2020年2月28日金曜日

殿、錯乱状態にあらせられ。

まずは言葉の疑問から。
「全国の小中学校、高校を春休みまで、休業とします」。突然の安部の声明。
どのテレビを見てもスーパーで“休業”を“休校”とカバーしてやっている。
郡山市でも“休業”と通知を出している。
普通の感覚と知識を持った人は誰しも「休校」だ。
役所言葉に、業界用語として学校は休業と呼ぶのだろうか。

COVID-19の問題が起きてから安部政権は何も手を打ってこなかった。
対策費は150億円。他国は、国民の生命と生活を守るために億ではなく、兆の単位の国家予算を用意している。
甘く見ていたんだな。いや、今でもか。

クルーズ船の対応に失敗した矢先、新型ウイルスはまさに燎原の火の如く、ほぼ全国に拡散されている。
東北には感染者やいない、そう大見栄を切って、パーティーを行った秋葉首相補佐官の開き直り。東北にも感染者はいる。
福島にも21人。いずれも陰性だが。
それらを国も県も隠す。

万策尽きた格好の安部は毎日、「お仲間」の中に身を置いて、どうやら心の平静を保ってきた。
でも、それも限界。
お山の大将は力づくに出る。

「一斉休校」。

それが、市民生活にどれほどの影響が出ることなのかを認識する気さえない。
前日は「自衛策の要望」、翌日は「暴挙」。
その間に誰かと相談したのか?協議したのか?。そんな痕跡もない。
大胆に行きましょうと“進言”した奴がいたかどうか知らないが。

メディアと称するものが様々多様化した。
PCR検査を受けるのが陰性か陽性かの分かれ道。とされている。
しかし、その神頼みのような検査もなかなか、というかほとんど受けられない。
PCR検査の結果が唯一の物証とされる世間。

原発事故後、農産物は例えば農協にある検査機器によって「ND」未検出の測定結果を待たねばならなかった。
同じような光景だ。

地球上にはセシウムをいう放射性物質は常に存在する。「ND」と言っても数値は決してゼロではない。
“コロナ”、きわめて微細なウイルス。体内に一つでも残っていれば、いや、残るものだが、陰性が陽性化するケースもあり得る。

リハビリに病院に通っている。小学生の子供を持つ療法士は困惑していた。
奥さんもリハビリ療法士で仕事を持っている。休めない。
故郷、岩手県から親に来てもらい、家にいる子供の面倒を見てもらうかどうか腐心していた。

簡単に一斉休校と言うのは楽だが、そのことが与える影響は計り知れない。
看護師だってそうだ。今夜も家族会議が続くだろう。

医療の現場に与えるPCR検査のことも含めて、医師会会長の姿は見えない。
世界医師会の会長はどう考えているのか。

こんな一事をもってしても、医療崩壊がこれまで言われていた問題以外に始まっている。

きょうになって安倍の「カケ友」の萩生田文科相も強制ではなく、自主的な判断の要請だ、とかばい始める事態に。

何も手を打っていない、PCR検査も受けられない、などなどの批判が相次ぐ中、ついに安倍は錯乱状態になったようだ。
安倍の決定には専門家は関与していない。

関係閣僚会議の対策本部に、医学者、教育者、社会学者などなど、まともな専門家を加え、鳩首協議すべきことを独断でやる。
この国は、まったくもっておかしい。子供の将来のことが考えの中に入っているのか。いない。それは、それぞれで考えろという得意の丸投げ。

トイレットペーパーがなくなっていた。ドラッグストアに買いに行った。
ものの見事に棚が空。
デマが買占めの原因らしい。

医療は崩壊、社会構造も崩壊。教育も崩壊。中小企業も倒産。飲食店も閉店。株価は下がる一方。国そのものが崩壊していると言えなくもない。

ウイルスに責任があるわけではない。
つとめて、政治の責任、政治の不作為、政治家の無知、それらが絡んだ“複合汚染”だということなのか。

何がどう転がるか。数日様子を見るしかないのが悔しい。

0 件のコメント:

レジ袋を巡る“謎”

今日からいわゆる「レジ袋」の無料配布が終了になった。 レジ袋ってポリエチレン製なのかプラスチック製品なのか。まずそれからしてワカラナイ。 ポリとプラの区別もワカラナイ。 ポリ塩化ビフェニール、なんて言い方も聞いたこともあったが。 それが、環境に悪影響をもたらすものなの...