2020年9月16日水曜日

終わりと始まり


安倍政治が終わった。菅政治が始まる。「同じ穴のムジナ」の終わりと始まり。

 

ポーランドの詩人、ヴィスワヴァ・シンボルスカが書いた詩にこういうのがある。

 

“戦争が終わるたびに
   誰かが後片付けをしなければならない
   何といっても、ひとりでに物事が
   それなりに片づいてくれるわけではないのだから

(中略)

誰かがときにはさらに
   木の根元から
   錆ついた論拠を掘り出し
   ごみの山に運んでいくだろう

   それがどういうことだったのか
   知っている人たちは
   少ししか知らない人たちに
   場所を譲らなければならない そして
   少しよりもっと少ししか知らない人たちに
   最後はほとんど何も知らない人たちに
   

(後略)

不可思議な安倍の退陣劇だった。知性も見識も国家観も持たない人が“派閥”の力で神輿を担がれ、宰相の地位を手に入れた。

高揚感の無い、総裁選だった。

記者クラブの会見で、コロナは問われたが、今も続く「原発事故」の後始末に全く無関心な政治記者の群れ。悲しい。

汚染水のタンクはあと数年で満杯だ。海洋放水出来るのか。

原発政策をどうすうるのか。質問すら無い。悲しい。

菅は何とかの一つ覚えのように、「地方、地方」と連呼する。地方を豊かにすると幻を振りまく。

「限界集落」があちこちにみられる。

「3・11」・「原発事故」で国が指摘した「地方消滅」論は現実に現れている。

「ふるさと」への帰還がかなわぬ集落がある。

 

コロナ渦で職を失った人は数知れない。

ローンでマイホームを購入したが、収入が無くなり家を手放した家族も多々ある。

 

「自助・共助・公助」、お題目が唱えられる。要は“自己責任論”が根底にある。

 

食事を満足に取れない子供たち、こども食堂。「豊かな国」ではなく「貧困な国」なのだ。「豊かさ」という幻影に惑わされ続けている。

テレビは、それが視聴率に結び付くと思ているのか「大食い競争番組」を面白おかしく作る。「爆食三姉妹」を登場させ、相撲部屋のちゃんこ料理を相撲取り以上の量を口の中に投げ込む。うな重を20人前平らげる東大生がいる。

 

その光景はこの国の民の”劣化“に重なって見える。

 

菅には宰相としての抱負経綸がみられない。安倍でも、内容はともかく、就任時には「美しい国」という世迷い語とを言っていたが。

 

昨日のうちに「閣僚名簿」はぱらぱらと漏らされ、きょうの組閣に意味はない。

 

メディアは立志伝を伝える。無意味だ。

 

田中真紀子が上手いことを言っていた。

“主婦の感覚です。安倍政権では例えば森友問題で公文書の改ざんがあったり、財務省の職員が自殺したり、でもその責任をあいまいにする嘘とはぐらかしがたくさんあって、国民の不満も募っていた。なのにそうした悪臭紛々とした生ゴミを安倍家の台所から出して、バケツに押し込める。そのふたをするのが菅政権の役割ではないかということです。”

 

田中内閣成立時には「日本列島改造論」がいわば政権構想だった。練りに練り上げた。

「太平洋ベルト地帯の工業再配置と交通・情報通信の全国的ネットワークの形成をテコにして、人とカネとものの流れを巨大都市から地方に逆流させる地方分散を推進すること」

 

菅の言う「地方」とはわけが違う。

 

宰相たるには政治哲学・政治道徳・政治的倫理論が必要だ。何もない。

安倍政権を安倍政治を継承する。それだけの“ふた”でしかない。

 

 

シンボルスカの詩にはこういう一部もある。

“誰かが瓦礫を道端においやらなければならない

死体を一杯積んだ荷車が通れるように“

 

彼女の詩をどう解するかは個々人の勝手だ。

難解かもしれないし。

 

終わりと始まりは延長線上にあるのだ。

2020年9月1日火曜日

安倍は”裸の王様”だたのか”フィクサー”だったのか

東京からの「政局電話」で疲れている。 

数年前、旧知の総理大臣秘書官経験者と話し合ったことがある。
安倍政治についてだ。 

彼曰く「安倍さんは非常な淋しがりやだ。体のことを心配する秘書官が日程を入れないでおくと、自分でかってに入れてしまう。 それは、例えば岡崎勝男など思想の平仄が合う人と話をしている時は非常に楽しそうだった。」 

これに似た話は、安倍の辞任表明後、秘書官の一人が新聞記者に語っている。
 記事もあった。体調不全になったころも、官邸に出勤し、毎日、同じような顔ぶれと席を共にしていた。気の置けない官邸メンバーと居るほうがストレス解消にもなっていた。
しかし、病魔には勝てなかった。 病気のことについては本人の言を信じるしかない。 
そして舞台は次期総理総裁選び。

メディアの一部には「安倍政治」の「総括」もなんのその、「人事」に血道を上げている。 かって田中角栄に言われた。 
「君たちは政局ばかり追っている。ご執心だ。国のことを考えるならもっと政策を勉強しろよ」と。 
いま、官邸や自民党担当の記者たちは必死になって政局を追っている。

懐かしい光景だ。(笑) 

菅がどうやら「党内力学」で本命視されてきた。
開かれた政党を標榜するなら、全国の党員・党友票も加味した“フルスペック”の選挙をやるべきだが、一任されている二階はそれを拒否する。
両院議員だけの投票で決したい意向のようだ。
次期政権に影響力を行使できるからだろうか。
各都道府県連からは投票参加の要望書が本部に届けられているというが。 
「開かれた政党」とは真っ赤な嘘。 真面目な党員も国民も“愚弄”されている。
 菅と安倍の関係はつまびらかにしない。
菅は安倍を補佐してきた。尽くしてきた。
いま逮捕拘留中の河井 案里の選挙応援には心血を注ぐなど安倍政治にはすべからく関与してきた。
 「総裁選には出馬しない」と公言したのもつかの間、「有力候補」になっている。 永田町雀は言う。「官房機密費」を握っているからなあ。
 安倍は岸田を後継にと考えていた、と聞く。
何故、岸田を袖にしたか。安倍政治は、嘘と、恫喝とで動いて来た。 忖度という言葉をはやらせ、事実忖度政治が行われてきた。 安倍追及に当たっては野党は何処か及び腰だった。 恣意的な人事を行って来た。相次ぐ閣僚の不祥事での辞任。 モリカケ問題、桜を観る会、黒川検事長問題、モリカケに関与したことのすべて。
資料の黒塗り。安保法制での内閣法制局長官交代の不法な人事。
 王様は三権の長と自任し、森羅万象を司っていると豪語した。
 平場の感覚に立とう。
近畿財務局勤務の赤木俊夫さんが上からの圧力に屈して自死した。
妻は国を告訴している。
 次期政権がその気になれば安倍の行状は安倍に不利なように暴かれる。
 去り行く身として晩節を汚したとう認めがたい。 だから考えた。
麻生とずいぶん協議した。官房長官という立場にいたものは大体のことは知っている。
共謀共同正犯のこともあったはず。 
麻生の次は二階を口説いた。妙案が生まれてきた。 口封じのためにも、菅を後継にしてしまえばとりあえずは安堵できる。
 石破にでもなったらもうお終いだ。
 かくて、菅政権が出来上がる構図に党内は走っている。 菅が総理総裁にふさわしい抱負経綸を持っているかどうかは問題ではない。
 こんな構図を永田町の政治記者は指摘できない。
 菅の記者いじめが相当きいているからだろう。
 ネタを貰えないことほど辛いことはないのだから。 菅は「安倍政治を継承します」というだろう。 大所帯の官邸内もそのままにするのかもしれない。
 1989年、辞任した竹下登の後継として自由民主党総裁に推されるが頑な固辞した。

「本の表紙を変えても、中身を変えなければ駄目だ」。と述べて。
 会津出身の政治家、伊藤正義の言だ。 会津士魂だ。

 自民党執行部のやり方に「抗議」の書面を提出した若手議員数人がいる。
 「党費4千円。それであなたも総理大臣選びに参加できます」。
党員集めの看板に偽りありとする若手の一部意思表示だ。 自民党の課題、若手を育成してこなかった老人たちのエゴ。若返るべきだ。 
党の役員定年、閣僚定年を定めたっていい。あるというような話も側聞するが。 選挙は来年だ。今のところの日程では。
 安倍が「病気治ったよ、また総理やる」その可能性は1%くらいは残っているかもしれない。つい数週間前の菅の支持率はそんなもんだったような気がする。

終わりと始まり

安倍政治が終わった。菅政治が始まる。「同じ穴のムジナ」の終わりと始まり。   ポーランドの詩人、ヴィスワヴァ・シンボルスカが書いた詩にこういうのがある。   “戦争が終わるたびに    誰かが後片付けをしなければならない    何といっても、ひとりでに物事...