2018年11月14日水曜日

「責任論」をめぐるあれこれ

落ち葉の季節である。枯葉が舞う季節だ。
道路にも玄関にも庭にも、落ち葉の“饗宴”が季節を感じさせる。
ある家の庭に落ち葉が、枯葉が大量に飛んできていた。
その家の主は隣家の樹が枯れて落ちたものとし、それを片付けるのは樹の所有者である隣家の「責任だ」と怒鳴りこんだ。
枯葉はどこから飛んできたかはわからない。やがて口論になる。
枯葉処分の「責任論」。

東京電力福島第一発電所の爆発事故。大量の放射線が各所に飛散した。
二本松にある岩代・小浜城ゴルフ場は汚染された。
客足は遠のいた。経営破たん。別の経営で再建。
ゴルフ場は汚染が原因だとして東電の「責任」を問い提訴した。
東電や裁判所の見解。放射能汚染は風が飛散させたものであり、東電のものでは無い。その放射線は「無主物」だ。責任を風のせいにしたとんでもない「責任論」。

福島県内の被災者から集団提訴されている裁判。
東電の元幹部、会長・副社長らは「津波を予測し得る立場になかったとし、勝俣元社長・会長に至っては「部下から報告は上がってこなかった。知り得る立場に無かった」と無罪を主張した。我々には「責任」はないと。
よしんば「知り得る立場になかった」という主張が事実だとしてもそんな組織を作っていた彼らには「責任」があるはずだ。企業のガバナンスとして。

南相馬の小高区の一部住民が起こしていた原発事故の損害賠償訴訟。いわば第三者のようなADRの和解案すら東電は拒否した。

原発事故の「責任」は会社も国もとっていない。
宙ぶらりんのままの「責任」。

シリアで拘束されていたフリージャーナリストの安田純平氏に関する「自己責任論」はいまだ続いている。それは彼が“個人”だからか。
自らは“安全”なこの日本という国に居て、彼の責任を云々する。それはいわば同業のジャーナリストと称する人達が言うべきでは無い。
“私はこのテレビ局の社員です。社が許可しなければシリアには行けない。
一人で、彼の地のことを伝えようとした安田さんの行為を責めるべきでない“
モーニングショーでテレビ朝日社員の玉川徹が怒りをぶつけていたのは腑に落ちた。

「政治責任」とは何だ。言葉だけが存在している。
「説明責任」、それを丁寧ではないまでも果たしたことはない首相。

「責任」「責任」という言葉が連日のようにいわれる。
連日のように企業のトップや学校関係者がテレビカメラの前で頭を下げている。“もうしわけありません”という言葉を並べて。

「製造責任」と言う言葉も聞かれる。
それらの背景には成長の名のもとに、あまた便利で快適で豊かな生活を求めてきた「消費者責任」だってあるのではないか。

落ち葉の季節に思う。
“焚くほどは風がもてくる落ち葉かな”。良寛の句だ。
良寛の教え「足るを知る」。科学文明が進み、AIが進化していく。
良寛の教え、価値観は時代遅れの言葉なのか。意味を持たない言葉なのか。

あとで枯葉一葉に伺てみることにする。


焚くほどに風が持ちくる落ち葉かな

2018年11月4日日曜日

♪ケ・サラ ケ・サラ♪が響いていた頃

3年前の夏、国会議事堂や首相官邸の前では反原発・安倍内閣退陣を求めた
人たちの群れで溢れていた。連日のような行動。

その中で一際目を引いたのは自由の森学園の生徒たちが歌う♪ケ・セラ♪の大合唱だった。

学生の中に大人も交じりケ・セラ、ケ・セラと歌い続けていた。
♪押さえ切れない怒り
 こらえ切れない悲しみ
 そんなことのくり返しだけど
 決して負けはしないさ
 ケ・サラ ケ・サラ ケ・サラ
 僕たちの人生は
 平和と自由もとめて
 生きてゆけばいいのさ

イタリアのホセ・フェリシアーノが有名な革命家たちを歌った歌。日本語訳は岩谷時子だ。青春の1ページとして残っているだけか。

自由の森学園とは埼玉県にある中高一貫の私学。
例えば、歌手の星野源が出た学校。

一時は3万人とも6万人とも10万人とも伝えられたあの人たちはいまはどこに行ってしまったのだろう。青春の1ページとして残っているだけか。

今でも毎週金曜日、反原発を唱え、安倍政治を批判する人達が官邸前にいる。
しかし、その人数は往時よりははるかに少ない。千人くらいの時も有るという。

こういうことを白々しく書いている自分に自己嫌悪めいたものを覚える。体の不調でそこには行けないという理由で。

ハロウィンというバカ騒ぎが渋谷であった。多くの群衆が仮装してそこに集まり、無目的に街を荒らしていく。
いわゆる“バカ騒ぎ”をしていた。

渋谷は“解放区”のようになったが、それは昔のカルチェラタンのそれでは無く。

人は化粧をすることによって「気持ち」が変わるという。
病人にいささかの化粧をほどこすと眼が輝いてくるという話もある。

ハロウィンに集った人達。仮装・変装することで、“非日常”なもう一人の自分が誕生する。日頃のうっぷん、不平・不満、働き蜂のような自分から解放されようとして。
そんな風にしか彼らを理解出来ない。

アメリカ大陸では民族大移動が続いている。圧政、暴力、貧困から逃れるために南米ホンジェラスからU・S・Aまでの2千400キロを徒歩で。
日本列島を縦断するより長い距離をただひたすらに歩いている。
仮の寝場所や食料は支援団体がどうにか提供しているようだが。
7千人のうち、半数以上はこども。一縷の希望を持って目指す合衆国。
そこでは武装した1万5千人の武装兵士が待ち受けているという。

彼らは群衆なのか群集なのか。

「孤独な群衆」という論考、「群衆の中の孤独」という論考。

もはやぼんくら老人になった身は「解」を持たない。
♪ケ・サラ♪の歌声だけが耳朶をくすぐる。
  

2018年11月1日木曜日

ジャーナリストという職業

昔、田中角栄と早朝の懇談の席で彼は新聞、テレビの記者にこんなことを言った。話のきっかけは覚えてないが。
「君たちジャーナリストは我々政治家を批判するのが職業だ。仕事だ。どんどん批判すればいい。われわれ政治家はそれらの批判に負けないような政治をする。それが政治家と言う職業にかかわる立場のものの仕事だ。」

フリージャーナリストという“職業”がいつから生まれたのかはよくわからない。どの会社にも所属していないジャーナリストということか。
なぜフリーを選ぶのか。組織からの束縛を排し、文字通り“自由”の書き、行動出来るということか。

フリージャーナリストの安田純平氏が取材先のシリアで武装勢力に拘束された。4年の拘束の後解放された。帰国した。
身代金を払ったのかどうか。3億が出所不明のまま支払われたと言う。

彼の解放時にはテレビは実況中継もどきをはかり、帰国したら、一部メディアやあの例の「ネトウヨ」の非難にさらされている。
「金儲けのために危険地帯に行ったんだ。そんなやつを助けるのに政府が援助、支援する必要は無い」というのが大方の言い分。
職業としてその道を選んだのは、組織メディアには不可能なことをやったんだ。
取材して書いて報酬を得るのは当然だ。と思う。

シリアがどういう状況なのか。知りたいと思っている人たちにそれを伝えようとした。
会社員としての新聞や雑誌、テレビの人間には会社からの許可が下りないだろうことをフリーなるが故の志と環境で出来たことだ。

かつてベトナム戦争時、毎日新聞は数名の記者を投入して「泥と炎のインドシナ」という記事を書き続けた。
その企画記事はベトナム戦争の実態を読者にそれなりに十分に伝えたものだった。
その後塵を拝するがごとく、朝日も何人もの記者を投入して「ベトナム戦争ものの企画記事を次々と書いた。
しかし、彼らの”拠点“は「南ベトナム」のサイゴンだった。
やがて朝日は北ベトナムの「ハノイ」に入るいことに成功し、「ハノイ発」の記事を書いた。
大新聞の記事とは別に、今でいうフリージャーナリストの等しいような外国通信社との特別契約をした岡村昭彦が南ベトナム軍に従軍して「南ベトナム従軍記」を書いた。
カメラマンの沢田教一も、川を渡る母娘の姿を捉えて「安全への逃避行」と題した写真を撮りピュリツアー賞も受賞した。

これらの報道があって日本の国内では「ベ平連」が生まれ、ベトナム戦争反対の機運が巻き起こった。アメリカとて同様だった。

中東の紛争地へ今はベトナム戦争時のような取材が敢行される機運にはない。
たとえば、安田さんらの報道に頼るしかないのだ。
テレビはスタジオの中でああでもない、こうでもないと無責任な”言論“が飛び交ている。

福島ではあの「3・11」時、原発から70キロ以外に報道人も居ろとされた。やがて50キロ・・・。
「現場」を踏めない記者たちにはイライラが募っていた。東京のキー局からの指示。
原発の近くに行きその様子を伝えたのは大方「フリー」のジャーナリストだった。あの時「現場」に行きたかった。20キロ圏内、10キロ圏内の様子を伝えたいとする記者たちの切歯扼腕ぶりを思い出す。

ジャーナルズムは何かが起きる度にそれとどう向き合うか。ジャーナリストは何を為すべきか。
結論の出ない問い。

2018年10月25日木曜日

「使い捨て」について


昔、首相だった竹下登がよく口にしていた。
「歌手1年総理2年の使い捨て」って。
あにはからんや、2年を待つことなく竹下内閣は終わった。
使い捨てだったような。
愚政の典型。「ふるさと創生1億円」。バラマキの典型、1億円を有意義な使い方をした地方自治体は皆無だった。無意味に使い捨てられた。

孫のタレントは使い捨てならぬ、数年もテレビに出演中だ。
ひたすら”日本語“をぶち壊しながら。それが面白がられるところにこの国の悲しみを見る。

大量生産、大量流通、大量消費。壊れたものは直さない、直せない。そんな仕組みが経済成長を支える。
大量消費とは使い捨て文化が浸透してきたのも一因だ。

使い捨てライター・使い捨てカイロ・使い捨ておむつ・ETC・・・。

我が家の洗濯機が壊れた。10年前の物。修理屋は無い。
家電量販店に行く。14万円。泣けてくる。
15年乗っている車。とりたてて不備はない。
しかし、罰金のように税金が、保険料が上がる。
テレビの車のCMは「止まる車」だらけ。
物を大事にしろと育った世代は使えるうちは使う根性。

レジ袋。何十年も前、その“便利さ”と“もったいなさ”に複雑な感覚を持って来た。

魚の胃の中にレジ袋やポリ製品が入っている。魚が苦しんでいるとか。
なんでそうなって行くのか・・・。
ゴミ袋は優良だし、焼却場に運ばれる。そこの排煙は“有害”なのか。

数年前も「レジ袋騒動」があった。それをめぐって繰り広げられる光景は「エコ」なのか「エゴ」なのか。

「レジ袋問題」を話し合う政府や有識者を集めた会議、各人の机の上には水やお茶代わりに「ペットボトル」のお茶が置かれている。
人が集うあらゆる集まり、会合、会議。申し合わせたかのごとくペットボトルが会議のお供だ。
その景色をテレビで見ながら僕は嗤う。

JRの郡山駅の駅中には「ピボット」というスーパーがある。
駅に用があった途中でそこで買い物をする。
レジの女性に必ず聞かれる。「お買い物袋お持ちですか」と。
「無い」と答えると無表情に、「袋代5円」とレジに打たれる。

大手スパーのヨークベニマルは自己申告のカード入れて3円。
レジ袋の原価は何銭のはず。
エコに名を借りた小銭稼ぎ。

コンビニのレジ袋を止めさせる動きが急。
スーパーに買い物に行く人は大方が袋持参。でもコンビニはサラリーマンが缶コーヒーや煙草、弁当を買うところ。
宅配便の人や、工事の人が昼飯を買うところ。

仕事の合間の昼飯に家から買い物袋を持って行くのか。
熱い弁当やコーヒーは手では持てない。

挙句、消費税引き上げ。コンビニでイートインするのと持ち帰るのとでは2%税率が違う。
食品ロスは年間600万トン以上。食べ物も「使い捨て」。

ポリエチレン関連商品、ポロ袋が出来た時、ストローが牛乳の脇に張り付けられるようになった時、多くの人々はその便利さ、簡易さに感激した。
それが「悪者扱い」されることへの違和感。

環境が第一なのは当然だ。
かつての四日市公害、京浜工業地帯の排ガス。悪臭を伴った灰色の街だった川崎。

郡山市では未だに大型バスが走っている。一台に乗客は数人。そのバスの排ガスとやらはとてつもない。車の窓を開けてそのバスの背後は走れない。

「使い捨て文化」「廃棄物公害」「排ガスの健康障害」・・・。まとまった”思想“はそこにはない。

プラスティック文明に酔い痴れてきたことは事実だが。

とりあえず、政府の会議での「ペットボトル」は止めてみてはいかが。

それにしても、安倍の消費期限は・・・。自分で決めるんだもん、使い捨てにはならないよな。もともと使いがってもよくなかったし、不良品、不用品だったんだけどな・・・。

2018年9月29日土曜日

2018年の「秋思譜」

時代にそぐわないようですが、なぜか「西暦」が苦手なんです。
気が付けば21世紀も18年が経ったという事。
20世紀と21世紀では何が変わったのかということ。

1999年12月31日から2000年1月1日。日付を跨いだが月日はなんだらだらと過ぎているような気がする。つまりだらだらと過ごして来たという事。
だらだらとした下り坂だったのか、だらだらとした上り坂だったのか。
いやそんな風に時代を捉えれば実もふたもない。
でこぼこ道だったのだ。

20世紀と言えば「戦争の時代」「戦争の世紀」であり、その後は「科学技術の世紀」などいろんな顔を持っていた。
そんな中、「大量生産」「大量流通」「大量消費」という大きな歯車の中に人々は組み込まれてきた。
そして今や「大衆消費社会」。そのエンジンを蒸かして来たのはテレビでありネットだ。
それは決して「豊かさ」が具現化されたものでは無い。

西日本を豪雨が襲った。被災者は多数でた。家屋は流された。住めないような惨状の家、傾いたままの家。
それは「3・11」のその後の福島県の避難者にも通じる。

常識では住居とは言えないようになった家。それでも「あんたには家があるじゃないか」と支援や補償の”査定対象“にされる。
PTSDとなった人たちは「病気」なのに「病気」とされない。それらは時として「国」よりも「地方自治体」の方が冷酷だ。

生活保護受給者ももちろん被災した。知り合いのところに一時身を寄せた。
「扶助者がいる」ということで、しかも”支援金“が届いたということで生活保護を打ち切られる。生活保護の受給判断はその地方自治体だ。

「豊かになった」と首相が豪語すればするほど「貧者」は増えていくのだ。

21世紀になるとき、「2000年問題」というのがコンピューター時代の最大の危機的懸念だった。
それは例えばSEの努力でなんとかクリア出来た。
「2,000年問題」を一番危惧したのは病院だった。医師たちは寝ずにその瞬間を見守ったという。

「国会と言うところは男を女に変える以外は何でもできる」。そう息巻いた政治家がいた。事実日切れの法案の採決で与野党が合意の上で参院本会議場の時計を止めた。
本会議場の大時計が夜の11時半頃から針の進み方が異様に遅くなった。24時の数分前には止まった。2時間の時差を国権の最高機関は恥じ入ることなくやってのけた。

東京オリンピック対策で、暑さ対策で「サマータイム」を実施すると元首相の組織委員長が言い出した。
そのバカさ加減に驚き、あきれていたが、どうやら止めになりそうな気配。

またぞろ持ち出してくる気配とてあり。

酷暑のオリンピックのためにこの国のシステムをコンピューターで動かされている日常を異常な時間形態に支配させようというのか。

かつてゼンマイ仕掛けの時計を手作業で動かしていた時代とは違う。

ばかばかっしいことを言いだしてくるあの人達。
そんな時代に住んでいる。

台風が接近の予想。列島縦断だとか。コンピューターによるJSTの予報を見るしかない。

明日は沖縄の知事選。選挙がどうなるか、台風の影響がどうなるのか。
オリンピックよりも気になる。その結果が。

2018年9月26日水曜日

美しき秋の、耐えられない「虚しさ」

当からから亭、ほぼ一月さぼっていました。
その言い訳。
先月末から体調不良にありました。
朝起きたら、左足に激痛が走り、歩行困難。坐骨神経痛ということでした。
それの合併症ではないものの痔が・・・。排便後の激痛。これまた歩行困難。
やっとこさの病院通い。後は寝転んでいるだけ。
言い訳は以上。



世間ではいろんなことがありました。いろんなことが起きています。
一喜一憂ならぬ「憂い」の多かりしこと。

自然災害が多発した。
そこにはなにがしかの人災もある。
いや、北海道のブラックアウトは人災だ。

それに乗じるかのように泊原発が稼働していればブラックアウトは防げたという暴論が跋扈する。

もはや日本は災害列島だ。いや、地球規模で天災が起きる。

災害が起きれば避難者が出る。
この国の社会構造は災害を想像してこなかった。

災害弱者。以前から「防災省」の設置の必要性を語って来た。
国土交通省や復興省など“思想”を持たない役所はいらない。

地震予知を学会はやめた。予知は不可能なのだ。だからこそ、政治のレベルで災害に向き合うしかない。不幸な被災者をなるべく少なくするのが政治だ。
防災省には有能な官僚や専門家や有識者を網羅する。あらゆる人災を無くし、災害後の対処にあたるために。

総裁選の数少ない機会の討論で安倍はそれを一蹴した。
自衛隊や警察、消防を動かすのは総理たる自分だと。そこになぜか厚労省が入っていた。解せないことなのだが。

安倍が3選。当然の帰結。言ってみれば5年以上、3選のために“工作”をしてきたのだから。
マスコミはこぞって石破善戦と書いた。数字が彼らの予測を上回っていただけのことだ。
善戦もなにもない。自民党には「一輪咲いても花は花」というまことしやかな“価値観”がある。
安倍はないがなんでもあと3年総理大臣でいたいのだ。

安倍は有能な為政者、政治家では無い。むしろ無能に等しい。彼がある時から抱いた願望は決して「改憲」では無い。彼は憲法そのものを“理解”していない。

彼の願望は2020の東京オリンピックの開会式の場にいたい。それだけだ。
東京招致が決まったIOCの会場で「アンダーコントロール」という虚言を吐いた。
福島を聖火リレーのスタートとしたり、野球やソフトボールの試合をもってくる。県民感情を「コントロール」するかのような子供だましのようなやり方。

傍ら、1F構内に溜った汚染水を海洋投棄が具体化している。
あの東日本大震災の爪痕を出来る限り無くそう、隠そうと図る。海外への眼くらまし戦法。

安倍3選が決まってから、なにやら“怪しい動きが”たちどころに始まっている。
文科省の次官らの辞職。それはもっと前にすべき始末であったものの、引き延ばしてきた。大臣の責任が言われるのを恐れ、自分の任命責任を問われるのが嫌だっただけのこと。

伊方原発再稼働承認の高裁判決。阿蘇の噴火も予想されない、地震だって予想出来ない。「社会通念上容認される」という司法の判断。
司法が天災を容認するという愚。

問題の東京オリンピック。ボランティアを多数必要とする。JOCの組織委員長の森喜朗の年俸は2千400万だ。運営に寄与する人達はボランティアの名の下に無償だ。交通費1,000円を支給すことになったそうだが。
オリンピックという祭典に企業や学生にボランティア供出を求める。
「一億総動員、お国のために」。そんな“歴史”が残滓として蘇る。

西日本の大水害、広島の水害、いや3・11時もそうだった。多くのボランティアが働いてくれた。いや、今もそうだろう。
2歳の迷子をたった30分で発見した78歳のボランティア。
「私の手で見つけて私の手で貴女にわたす」そう約束したから警察にもその子を頑なに渡さなかった人。
彼は年金生活者だ。困っている人を助ける。それだけがボランティアを志した動機だという。
困って居る人たちを助ける。そこには「正義」がある。
「東京オリンピック問題」に正義は存在しない。
殆どの官庁が身障者雇用数の水増しをしている。
そんな国にパラリンピックを主催する資格は無い。

かたわらにあるブルーリボンバッジを眺めながら、安倍の”ペテン“を思う。


うん、椅子の上の尻が痛みを増してきた。横になります。

2018年8月28日火曜日

八月の終わりに

地球は“異常気象”に覆われた。
日本でも熱中症という言葉が連日メディアから伝えられている。
豪雨に見舞われ、災害大国の様相を見せている。
どことなく秋の気配が感じられる昨今、連日思う事の大なる日々。

アジア大会が行われている。
アナウンサーは「日の丸を背負って」と絶叫し、「国家の威信をかけて」と「定型文」を読むかのごとく“国威発揚”を煽る。
挙句、いつものごとく「国民的」を連発。
この「国民的」という言葉をどう理解しているのか、どう考えたのか。
ありきたりの言葉のつなぎ合わせのテレビ。

水泳で6冠に輝いた池江璃花子選手を好ましく思った。
競技の前に彼女はプールに軽く一礼する。プールから上った後も一礼する。
フィギアスケートの羽入選手もそうだった。リンクへの一礼を欠かさなかった。

陸上競技でもそうだ。ゴールのあとコースに一礼する選手を見かける。
「自分を試してくれた場所」への敬意の表れとみる。

表彰式、君が代が演奏され、日の丸が揚る。君が代を歌う姿には口先がかすかに動いているだけだ。

高校野球で背中を反らせながら校歌を高らかにうたう金足農業の選手の姿は見事だった。
「校歌」という自分たちの歌を持っていた。

「国歌としての君が代」「国旗としての日の丸」。難しい問題が存在している。
そもそも日本には国歌や国旗は存在していなかった。
明治政府になって国家を作るように芸大に依頼があった。
苦吟した芸大の教師は、万葉集の中の詠み人知らずにあった「君が代は」という句を“引用”した。君とは恋人を詠んだものであり、幾久しくキミとの恋が続きますように。そんな恋歌だとして君と大君とを掛けた様に歌詞が出来上がった。「君が代」とは天皇を指したのではないと。そういう「説」がある。
国旗も存在していなかった。維新軍が使ったのは錦旗だった。天皇の象徴として。

国歌国旗法が成立したのが平成11年。小渕内閣時。議会は満場一致で可決してはいない。
すべての国民の賛意でできたものではないという「曖昧さ」。
国民の血肉となるかのような位置づけでは無いという“運命”。

それがこの国の歴史だ。そこには70年以上前の戦争が大きく翳を落としている。
来年、元号が変わる。天皇も変わる。それを一つの契機としてすべての国民が支持し口に出来る国歌は出来ないものだろうか。

自分たちの歌、自分たちの旗を持たない国民はある意味不幸だ。

権力者たちはその立場の違いこそあれ、連日のようにその“不始末・不祥事”で「誠に申し訳ありません」と頭を下げまくっている。
その度にそれらの“権力”への不信感が増長されている。

「頭を下げればいいてもんじゃないぜ」。頭は下がるが顔の中身は笑っている。

身障者の雇用水増し。国家ぐるみの地方自治体も含めた「詐欺行為」。雇用枠を法律で決めながら守らない統治機構。
流行の「同調」か「予定調和」か。

こんな国が2年後にパラリンピックを開催するという。
嗤える。

2歳の幼児が自宅近くで行方不明になった。警察官が捜索に多くに捜査員を投入した。彼らの“捜索”はあの「棒」で林の中を叩くこと。
それは“遺体捜索”の手法だ。
78歳の7万円の年金生活者がボランティアとしてその場に向かった。
30分後にその子を見つけた。大きな声で名前を呼んだら反応があったという。
子供の引き渡しを求める警察官に言う。
「私の手で探し出し、私の手であなたに手渡す」。母親と約束した。口約束でもそれは契約だ。警察にいくら強要されても国家権力がそれを阻止しようとしても俺は自分が言った約束を果たす。
見事なボランティア精神だ。

オスプレイが横田基地に配備されるという。沖縄だけでは飽き足らず東京周辺も「危険にさらす」。
日米地位協定について国の誰しもが「異議」を唱えない。

緩み切ったこの国の姿。

2018年の8月はさまざま“異形”な月だったような。

「責任論」をめぐるあれこれ

落ち葉の季節である。枯葉が舞う季節だ。 道路にも玄関にも庭にも、落ち葉の“饗宴”が季節を感じさせる。 ある家の庭に落ち葉が、枯葉が大量に飛んできていた。 その家の主は隣家の樹が枯れて落ちたものとし、それを片付けるのは樹の所有者である隣家の「責任だ」と怒鳴りこんだ。 枯葉は...