2008年4月1日火曜日

四月一日

今日は4月1日。新年度。「四月一日」という苗字の人がいます。わたぬきサンと読みます。更衣。春。衣類の綿を抜いて春物にするというところから来た苗字。この寒さ。綿抜いてはいられない。わたいれサンのなっちゃう。

世の中、ガソリン税の暫定税率問題で大混乱。どこもここもガソリン代の話題でもちきり。下がるに越したことはない。スタンドや元売りは大変でしょうが。レギュラーガソリン、25円の税率下がって121円/Lとか。数年前まではこれが当たり前の値段だった。原油高、原油価格高騰ということで今の金額に。もし、原油高無ければ、暫定税率をめぐる騒ぎはどんな展開になっていたのか。

福田首相は言う。「環境問題のためにも暫定税率は維持しないと」。どうも、このロジクがわからない。詭弁にしか思えない。だって、暫定税率で道路作るんでしょう。道路は車を走らせるためにつくるんでしょう。車が走ってくれなくちゃ道路の意味がないでしょ。なのに、ガソリン下がったらみんな車使うから環境問題に良くないってのが、変な理屈に思えて。車走ったら環境に悪い、抑制すべきだというなら「便利な道路」作らなければいい。「環境」と言えばなんでもOKということなのか。だれも反対出来ないってことなのか。はい、これって亭主の屁理屈であります。

日銀の短観。業況判断さらに悪化。そいなんです。景気は悪く、悪くなっているんです。2008年4月1日。

4月1日はエイプリルフールなんてよく言ったもんでた。洒落にもならない「嘘」ついてもOKだったり。みんなしてネタ考えたり。こんな景気の悪いとき、生活が混乱してるとき、次々と物価が上がっていく日。「嘘」考えてる余裕なんて無いのかも。

今日のニュースが全部「嘘」だったらいいのに(爆)。



「猿芝居」のいくつか

もう七月。「思う」ことはさまざま為れど、書けない、書く気にならない無力な日々。 政治が世の中の動きがあまりにもバカバカしすぎているから。 トランプと金正恩の板門店の「会談」を見て、思わず“猿芝居”という言葉が浮かんだ。トランプが猿に人相が似ているというわけでも無いが。 ツ...