2007年10月1日月曜日

JPだそうで

郵政民営化。巨大な民間会社「日本郵政」が誕生しました。ロゴマークはJP。あっちこちの郵便局にJPのマークが踊っています。

JP。JAPAN POSTの略だそうで。懐かしの三公社五現業。皆、民営化。日本国有鉄道はJR。日本専売公社はJT。政府機関ではないけれど、農協はJA。アルファベットだらけですね・・・。
 

郡山の特定郵便局。看板化粧直し。

JPのロゴが目立つかどうか。

民営化のキャッチコピー。

「ひとりを愛せる日本へ」。

 

そう、たしかに日本郵政のHPには、過疎地に住むお年寄りの写真がいっぱい載っていますが・・。

 

生みの親、コイズミくん、久々表舞台に登場。新会社発足式典で「国民の支持があったから」って。参院選はどうだったの。

郵政民営化は争点ではなかったけれど自民党は負けた。なんでも民営。構造改革。ちょっと待てってことじゃなかっったのか。288兆円もの貯金、保険残高を持つ巨大企業誕生。従業員24万人。恐るべしメガバンクの誕生。

巨額の資金を官から民へシフトさせ、小さな政府実現ーーそれが最大の目的だったということなんでありまして。郵政民営化が新しい日本の夜明けになるのかどうかは、さっぱり、皆目見当もつかず。

まだ馴染みのない新しい制服に身を包んだ「郵便事業株式会社」のバイクが走っていきました。

ゆうパック。宅配便。ほとんど自宅には夜以外いない亭主。不在票。再配達の通知書はあるものの、時間ぴったりは無理とのこと。本局に取りに。免許証と印鑑持って。「念のため免許証番号メモさせてください」。おっと、それって"個人情報"じゃない。黒猫でもパリカンでも不在票持っていけば手渡してくれる。郵便局はなにかと面倒。免許証と印鑑ですよ。これって、どうなるのかな。

全国で148の集配局が廃止になるとか。福島県内でも22局あるとか。「郵便配達の人が来るとね、ついでに、貯金をおろしてくれて頼んでいたの。それが、これからはダメだって。足腰弱っているのに遠くの局まで行けないべ。どうしたらよかっぺ」。実家のばあちゃの"嘆き"を聞いた子供は悩んでいましたっけ。「民間になって、もしつぶれたらなけなしの貯金はどうなんだべ」。株式は全部政府が持っているんだから大丈夫ですよ。そういっても不安ぬぐえないお年寄り。

痛みを伴う構造改革。日本の将来にとって「偉業」だったのか「愚行」だったのか・・・。たぶん、誰にもわからない・・・。

JPってロゴは、どこまで浸透出来るのかな。JRやJA並になれるのかな。POSTーーー郵便って意味はもちろんありますが、「次」って意味もこれあり。「ゆうちょ銀行」と「かんぽ生命保険」が上場された時はどんな初値がつくんでしょうか。電電公社の時は凄かったけど・・・。



0 件のコメント: