2007年3月9日金曜日

"組織"が犯罪を作る

鹿児島県志布志の懐部落で起きたでっち上げの選挙違反事件。ようやく全員無罪が確定した。約4年の空白の歳月。無罪が確定しても誰も救われていない。県議選をめぐる買収事件として捜査されたこの事件。たれこみが発端で12人の「善良な人々」が皆罪人にされた。警察内部から「でっちあげ」の内部告発。メディアが動き、ようやくの地裁による無罪判決。警察内部には、そもそもこの事件はなかった。捜査指揮官に意向にさからえなかったーなどなど疑惑だらけ。検察も疑問をもちながらの公判請求。
すべて、警察組織というなかで行われた事なかれ主義、自己保身、組織擁護のなせるあまりにも卑怯な仕業。
検証していた警察庁は当時の県警本部長を厳重注意処分。それはまったくの異例だというが、そんなことで「被害者」の人生を償えるのか。しかも捜査指揮した警察官や関係者、さらに、北朝鮮ではあるまいし、上司に迎合するかのように拷問もどきの取調べをした奴らはほとんどおとがめなし。いや、内部での微々たる処分はあったみたいですが・・・。昔の「特高」ではあるまいし、しかし、それを彷彿とさせる警察権力のおぞましさ。なにが動機でこんなでっちあげがなされたのか。それはまったく解明されていない。
鹿児島地検や最高検はあらためて当時の「検証」を行うということだが、厳正、正当な検証を、そして納得できる処分を望む。こんなバカな警察官、警察組織が存在している限り、裁判員制度が導入されたって誰もなりたくはない。そもそも無いものを裁くなんて。
痴漢の冤罪事件が映画にされている。戦後の松川事件も映画になった。映画は趣味娯楽の類ではなくなっている。社会の不条理を追いつめるジューナリズムともいえる。

東京ときわ台駅の殉職警官が、もし、ありえないけれど、仮にこの捜査のかかわていたらどうしただろうか。身を挺してでも違法捜査をやめさせようとしたのではんかろうか。

懐部落事件で、全ての警察官を否定はしない。捜査関係者の人間性がどうだったのかは知る由もないし。しかし、こういうでっち上げがまかり通ったにには警察・検察という巨大な、伏魔殿のような組織があるからだ。無垢の人々の人生を狂わせるような犯罪捜査、冤罪事件。
いくら強固な意志を持ち立ち向かったとしてもあがらい難い組織の大きな壁、壁、壁。その中で権力を行使することに快感さえ覚えているやからのいること。
遺憾とか不祥事とかいう言葉の二文字や三文字で語るにはあまりにも口惜しく悲しい。




「責任論」をめぐるあれこれ

落ち葉の季節である。枯葉が舞う季節だ。 道路にも玄関にも庭にも、落ち葉の“饗宴”が季節を感じさせる。 ある家の庭に落ち葉が、枯葉が大量に飛んできていた。 その家の主は隣家の樹が枯れて落ちたものとし、それを片付けるのは樹の所有者である隣家の「責任だ」と怒鳴りこんだ。 枯葉は...