2018年7月10日火曜日

「オウム」という暴力装置、そして、天災。

2018年7月6日、僕は朝の食事の後新聞を読んでいた。
テレビのニュース速報がオウムの浅原彰晃の死刑執行を伝え、その後、次々と死刑囚の刑執行を伝え始めた。
やがてNHKは執行に立ち会うため拘置所に入る検察官の姿を流している。
いわば同時進行のものなのだ。
執行は事前に当局からメディアに“リーク”されていたと気付く。

これまで死刑の執行は事後に法務省から発表されていた。発表では事件にもよるが“正式”に執行された死刑囚の名前は発表されなかった。
オフレコという名目でその名前が伝えられていた。

死刑とはある意味“国家による合法的殺人行為”だ。一日に7名。幸徳秋水らの大逆事件以来の出来事だ。

なぜ、この時期に一斉に。
そのことを考え続けた。それに意味づける論理は見つからない。
「元号が変わるまでに」という理由がまことしやかに言われているがそれだけなのか。
再審請求をしていた被告もいる。死刑であの事件は「過去の出来事」となり、解明されないことが残る。
オウムは常に「闇」だ。

テレビは朝から、昨夜来の記録的豪雨の被害を伝え続けていた。その中での速報。
二つの大ニュースにテレビも新聞も、そのニュースバリューをどう置くか苦吟したであろう。
死刑執行と言うことで一つの時代を終わらせたかったのか。

オウムに関するニュースはひとまず“話題”から消えた。豪雨は続いている。
死者の数も類例を見ない大災害は続いている・・・。

死刑執行には法相が判を押す。執行3日ほど前に。
以前、何人かの法相経験者に話をきいたことがある。

執行されると想像される時間、大臣室で、手を合せたと言う人もいた。
自分の判で死刑囚と雖も人の命が奪われることに悩んだ政治家もいた。

執行の前夜、翌日の執行を知っている上川陽子や安倍たちは「自民赤坂会」なる宴会を催していた。写真も撮っている。法相はピースのポーズすらとっている。
舞った解せない振る舞い。

集中豪雨の情報が続々と入っている中、首相や国会議員が宴会をやっている場合じゃ無い。いや異常なのだ。
政治家に総理大臣に必須の要素は「想像力」だ。明日への想像力だ。未来への想像力だ。
大水害の予想、それがこの国に及ぼすであろう被害への想像力。それを持ち合わせていれば宴会が出来るわけが無い。
すべがそのしのぎの場当たり的政治。そういう政治家の群。

これが今この国の姿だということを肝に銘じよう。

自民が言う「緊急事態宣言」にあたる大災害だ。
国の対応はあまりにもお粗末だ。

オウムのサリン事件があったのは1995年3月20日。その年の1月17日には阪神淡路大震災が起きている。

天災と人災の違いはあるが「暴力装置」が働いたのだ。
自我を捨てて、自我を喪失しオウムに走った若者たち。

この二つの出来事の前と後では日本人の意識の在り方が大きく変わってしまった。バブルが盛大にはじけ、行け行けどんどんの時代はほころびをみせていた。
冷戦構造が終了した。
日本という国家の在り方の根源が厳しく問われる時代にやってきた大事件だった。

2011年3月11日には東日本大震災が発生した。
原子力発電とい暴力装置が牙を剥いた。
天災と人災。
130人を超す大雨の犠牲者。濁流にのまれた街、人々の暮らし。

政治は無力なのだろう。国民の生命と財産を守ると言うその至上なる使命が機能してない。

濁流と闘い、取り戻せない日常を手にしたいとする被災者。政治に苦言をたれながらも日常の連続の中にいる我々。

彼我の差に何を語るべきなのか。
命を失った人に何を語るべきなのか。
無力だ。あくまでも無力だ。

オウムというカルト教団が、宗教団体が我々に突き付けた物は大きかった。
宗教とは何か。
オウム事件が我々に突き付けた物は、考えねばならないことは大きかった。
人類の歴史に中でも「宗教戦争」は存在した。
殉教や殺戮が繰り返されてきた。

「宗教」という根源的な物、それがもたらしたことに我々の思索はほとんど及んでいなかった。
オウムは単なる異様な殺人事件として扱われてきた。
物質的には豊かになって行く社会にあって、オウムはまさしく異様な存在であった。
その異様な社会に人はいとも簡単にのめり込んでいく。
それが「オウム」に対する一つの見方、判断だ。

裁判と言う司法の世界では「宗教」は正当な判断を下す材料では無かった。

記録的豪雨災害。甚大な被害。この後に何らかの爆破装置が起動しないことを祈る。       

2018年6月30日土曜日

「西野サッカー」に思ったこと。

サッカーに関しては全くのど素人である。
しかしサッカーのフアンでもある。大好きでもある。

素人が安易に容喙すべきではないと思うが、ポーランド戦から2日が経っているにも関わらずテレビのワイドショーはサッカーの話題で沸いている。
新聞とても余韻を書いている。

「本戦」に行けるかどうかがかかっていた過日のポーランド戦。
後半のコロンビアとセネガル戦の途中経過が伝わると、本戦出場の一縷の望みをかけて日本は“戦う”ことをやめた。
試合終了までの時間を“球まわし”に費やしていた。時間切れを狙っていた。

試合には負けたが本戦へ進む権利は獲得した。

球回しの間中スタジアムにはブーイングが巻き起こっていた。

球回しが行われている時、脳裏に国会の姿がかすめた。
野党の持ち時間を計算し、野党から追及されることを嫌う安倍。
持ち時間いっぱい、的外れな口説を弄していた安倍。
そんな姿が浮かんだのだ。

サポーターあっての日本代表だとかねがね監督含め選手は言う。
あの時、サポーターの存在が彼らの頭の中にあったのだろうか。
サポーターの中には”劇的逆転“を願っていた人もいた。
試合が終わってのサポーターの反応には“歓喜”は少なかった。

サッカー選手は子供たちの憧れの的だ。
子供たちには彼らは言う。
「練習を重ね、常に諦めることなく前をむいて全力を尽くせ」と。
子供たちがどう思うかという発想はあの時は無かったのだろう。

とにかく勝ちあがって本戦に出る。

その「至上命題」を果たすことに関係者は腐心していたのだろう。

終わりよければ全てよし。

素人の僕には、最後の最後まで死にもの狂いで相手ゴールに迫る選手の姿が見たかった。
結果、それが敗退につながったとしてもだ。
その敗者を誰も責めないだろう。

グッドルーザーたれと思うのでは。悔しいけれども。

学校ではVTRに編集して”球回し“の場面は子供たちに見せなかったという。
それでも本戦に進めたことに子どもたちは無言だったと新聞に小さくあった。

目先の勝負に拘るのか。将来のサッカー選手になるであろう子どもたちに大人の背中を見せるのか。
多くのサッカーフアンにとって僕は「異論」を述べている輩に過ぎないかもしれない。
素人が何をほざくかと非難されるかもしれない。

「勝つ」ということは何なのだろう。そんな思索の材料を提供してもらったような気がして。

2018年6月23日土曜日

SNS,その功と罪

大阪地震。スマホが活躍した。安否確認からはじまって各種の情報取集。
車内に閉じ込められた人にとっては有り難いツールだった。

被害の様子も最初に流された映像は市民がスマホで撮った映像だった。
今回に限らず、スマホの普及は「一億総ジャーナリスト」化の象徴にも見える。

そして、デマも多数発信されていた。
今ほどSNSが普及していなかった「3・11」の時でさえ、デマが発信され、デマを信じた人はうろたえ、拡散されたデマは社会的混乱を招いた。
「フクシマ」は格好の標的とされていた。

機会があるごとに「スマホ、SNSの功罪」について思うところを話してきた。
スマホはその機能を急速に進化させてきている。
もはやあれは電話機ではなく写真機だ。
生活に必要なあらゆる機能が搭載されている。
買い物もナビも音楽視聴も。

スマホ一台あれば生活には事欠かないのだ。

誰が開発したかは知らないが人間はスマホと言う“文明の利器”にすっかり取り込まれた。
まるで天使からの贈り物のように。

数か月前だったか。新聞の投書欄に埼玉県の16歳の女子高生の投稿を眼にした。

“あと少し早く生まれて来たかった。私が強くそう感じたのは正月にいtった海外旅行がきっかけだった。
小学5年生の時、家族とオーストラリアに行った。当時は今ほどスマートフォンで何でも調べることは出来なかった。
そのため、ホテルの従業員にお勧めのレストランを聞いたり、店までの道を街でいろんな人に尋ねたりと、たくさんのコミュニケーションをとったことを鮮明に覚えている。
今年、再び家族でオーストラリアに向かった。今度はレストランもその場所もすべてスマートフォンで調べることが出来た。
しかし私は何か物足りなさを感じていた。それは便利さの陰で失われてしまった人と人とのつながりだった。そして小学5年生の時は何気なく交わしていた現地の人たちとの会話がものすごく恋しくなった。
私たちの生活は豊かになったのか。たしかに便利にはなった。でもそれはかえって私たちから大切なことを奪っているのではないか。
あと少し、スマートフォンが普及する前に、生まれてきたかった。“

彼女の意見に賛成する。

ツイッター・フェイスブック・ライン・インスタグラム・・・。

写真を撮って公開する。自撮りと云う機能で顔を映す。
有名人や友達も交ざって。

スマホの便利この上ない昨日は多くの人を満足させている。
既存メディアのテレビは「スマホ講座」番組をつくりその普及促進に手を貸している。

スマホによってこの国は動いているようだ。そんな中、前記の少女の投書はまさに一服の清涼剤のようだった。

妖怪ウオッチというアニメがある。
その中に「コマさん」と「コマ次郎」という兄弟が登場する。

兄のコマさんはアナログ人間。弟はスマホを使いこなすデジタル人間。
三差路でどっちの方向に行くか兄は真ん中で棒を立てその棒が倒れた方に行こうとする。
弟はスマホのナビですべてを知っている。
兄の気を逸らせておいて弟は棒の向きを修正しておく。

スマホ世界の「寓話」が出来上がっている。

今日は沖縄慰霊の日だ。沖縄でもネットを駆使した「デマ」や「誹謗中傷」が渦巻いているとか。
米軍基地反対派に対してのものだ。

スマホの功罪。人を傷つけ、社会を混乱させる罪の方が大きい。
スマホで「つながる」という。ネット上にしか「友達」なるものは居ないという。

ハイデガーやサルトルの言をもってスマホ社会を語るものでは無いが、「人間の存在」「人間の存在意義」がスマホ社会では排斥されているようだ。

人と人とのつながりは顔を見て語り合うことでしか生まれない。

医療現場でもスマホによる遠隔診療が行われるようにもなった。
「手当」という言葉がある。
人間が人間の手で人間に触れることに治療の意義がある。

ネットで本は買わない。本屋で向き合ってつながりを感じた本を買う。
スマホで簡単に「押した」だけで本は届く。だけど宅配業者の勤務はかさんでいる

真の便利さとは何か。真の豊かさとは何か。
立ち止まって考える時代なのだと思うけど。

2018年6月20日水曜日

この国に生きているという事

日本列島は地震列島である。
地震はいつかかならずやってくる。
寺田寅彦の言葉を借りるまでも無いが「災害は忘れたころにやってくる」

今回の大阪北部を中心にした地震、前日には群馬県の渋川で震度5、その前日には房総半島沖で震度3。
きょうは福島で震度3.
忘れたころにではないのだ。熊本地震からも数年後、東日本大地震からも7年余り。連日の様な地震。

毎日が地震との“遭遇”だ。

南海トラフ地震の可能性。学者の意見は様々だ。極論すれば「わからない」ということ。

メディアは「都市のもろさが露呈された」と大見出しで書く。
「もろさ」は大方の人はわかっている。わかってはいるがそこで日常を送って居る人たちは手の出しようが無い。

慣れるしかないのだ。
慣れるとは事が起きた時いかに冷静に対処するか。
慣れるとは身近で出来る最小限の対処をしておくことだ。

小学校が“違法”なブロック塀を作っていた。それが倒壊し幼児が犠牲になった。
その学校や関係者は昭和になってからの数多くの地震被害から何も学んでいなかったということになる。

地震を学んだ市民は冷静だった。車内で待って線路を黙々と歩いた。
いつくるかわからないタクシーやバスに長蛇の列をなした。きちんと秩序を保って。

きょうも雨の中、難儀をしている被災者は少なくない。
互いに助け合ってその日を過ごす。
屋根の修理には業者がいない。多くの業者は割のいい東京オリンピックに駆り出されている。

あの時間、多くが通勤、通学者だった。なんとかして会社にたどり着こう。日本人の勤勉さだ。

働き方改革と地震被害。意識の中で相反する。

政治は“あの程度の天災”には無関心だ。市民と国政なるもののあいだには壁がある。
国民を守る。それは政治の第一義なのに。
「全力を挙げて」という形容詞だけが飛び交った。
全力を挙げるのは当然なのだ。その言葉が出るという事は意味を持たなくなった言葉での自己防衛。

首相は「云々」を「でんでん」と読み、官房長官は「枚方」を「まいかた」と読んで憚らなかった。
悲し過ぎるぜ。

あの日は決算委員会が予定されていた。野党は中止を求めた。与党は歯牙にもかけなかった。
森友、加計問題での新たな資料を基に野党は追及した。質問通告がないから答えられないと政府は逃げた。

丁寧な説明、答弁。あれはその場しのぎの言葉だった。

きのう突然加計理事長が記者会見もどきをやった。短時間。
「記者会見で説明しただろう」というアリバイ作り。

会見は地元の記者にだけ告知された。地震の影響で東京からは大阪からも記者は行けない。
好機到来だったのだ。「このチャンスしかないぜ、加計くん」。そんな囁きが交わされていたような気がする。

病める体に鞭打ってコーヒー豆を買いにいった。そこの女性店員さんもあの加計理事長の会見をテレビで見て「あれはないでしょ」と怒っていた。

たぶん、東京新聞を除いて各紙の一面トップはサッカーだった。

「地震」を利用し「サッカー」を利用し、政治家による「男たちの悪巧み」は進行している。

地震後に二階は官邸に足を運んで悪だくみ。
夜は安倍が料亭に岸田を招いて総裁選への腹を探りあう。

「まいかた市民」よ怒れ。大阪府民よ怒れ。

我々にとって「終末期」に思える安倍政治は実は「反転攻勢期」なのだろうか。

また熱が出てきている・・・。

2018年6月5日火曜日

「国民」とは誰そ

日本国憲法には「日本国民は正当に選挙された・・・」で前文が始まるように各所に国民と言う言葉が登場している。

かって、帝国憲法には「国民」という言葉は無く「臣民」だった。
しかし子供たちは「少国民」と呼ばれ、兵士になることを名誉だとする教育が施されていた。

いささか屁理屈ぽいかもしれないが、国民とは何なのだろうか。
国民と日本人は違うのか、同じなのか。

1990年代に「国民的美少女コンテスト」というのがあった。芸能プロのオスカープロが始めたものだ。
たしか初代は藤谷美紀という子だった。女優の道に進んだ。このコンテスト出身者は大方女優になっている。たしか米倉涼子もそのはず。

「国民的美少女」、その「的」が当時からひっかかっていた。
的と言う字の意味はなんなのか。
国民的歌手と言うのが排出された。国民的俳優もいた。
国民的スポーツという言葉も存在している。

「的」には「~のような」という意味があると思う。文字の解釈の問題だけれど、あまりにも仰々しい。

なぜこんなことを今更のようにいうかというと「国民栄誉賞」の話につなげたかったからだ。

国民栄誉賞は福田赳夫内閣時に制定された。その前は佐藤内閣時代は内閣総理大臣表彰だった。

内閣総理大臣表彰はわかりやすい。総理が”勝手“に決めて表彰すればいいのだから。
国民栄誉賞となると、その「国民」と言う言葉の主体と客体が曖昧だ。

国民がこぞって表彰すると言うのなら内閣総理大臣が賞状を授与するのはおかしい。
国民の代表は総理大臣では無い。国権の最高機関である国会だ。
国民の代表である議員で構成される「院」が表彰するならわかるけど。


羽生結弦が国民栄誉賞を受賞することが決まった。
羽生は受賞を名誉なこととして受け入れ「この賞が被災地にとって明るい光となることを祈ってます」とコメントした。

「被災地にとって明るい光」か~。素直に喜べる人と、そうでない人もいるはず。
かって国民栄誉賞を辞退したスポーツ選手もいる。イチローがそうだ。
「まだ現役で発展途上の選手なので、もし賞をいただけるのなら現役を引退した時にいただきたい」。固辞の理由だ。
羽生はまだ現役だ。発展途上だ。

羽生は国際的にも著名な選手だ。
羽生の名を借りての自分のための“政治利用”。
ザギトワに贈られた秋田犬の贈呈式には押しかけ参加。抱いて見せるパフォーマンス。

映画監督の是枝裕和がパルムドールを受賞した。快挙だ。
しかし、是枝にはメッセージの一つも送ってない。無視だ。
「万引家族」という映画が、暗に安倍政治を批判しているからと聞く。

なんと度量の狭い男なんだろう。

この国の官庁は国民の為にある。あの公文書改竄の、しかも組織ぐるみのような“犯罪行為”。安倍を守るための組織。あの一連の不祥事には「国民」は不在だ。彼らの目は内向きでしかない。

政治の世界では連日のように「国民」という言葉が発せられている。
安倍の云う国民とはだれか。野党の云う国民とは誰か。
国民は戸惑う。

安倍は「膿を出す」と言った。膿を出す“治療行為”は全くなされていない。
膿は溜る一方だ。外科手術を必要としているのに。
溜る一方の膿はもはや澱となって沈殿している。

意味不明な言語を連発し、不誠実な態度を取り続け、徹底的という言葉だけの形容詞で逃げ切る。
国民の多くはもはや諦めに近い思いでいるのかもしれない。
少なくとも安倍が言う国民には入りたくない。

自分で育てた膿は自分で切除すべきだがそれは仕方さえわからない。
国民は「総外科医」になるべきかとも。

2018年5月24日木曜日

この国の「空気」にキミは耐え得るや

加計問題をめぐり安倍はかたくなに加計理事長との会談を否定している。
愛媛県の文書には面談の記録があるというのに。
愛媛県が文書を捏造する必然性はどこにもない。
知事は職員を信頼していると言う。

「電話もしてないのですか」と委員会で野党の議員が問う。
「仮定の質問には答えられない」という。

“もし、私や家内が森友と関係しているのなら総理はおろか国会議員も辞めますよ」と大見得を切った男。すべてが隠ぺいさればれないと言う自信があったからだろう。
それは仮定の事に答えたのだ。

まさに二枚舌としか言いようがない。

森友の破棄されたはずの資料が大量に出てきた。抜けている日もあるが森友と谷査恵子との詳細なやりとりが記載されている。
安倍昭恵が関与していたことは明白だ。

資料の破棄作業は佐川前理財局長が国会で「破棄した」と明言したのとあわせてその作業が行われている。

官僚の答弁は全てが安倍を忖度してのものだ。

イラクの日報問題も当時の大臣は知らなかったと言い続け、処分は防衛省の役人どまり。

セクハラ罪は無いと開き直る麻生。

すべてが安倍を擁護するための詭弁の連続だ。

嘘と疑惑と隠ぺいで塗り固められた政権。忖度と言う空気が支配する政権内部。

「空気」と書くのはイザヤベンダサンこと山本七平がこの国を評した著作のタイトルで用いた表現だ。「空気の研究」。

日大のアメフット部の事件。
「この場に出て事実を話すことが自分の償いだ」と述べたあの選手。大好きだったアメフットを辞めると言う覚悟をして彼は語った。
彼を称賛するにいささかのためらいもない。
彼は一人の人間として自分の良心に忠実であろうと決心したのだ。

きのう会見に臨んだ監督・コーチは保身を旨とした。
挙句、監督は心労で入院した。逃げたと言うに等しい。
伝統ある日大フェニックスの中にある逃げと嘘と保身。

最高権力者である監督を忖度したあのコーチや司会者。
絶対権力者であり、大学の経営陣のナンバー2である男に逆らえない大人たち。

奇しくも「空気」は政界と符合しているのだ。
日大はマンモス校と呼ばれる。学生数の多さを学校当局は売りにしている。

自民公明の議席はまさにマンモス的数字だ。どこか符号してはいないか。

かつて学園闘争が激しかった時代。それは日大にも飛び火していた。
日大全共闘の秋田明大。彼らを潰しにかかったのは応援団はじめ体育会の学生、そしてその中には暴力団も交じっていた。

あの真相を告白した学生はもしかしたら学校をも辞める事態に追い込まれるかもしれない。

「空気」に染まらないまともな企業だってあるはずだ。彼を有能な社員として迎え入れればいい。きっと役に立つ。

東大でのエリート官僚は日大など目にもくれない存在だ。しかし、学生の中には「人間性」に於いて権力を忖度しない優れた人物がいたということ。

「空気」を振り払い、権力機構を解体に追い込む。そんな萌芽が生まれることを祈る。

安倍政権の「醜さ」を糾弾する政治家が与党の中からも生まれることを祈る。

監督もコーチも会見で「正直言って」と何回も行った。
正直と言う倫理観も言葉もかれらによって壊された。

自ら用いた「信なくば立たず」という言葉も安倍によって無意味な言葉とされてしまった。

僕はこんな空気に耐えられない。アナタは耐えられるのですか。

2018年5月22日火曜日

その存在の耐えられない「嘘」

永田町や霞が関、日本の中枢。
そこで虚言や妄言、有ってはならないことが相次いだ。
首相は「膿を出し切る」と大見得をきった。

膿を出すための「手術」が行われた気配はどこにもない。
丁寧な説明ももちろん無い。

「口先だけ」の所業が相次いでいる。それに国民は馴らされてくる。

膿は出せない。なぜなら膿の元凶は言った本人だからだ。

加計問題で愛媛県が安倍と加計の「密会」があった記録を出した。
きのう、それを記者団から聞かれた安倍は無言で去った。

歴史は夜作られる、そんな大仰なことを言うまでもないが、昨夜安倍周辺は「対策会議」に大童だったのだろう。
今朝になって「会ったことはない」と言い切った。
愛媛県文書を「無視」することで乗り切れると判断したからだろう。

会った、会わない。記録が無い。あまりにも子供騙しが過ぎる。
愛媛県が偽の文書を作る必然性はどこにも無い。

官邸の面会記録は「破棄される」と公言してきた。記録が無いのだから確認のしようが無い。全く都合のいい理屈だ。

「愛媛県文書」というれっきとした記録がある。

面談は15分。多忙な日程でもその合間を縫えば可能だ。その夜は公邸。
彼が公邸泊の時はなにかその理由があるからだ。
公邸への出入りは番記者の目にも止まりにくい。正面では無く南門と言う溜池側からの出入り口もある。
かって今の公邸のその門もしばしば利用されたことがある。

公邸での来客は秘書官の言うがままに報道される。

ベタ記事ではあるが「首相動静」は立派な記録である。
新聞は今回の「ぬかり」を糧として首相動静の報道の在り方を官邸サイドと内閣記者会でこれまでのような馴れ合いのやり方を再考するチャンスだ。

報道機関の恥でもあるのだから。

「モリカケ問題よりももっと重要な法案がある。いつまでもモリカケにかまっていられない」と自民幹部や安倍寄りのテレビのコメンテーターは言う。

違う。

一国の宰相が「嘘」を言っているという事はこの国にとってのその存在を問われる重大事なのだ。

もう一つ書く。
麻生が「セクハラ罪」と言うのは無いと記者を脅すように言った。閣議もそれを追認した。

ならば、少なくとも野党は、国会は立法府であり、国権の最高機関である以上、すぐさま「セクハラ罪」を明記した法律を議員立法で作るべきだ。
女性閣僚がどう反応するかが見ものだ。

野党は本腰で加計問題をさらに追及しなさい。立法府としての責務として。
ジャーナリズムよ、覚醒しなさい。我々はあなた方の報道によってしか事実や真実を知ることが出来ないのだから。

昔し、一緒に取材活動に当たっていた毎日の岸井君が逝った。彼があの病気であることは聞いていたが無念だ。もう一回、昔よばれていたあだ名で呼んでほしい。
岸井君とて政権やジャーナリズムに対する思いは同じだと思う。

安倍はあまりにも甘い蜜を味わい過ぎた・・・。去るのが唯一の汚名を着ない道だと思うが。

「オウム」という暴力装置、そして、天災。

2018年7月6日、僕は朝の食事の後新聞を読んでいた。 テレビのニュース速報がオウムの浅原彰晃の死刑執行を伝え、その後、次々と死刑囚の刑執行を伝え始めた。 やがてNHKは執行に立ち会うため拘置所に入る検察官の姿を流している。 いわば同時進行のものなのだ。 執行は事前に当局...