2005年12月3日土曜日

雪・・・

ついに雪が降ってきました。
秋が短く、冬が早いーという印象です。
郡山では初雪なんでしょうかね。

  降ると見ば 積もらぬ先に 払えかし
    雪には折れぬ 青柳の枝

蒲生氏郷にちなんだ歌であったと記憶しています。

まだタイヤを替えていません。ま、この程度なら走行に不自由は
ないと思いますが。
カレンダーをめくるのを忘れてました。
ついに最後の一枚になりました。来年のカレンダーをもらいました。
来年の手帳ももらいました。
二つの月が一緒に来たような、気ぜわしい思いです。



0 件のコメント:

「黙食」の記憶

  敗戦後,転々と居が変わり、落ち着いたのが初台の家だった。 食糧事情がやや良くなり、一家は丸い卓袱台を囲んで夕餉をとっていた。 “家長”は祖母だった。 「ご飯は黙って食べなさい」が家訓のように言い渡されていた。 隣に座っている弟は奇妙な特技の持ち主だった。 ...