しみにしている人もいるだろうが、それどころではない被災者は少なくない」。
3・11後に日本に帰化したドナルド・キーン氏はかつてこう言っていた。

テレビや新聞は鉄道の再開や道路の再開を美しい見出しで報じる。
これとて真の復興なのか・・・。

復興という言葉が多用されている限り、復興は為されていないということだ。

復興とは何か。また1年考える。故郷とは何かという事も。

先ごろ亡くなった梅原猛は原発事故を「文明災」と位置付けた。
先ごろ亡くなった作家の橋本治は「バカになったか日本人」という著作を残した。3・11後のこの国を考えた上で付けられた題名。

そう、ぼくだってバカな日本人の一人だ。バカはバカなりに考えて行かないと本当のバカになるようで恐ろしい。

被災地のもろもろ、文明とは何か。考えることだけはやめない覚悟の8年の3・11。

2019年2月25日月曜日

74年後の「高配」

1945年、沖縄戦で最後の司令官だった大田実海軍中将は東京の海軍次官に打電した。
「沖縄県民斯く戦えり。今後、格別の高配を賜らんことを」。
そして、彼は自死した。

その後の沖縄の変遷。国は沖縄県民に対して“高配”があったのだろうか。
在日米軍の基地が70%沖縄に置かれている。その現実。

普天間を辺野古に移設すると言う国の施策。県民投票で示された県民の意志はNO。しかし、辺野古では“工事”が進む。

戦後74年の沖縄に示された“高配”。

3.11後埼玉の立教新座高校の渡辺校長は卒業生にこう告げた。
「3・11の時、お父さんやお母さんは何をしていたの?」子供に問われた時なんと答えるのか。知らなかった、忙しかったと言えるのか。
この日本で起きたことだ。福島までは電車で2時間余りで行ける。行って、黙って福島の海を見よ。と。

辺野古の住民投票の結果を知って、この言葉を思い出した。
事実、新聞紙面にあった那覇の記事。
「将来、子供たちに{県民投票の時お父さん、お母さんはどうしたの?}と聞かれたら、堂々と答えられるようにしたい」。取材中何度か聞いた言葉だ。

そう、その思いを本土の人間がどう受け止めるかだ。この結果をどう思うかだ。

想えば、2019年2月24日は日本にとって記憶に残る日だ。
3・11、東日本大震災を機に、日本に帰化したドナルド・キーン氏が鬼籍に入られた日だ。大事な人を失った日だ。
天皇在位30周年の行事が行われた日だ。
歌手の三浦大知が天皇陛下の作詞、美智子皇后が作曲された琉歌を歌った日だ。
誰よりも沖縄に心を寄せていた両陛下の想いが込められていた歌。

夜、県民投票の結果のニュース速報が流れた。辺野古NOという大多数の県民の意思が。

土砂で汚される辺野古の海を無理に見なくてもいい。
「民主主義」とはなんぞや。沖縄県民がその問い掛けを与えた。
そのことを我がこととして熟考するのが、遅まきながらも我々が出来る“高配”なのかもしれない。

“暴力的“な社会、あるいは世間

しばらく入院していました。脳梗塞のリハビリ、あらゆる検査。 白い天井を見上げながらいろんなことを考えていました。 忍び寄ってくる老い。その身が何をどう考えて生きていくのか。 つまり老後をどうやって生きていくのかということかも。 病院で登戸の“通り魔事件”を知り、農水省事...