2008年5月1日木曜日

手折られる「愛」

チューリップの花言葉の共通テーマは「愛」だそうです。博愛、思いやりという花言葉も。

自宅の近くに荒池公園というところがあります。昔はため池で異臭を放っていたところが綺麗に整備され、春は桜が咲き乱れ、夕方には犬の散歩の人で溢れ、のどかな憩いの場。

その公園の北側に、多分、市が管理しているであろう「お花畑」があります。四季折々にいろいろな花が咲き乱れています。そんなに大きな公園ではないのですが。

今朝、そこを通りかかると磐梯園という造園業者さんの車が停まっており、庭師と思われるひとが、花の手入れに精を出している。そう、今はチューリップの季節。色とりどりのチューリップが百花繚乱。

荒池の風景.jpg                  

 

 

公園の真ん中の花壇です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところがーーーー・

公園の裏手のチューリップ畑に異変が。なんと、ものも見事に切り取られている。チューリップの受難。ついに郡山でも。世の中おかしい。チューリップをなぎ倒す。切り取る。そんなニュースが流され、防犯カメラで犯人の映像まで間がされているのに、模倣犯が出てくる。世も末です。

  荒池の風景2.jpg

 ちょっと暗くなっている写真の右側。ほんとうは花が咲いているのに。

葉っぱだけ。遺された一輪二輪の黄色いチューリップが淋しそう。

新聞によれば120本ものチューリップが切り取られ、姿を消しているという。なぎ倒しでなく、切って持ち帰りかも。

 

ここを訪れるのを楽しみにしている人と遭遇。

 

「なんでこんなことを・・・・」。涙ぐんでいました。

 

たぶん、磐梯園の人が修復してはくれるんでしょうが。

 

こころないいたずら。

いや、いたずらではすまされない。

 

なにが、人にこういう嘆かわしい行為をさせるのか。

 

次の被害に遭うかもしれない他のチューリップ。ただただ無心に咲いていました。風に揺れていました。「博愛」のこころで咲いているようでした。