2020年9月1日火曜日

安倍は”裸の王様”だたのか”フィクサー”だったのか

東京からの「政局電話」で疲れている。 

数年前、旧知の総理大臣秘書官経験者と話し合ったことがある。
安倍政治についてだ。 

彼曰く「安倍さんは非常な淋しがりやだ。体のことを心配する秘書官が日程を入れないでおくと、自分でかってに入れてしまう。 それは、例えば岡崎勝男など思想の平仄が合う人と話をしている時は非常に楽しそうだった。」 

これに似た話は、安倍の辞任表明後、秘書官の一人が新聞記者に語っている。
 記事もあった。体調不全になったころも、官邸に出勤し、毎日、同じような顔ぶれと席を共にしていた。気の置けない官邸メンバーと居るほうがストレス解消にもなっていた。
しかし、病魔には勝てなかった。 病気のことについては本人の言を信じるしかない。 
そして舞台は次期総理総裁選び。

メディアの一部には「安倍政治」の「総括」もなんのその、「人事」に血道を上げている。 かって田中角栄に言われた。 
「君たちは政局ばかり追っている。ご執心だ。国のことを考えるならもっと政策を勉強しろよ」と。 
いま、官邸や自民党担当の記者たちは必死になって政局を追っている。

懐かしい光景だ。(笑) 

菅がどうやら「党内力学」で本命視されてきた。
開かれた政党を標榜するなら、全国の党員・党友票も加味した“フルスペック”の選挙をやるべきだが、一任されている二階はそれを拒否する。
両院議員だけの投票で決したい意向のようだ。
次期政権に影響力を行使できるからだろうか。
各都道府県連からは投票参加の要望書が本部に届けられているというが。 
「開かれた政党」とは真っ赤な嘘。 真面目な党員も国民も“愚弄”されている。
 菅と安倍の関係はつまびらかにしない。
菅は安倍を補佐してきた。尽くしてきた。
いま逮捕拘留中の河井 案里の選挙応援には心血を注ぐなど安倍政治にはすべからく関与してきた。
 「総裁選には出馬しない」と公言したのもつかの間、「有力候補」になっている。 永田町雀は言う。「官房機密費」を握っているからなあ。
 安倍は岸田を後継にと考えていた、と聞く。
何故、岸田を袖にしたか。安倍政治は、嘘と、恫喝とで動いて来た。 忖度という言葉をはやらせ、事実忖度政治が行われてきた。 安倍追及に当たっては野党は何処か及び腰だった。 恣意的な人事を行って来た。相次ぐ閣僚の不祥事での辞任。 モリカケ問題、桜を観る会、黒川検事長問題、モリカケに関与したことのすべて。
資料の黒塗り。安保法制での内閣法制局長官交代の不法な人事。
 王様は三権の長と自任し、森羅万象を司っていると豪語した。
 平場の感覚に立とう。
近畿財務局勤務の赤木俊夫さんが上からの圧力に屈して自死した。
妻は国を告訴している。
 次期政権がその気になれば安倍の行状は安倍に不利なように暴かれる。
 去り行く身として晩節を汚したとう認めがたい。 だから考えた。
麻生とずいぶん協議した。官房長官という立場にいたものは大体のことは知っている。
共謀共同正犯のこともあったはず。 
麻生の次は二階を口説いた。妙案が生まれてきた。 口封じのためにも、菅を後継にしてしまえばとりあえずは安堵できる。
 石破にでもなったらもうお終いだ。
 かくて、菅政権が出来上がる構図に党内は走っている。 菅が総理総裁にふさわしい抱負経綸を持っているかどうかは問題ではない。
 こんな構図を永田町の政治記者は指摘できない。
 菅の記者いじめが相当きいているからだろう。
 ネタを貰えないことほど辛いことはないのだから。 菅は「安倍政治を継承します」というだろう。 大所帯の官邸内もそのままにするのかもしれない。
 1989年、辞任した竹下登の後継として自由民主党総裁に推されるが頑な固辞した。

「本の表紙を変えても、中身を変えなければ駄目だ」。と述べて。
 会津出身の政治家、伊藤正義の言だ。 会津士魂だ。

 自民党執行部のやり方に「抗議」の書面を提出した若手議員数人がいる。
 「党費4千円。それであなたも総理大臣選びに参加できます」。
党員集めの看板に偽りありとする若手の一部意思表示だ。 自民党の課題、若手を育成してこなかった老人たちのエゴ。若返るべきだ。 
党の役員定年、閣僚定年を定めたっていい。あるというような話も側聞するが。 選挙は来年だ。今のところの日程では。
 安倍が「病気治ったよ、また総理やる」その可能性は1%くらいは残っているかもしれない。つい数週間前の菅の支持率はそんなもんだったような気がする。

0 件のコメント:

終わりと始まり

安倍政治が終わった。菅政治が始まる。「同じ穴のムジナ」の終わりと始まり。   ポーランドの詩人、ヴィスワヴァ・シンボルスカが書いた詩にこういうのがある。   “戦争が終わるたびに    誰かが後片付けをしなければならない    何といっても、ひとりでに物事...