2020年12月30日水曜日

年の終わりと年の始まりと

 

2020年が終わり、2021年が始まります。

今年はコロナに始まり、政治家は自分の言葉を持たないことを実感しました、首相は紙を読むだけの“操り人形”に過ぎないことが明らかにされました。

コロナ禍が浮き彫りにしたのは「政治家は最悪」という事実です。

 

安倍は「嘘」と「言い訳」に終始する政治家の風上にも置けない醜い政治家でした。菅は「その任に非ず」。権力欲の亡者にしか見えません。

 

コロナ禍を差配する力量もこれなし、政治倫理、政治哲学も持たずその地位に鎮座している「裸の王様」。

安倍は悪あがきに終始している。この期に及んでも。

 

今、この国が一番苦しんでいるのは「コロナ」という厄災です。

武漢の第一報が入ってから、即座に対応に乗り出すべきでした。

ところが、「経済を回す」という悪魔のささやきに乗り、春節の中国からの観光客をやすやすと受け入れていました。

ダイヤモンド・プリンセス号の乗客を“クラスター状態”にしてしまいました。

 

事の重大さに気付いても後の祭り。

 

防疫や感染症に対する危機感がなかったのです。

 

禍の芽は小さいうちに摘め。

 

台湾もニュージーランドも島国です。“鎖国”を決断すれば島国の日本はウイルスの侵入を阻止できたのでは・・・。

 

検査に勝る治療なし。今もって「PCR検査」はその体制含め、不備のままです。

盟友羽田 孜の長男が感染して急死しました。国会内の診療所では対応できませんでした。

 

コロナはやたらとカタカナ語をつれてやってきました。言葉の感染症とでも言えばいのか。

ウイズコロナ・アフターコロナ・ステイホーム・ニューノーマル・おーば^シュート・ロックダウン・ソーシャルディスタンス・テレワーク・パンデミック

 

 

こんな言葉が我々の生活の中に根付こうとしている。専門用語が日常用語とされる。忸怩たる思いです。

 

日本語では三密。どこへ行っても「密を避ける」。「密」は秘密の密とも読める。

安倍に始まって政治家の特権意識とカネまみれ

 

安倍政権、菅政権はコロナと経済を回すことを両立させようとしました。

コロナを早期に終息に向かわせたら、自然に経済はまわるのに。

 

二兎を追うもの一兎も得ず。

 

「静かな年末年始を」と菅は訓示を垂れる。

政治は“常在戦場”、国民に求めるだけで、国会は開こうとしない。

誤った政治の在り方です。

 

医療崩壊は現実のものとなってくる。

コロナの死者より多い自殺者。

非正規社員の首切り。生活苦。

富者はより富み、貧者はより貧困に。

 

資本主義の矛盾をコロナが露呈した・

 

“去年今年(こぞことし)貫く棒の如(ごと)きもの”

高浜虚子の句。

 

去年今年という時間の区切りを超えてあり続けるものを「貫く棒」に例えた。ている。

 

来年は、と言っても明後日だが、新聞の一面トップをどんな記事がかざるのだろう。

コロナは衰えを見せない。多分東京は1000人を超える罹患者となるだろう。

 

ワクチンは4月。

7月からオリンピックを予定通り開催すると菅は断言している。

早い方が良い。中止の判断を下すべきだ。アスリートのためにも。

これ以上コロナの感染者を増やしてどうする。

GOTO再開。お得感という人間の欲望を刺激する愚策。

 

政治音痴にも程がある。

 

コロナは変異しているようです。やっと「入国制限」に踏み切ったが、すべてが後手後手なのです。

 

菅政権を倒閣するのは野党だけの力だけではない。

自民党の若手に是非立ち上がって貰いたいのです。

 

自民党の歴史の中では常に自浄作用が働いてきました。

それが無ければ「亡国」を覚悟しなければなりません。

 

折を見て来年も筆をとります。今年最後の妄語でした。

2020年12月6日日曜日

「言葉」の無い国

 

菅が二回目の記者会見に応じた。

案の定、空虚な会見だった。安倍のようなプロンプターは使ってないが、冒頭発言も手元の紙の棒読み。読むことに「全集中の呼吸」。

相変わらずの「出来レース」の記者会見。

幹事社の質問は先刻ご承知。答えは紙を読み上げるだけ。

内閣記者会と首相との記者会見は記者会側が主催することになっている。

しかし、実態はどうか。

政府側というか、官邸官僚の差配のもとに事は進行する。

代表質問をする幹事社の質問内容は官邸官僚のもとに差し出し済み。

答えは紙になっている。

幹事社以外の質問は挙手した人の中から広報官の女性官僚が指名する。

その人の質問も予め提出済み。菅はよどみなく紙を読む。

そして、時間切れでセレモニーは終わりを迎える。

 

空虚で無駄な記者会見。

 

外国特派員協会か日本記者クラブの会見に任せるとするか。

 

この八百長会見の中でも「菅語」が連発される。本題には踏み込まない。

「人事に関することですからお答えは差し控えます」。

 

一人一問と制限をされているから、菅の言うがままに終わる。

 

安倍政権時から何度も見せられていた光景。

菅の政権公約には「前例踏襲を止める」というのがあったようだ。

記者会見のあり様はまさに前例踏襲なんだけど。

 

コロナはその猛威は依然衰えない。

ウイルスは勝手に“一人”“では移動しない。

国は「不要不急の外出」を避けろと要請する。

不要不急という定義がさっぱりわからん。

片やお国は、そこにどんな利権構造があるのか、GO TO トラベルというキャンペーン張り、人間の「お得感」なるものを刺激して旅行に。手荷物とともにコロナウイルスが旅をする。

医療崩壊、それを防ぐには人の移動を止めさせることだ。

やっと、日本医師会も東京都医師会も、政府の諮問機関のような”分科会”の尾身会長もGO TOの中止を迫る。

国家はそれを是としない。規模を縮小して期間を延長して”愚策”を強行する。

 

 

旅館業を支援することにはなるだろう。観光地の商店も人の賑わいでいくらか売り上げ減の地獄から逃れられるだろう。

 

昔、諺で習った。「二兎を追うものは一兎も得ず」。

コロナ対策と経済とは同時並行には成り立たない政策だ。

 

国は、また補正予算を組めばいい。コロナに特化した予算。

医療機関の真摯な支援、経済対策ならその予算から支援金をだせばいい。

 

紙を読んで「人命第一」という言葉からは何もつたわらない。

 

バカバカしいことを書く。病院はひっ迫しているのに、贈収賄の恐れがある吉川元農相は「不整脈」と言って入院する。かつては「睡眠障害」と言って入院した安倍側近もいた。コロナ病棟とは違うが、大病院が「避難先」になって居る愚。入院する方もさせる病院側もだ。

 

紙芝居が得意な小池の姉御は5つの「小」を守れと言った。少人数で会食することを「小食」と言った。「孤食」の境遇にある人はいる。少人数で会食することを、それを我々は「少食」(しょうにん数の食事会)という。

 

「言葉を生でしゃべる能力が不足しているのが安倍さんと菅さん」。

ある識者がこんな表現をしていた。

菅にはさらに「コメントを控える」という逃げ口上が身についている。

 

自分の言葉でしゃべり、識見をのべるのが政治家の資格なのに。

 

「黙食」の記憶

  敗戦後,転々と居が変わり、落ち着いたのが初台の家だった。 食糧事情がやや良くなり、一家は丸い卓袱台を囲んで夕餉をとっていた。 “家長”は祖母だった。 「ご飯は黙って食べなさい」が家訓のように言い渡されていた。 隣に座っている弟は奇妙な特技の持ち主だった。 ...