2022年3月1日火曜日

“チェルノブイリ”異聞

 

ロシアがウクライナに侵攻し、またも多くの市民、日常が奪われて行く。

ウクライナという言葉、キエフという言葉、チェルノブイリ・・・。

そう、あの最大の原発事故を起こした地名の幾つか。

「チェルノブイリ原発事故」。1986年4月26日。

ウクライナの北部にあるその原発事故の名前を多くの日本人は知っているだろう。

 

日本にも原発が当初54機あった。

福島にある東京電力原子力発電所が爆発事故を起こした。2011年3月11日。昭和61年

 

 

 

福島の浜通り、原町市に住んでいた詩人はチェルノブイリに事故後むかった。悲劇の痕跡を見て回った。

詩人の名は若松丈太郎。チェルノブイリと双葉郡の様相や人々の悲しみが相似形のように描かれている。長いが引用する。なぜなら、ロシア軍はチェルノブイリを占拠したというから。石棺で覆われた原発の痕跡をロシアはどう見るかと思うから。チェルノブイリ事故時はウクライナもロシアもソビエト連邦の“友邦”同志だったから。

 

 

「神隠しされた街」

45,000の人びとが2時間のあいだに消えた

 

サッカーゲームが終わって競技場から立ち去った

のではない

人びとの暮らしがひとつの都市からそっくり

消えたのだ

ラジオで避難警報があって

「3日分の食料を準備してください」

 

多くの人は3日たてば帰れると思って

ちいさな手提げ袋をもって

なかには仔猫だけをだいた老婆も

入院加療中の病人も

1,100台のパスに乗って

45,000の人びとが2時間のあいだに消えた

 

鬼ごっこする子どもたちの歓声が

隣人との垣根ごしのあいさつが

郵便配達夫の自転車のベル音が

ボルシチを煮るにおいか

家々の窓の夜のあかりが

人びとの暮らしが

地図のうえからプリピャチ市が消えた

チェルノブイリ事故発生40時間後のことである

 

1,100台のパスに乗って

プリピャチ市民が2時間のあいだにちりぢりに

近隣3村をあわせて49,000人が消えた

49,000人といえば

私の住む原町市の人囗にひとしい

さらに

原子力発電所中心半径30kmゾーンは危険地帯とされ

11日目の5月6日から3日のあいだに92,000人が

あわせて約15万人

 

人々は100km150km先の農村にちりぢりに消えた

半径30kmゾーンといえば

東京電力福島原子力発電所を中心に据えると

双葉町 大熊町 富岡町

楢葉町 浪江町 広野町

川内村 都路村 葛尾村

小高町 いわき市北部

そして私の住む原町市がふくまれる

こちらもあわせて約15万人

 

私たちが消えるべき先はどこか

私たちはどこに姿を消せばいいのか

事故6年のちに避難命令が山された村さえもある

 

事故8年後の旧プリピャチ市に

私たちは入った

亀裂がはいったペーブメントの

亀裂をひろげて雑草がたけだけしい

 

ツバメが飛んでいる

ハトが胸をふくらませている

チョウが草花に羽をやすめている

ハエがおちつきなく動いている

蚊柱が回転している

 

街路樹の葉が風に身をゆだねている

それなのに

人声のしない都市

人の歩いていない都市

45,000の人びとがかくれんぼしている都市

鬼の私は搜しまわる

 

幼稚園のホールに投げ捨てられた玩具

台所のこんろにかけられたシチュー鍋

オフィスの机上のひろげたままの書類

ついさっきまで人がいた気配はどこにもあるのに

日がもう暮れる

 

鬼の私はとほうに暮れる

友だちがみんな神隠しにあってしまって

私は広場にひとり立ちつくす

 

デパートもホテルも

文化会館も学校も

集合住宅も

崩れはじめている

すべてはほろびへと向かう

人びとのいのちと

人びとがつくった都市と

ほろびをきそいあう

ストロンチウム90 半減期 29

セシウム137 半減期 30

プルトニウム239 半減期 24,000

セシウムの放射線量が8分の1に減るまでに90

 

致死量8倍のセシウムは

90年後も生きものを殺しつづける

人は100年後のことに自分の手を下せない

ということであれば

人がプルトニウムを扱うのは不遜というべきか

 

捨てられた幼稚園の広場を歩く

雑草に踏み入れる

雑草に付着していた核種が舞いあがったに違いない

肺は核種のまじった空気をとりこんだにちがいない

神隠しの街は地上にいっそうふえるにちがいない

 

私たちの神隠しはきょうかもしれない

うしろで子どもの声がした気がする

ふりむいてもだれもいない

なにかが背筋をぞくっと襲う

広場にひとり立ちつくす

 

 

当時はソ連の枠の中にいたウクライナ。チェルノブイリはその共和国の中。

ウクライナに侵攻したロシアは首都キエフを襲っているとか。

チェルノブイリにミサイルを撃ち込んだとか。

石棺で覆われているとはいえ、ミサイルで破壊されれば放射能は放射線を撒き散らす・・・。

 

発電所にもっとも近い従業員の居住地であったプリピャチ市の全人口45000人は事故翌日の27日午後から1100台の大型バスにより移住した。また、事故後数日間にチェルノブイリ市(人口16000人)をはじめ半径30キロメートル圏内に居住する住民、計9万人が新たに移住した。

 

詩の冒頭の光景。

 

農家の家畜もいっしょに移動した。

従業員はその後、発電所から50キロメートル東に離れた所に建設された町スラブチッチに居住し、そこから最後まで運転していた3号機が200012月に運転停止されるまで鉄道で通勤したという。

 

ウクライナには原発があった故か、各所にシェルターが完備されている。

沖縄のガマの比ではない。

 

日々のニュースに、プリピャチの人たちのことを想う。

「今度は神隠し」には合わないぞと。

0 件のコメント:

“チェルノブイリ”異聞

  ロシアがウクライナに侵攻し、またも多くの市民、日常が奪われて行く。 ウクライナという言葉、キエフという言葉、チェルノブイリ・・・。 そう、あの最大の原発事故を起こした地名の幾つか。 「チェルノブイリ原発事故」。1986年4月26日。 ウクライナの北部にあるその...