2015年9月26日土曜日

民主主義の原点は“フクシマ”にあったということ

民主主義という考え方、その理念。その嚆矢が明治時代の自由民権運動にあったと捉えるならば、その運動を提唱したのは板垣退助であったが、それに賛同、共鳴した若者たちの多くに、戊辰戦争で敗れた会津藩を擁する福島県人が、その主要な地位を占めていたとういうこと。

今も国会前を含め、「民主主義」を言う人たちが集っているのを見聞きする時、「3・11」を思い、その後の展開を思い、民主主義というものが、それまで考えてもみなかった人たちに“覚醒”させるもととなったのは、あの原発事故であり、その後の反原発運動であり、特定秘密保護法の事であり、今回の集団的自衛権、“違憲立法”、議会制民主主義の破壊。

連日の如く、それこそ燎原の火の如く広がった、「安倍政権打倒」の声と繋がっていると思えて仕方がない。

浪江の苅宿仲衛、三春の河野広中、会津の山口千代作・・・。県令三島によって弾圧された喜多方事件・・・。福島自由新聞の編集顧問を務めた高知の植木枝盛。「国というものは単位が小さければ小さいほど民主主義が徹底できる」との思考、中央集権の排除。彼らの“思想”でもあった。

苅宿仲衛の墓は3・11で倒壊した。浪江には放射能が降った。墓がどうなったのか・・・。

久しぶりで原発事故後最大の避難所だったビッグパレットに不自由な体を運んだ。
そこは何度でも言うが、人間の尊厳が全く存在しない場となっていた記憶。

基本的人権など全く存在していないような場所。そこで人々は耐えた。

多くの流浪の民がいる中で、国は原発再稼働の方針を決めた。
民主党政権だった。

官邸前、国会前は連日のようにデモがあった。
でも、その抗議集会やデモは政党色の強いものだった。社民党や共産党が前面に出た。主導していた。
そこから派生した集会やデモが郡山でもあった。政党や労組主催の。なんとも「チンケ」なものだった。

しかしだ。あの時国会前で声を挙げた人たち。
「3・11」の不条理さを経験した若者たち。
突然住んでいたところを奪われてしまった人達がいると言う不条理。
「原発」というものへの根源的矛盾。

どこかでそれに向き合うべきことを、皮膚感覚で悟っていた人たち。「福島」を心に刻んだ人たちの視点は国と言うものへの“監視”に向いた。

「3・11」を経験した人たちは、事故そのもだけでは無く、その後の国と言うものの対応を知るにつけ、政権が交代してからも、より強力に押し付けられる「不条理」に抵抗することを選択したのだ。

国会前のデモ。それは国会と言う国の在り方への抗議だったのだと思う。
集会に野党の党首が加わった。彼らは市民の声に飛び乗っただけなのだ。

市民の声を政争の具としようとした魂胆だって見て取れる。
政治の動きは、また、それをしたり顔で伝えるメディアもだが、市民の感情と同一化されていない。

国会議員がいう民主主義は、まだまだ未成熟だ。

だから原点としての自由民権運動を言い、福島を言うのだ。比較的身近にそれを“体験”したものとして。

偉そうなことを言うわけではないが、フクシマを知ると言うことは民主主義を知ると言うことにつながるのだとも。

安倍政権は完全に「福島」から逃げた。口先だけで票にしようとした。安保法制だって同じ構図だ。

自由民権運動は数ある弾圧の中で潰えた。平成の自由民権運動、民主主義を取り戻す運動は決して潰えてはならないとも思う。

2015年9月23日水曜日

「日本人は忘れっぽい民族だ」という“ウソ”

なんだか知らないけど秋の連休もそろそろ終わり。連休前にあったあの国会の混乱。安保法制なるものをめぐる様々な動き。

一部の新聞や識者と言われる人達は書く。言う。
「日本人の国民性は“忘れやすい”」と。

テレビの中からあの安保法制のこと、議会制民主主義の崩壊、憲法無視、違憲立法、民主主義への立法府の離反・・・。それれのことが徐々に消えていると。

どこか原発事故後の福島のこと、津波被害の東北のこと。それらを「風化」という言葉で括って訳知り顔に語っていた人たちの在り様と似ている。

たとえば、たしかにボランティアの人たちの数は減った。当然だ。自分たちの生活だってあるのだから。でも、あの時東北に寄せられたボランティア精神はこの国の市井の民には根付いた。この前の豪雨被害がそれを物語っている。

忘れるということと風化ということは違うかもしれない。どこかでは同じだ。
決して忘れない人たちはいるということだ。

テレビのワイドショーやニュースなどの安保法制や安倍政治を論じる時間が少なくなったということを指して忘れっぽい民族だと言っているのだろう。
誰も忘れてなんかいないよ。まともなメディアの人間なら。
伝えなければならない出来事が新たなことが出てきたからそれにシフトしただけだ。

したり顔に「忘れっぽい人間性」などと言うのは、まさに安倍政権の意向に沿った“マインドコントロール”に等しいのだ。

「連休を挟めば国民は忘れる」。そう大見得を切った政権の人たちと軌を一にしようという策略だ。

忘れて欲しい人、忘れさせようとする勢力が「忘れっぽい民族だ」などと言ってのけているだけだ。

テレビや新聞の”内容“だけを”傾向“だけを論拠に、国民性を決めつけないでくれよ。

人は、本心、傷つけられたこと。自分が考え抜いて、真剣に考えて、身をそぐように考えたことを忘れるわけが無い。

もし「忘れる」人たちがいるとすれば、それは上っ面を舐めた適当な人だけだ。

心に刻まれたことを忘れるわけは無いのだ。

目立った行動をしたり言動を取ることだけがあの「安保法制問題」を言っていることではない。

心底、安倍政治に疑問を感じ、反対した人は、忘れるはずはないのだ。
広島がヒロシマを忘れないように。長崎がナガサキを忘れないように。沖縄がオキナワを忘れないように。

国会が終わっても、安倍政権に対する反発は止むことはないだろう。安倍政治の異を唱える人が減るわけも無いのであり。

70年前を忘れ、それが無かったようにして政治のままごとみたいなことを平気でしているのは当事者である「安倍一族」だけなのだ。
「忘れっぽい性格」は政治家だけなのだ。

醜悪な政治の記憶と連休の楽しい思い出とを混同してくれるなよ。

しかし、「忘れさせたいメディア」が現に存在し、日本人の国民性を知ったかぶりで植え付けようとしていることの哀しさよ。

少なくとも、あの時、黙っていられなくて国会前に集めった人達は何もわすれてはいない。日常の生活に戻っても、いや、戻るのが当たり前なのであり、それは「忘れる」ということでは決して無いということ。

2015年9月21日月曜日

勝ってはいない、まして負けてなんかは。

“安保法案”が参院の委員会で強行可決された夜、50代の友人の一人からメッセージが送られてきた。ある会社の役員。代々自民党員だった家系。


「私は自民党員をやめようと思います。私ごときがやめてどうということはないでしょうが、私は許せない。次の選挙で自民党は大敗すべきだ。でも、代わりに政権を任せられるところもない。
日本は美しくなくてはならないのですよ。でも、今回は醜い。今夜、若者10人くらいと飲み会がありました。後半、安保について語ろうと話しました。そんなとこでしゃべったってどうにもならないけど、大事だと思ったんです」。

しばらくの時間、パソコンを介して彼と“会話”した。

もう真夜中になっていた。「遅くまでスミマセン。誰かに話したくて」と彼は書いてきた。

世論調査はともかく身近にあった一つのこと。

安倍政権、安倍支持層には「勝った、勝った」という声がある。何に勝ったのか。国会の中での野党の反対に勝ったということなのだろう。

果たして、安倍自民や公明党は、金魚のウンコみたいにすり寄った政党は「勝った」のだろうか。

全く勝ってはいない。

政治が民意と離反したという現実。
1人の自民党員を失ったという現実。

それは安倍自民の“敗北”を意味している証左だと思う。

安保法が成立したあと、安倍は別荘に行き、ゴルフに興じた。マスコミは英気を養うだとか、改造人事の想を練るとか、相変わらずの古臭い言葉でしたそれを伝えない。

ゴルフに興じる彼の姿は、その心中は、現実からの逃避としか映らない。法案成立を受けて、それはもともとありえないことではあったものの、翌日からでも、「国民に対しての丁寧な説明」をするのが、普通の総理大臣だ。かりそめにも“民主主義”を口にするなら。

集団的自衛権の行使。それは戦争になったら必ず勝つと言う”妄想“のもとに成り立っている。戦争は負けることとてある。
「抑止力」があれば戦争は起きないのか。そんな保障はどこにも無い。

ベトナム戦争。アメリカは負けるはずの無い戦争で負けた。いかなる兵器も、いかなる勢力も、農民兵や民衆の蜂起には勝てなかったのだ。

あの国会の論戦、質疑は、何だったのだろうかとも思う。

国会の中では多数が勝に決まっている。阻止できるなんて言っていたのもまやかしだ。

国会前で連日繰り広げられていた抗議行動。若者が声を挙げ、親の世代もそれに加わり、いや、そのまた親の世代まで。
成立を阻止できなかったことは断じて負けでは無い。キミたちは負けなかったのだ。

香港の傘革命、アメリカであったウオール街占拠、ちょっと前のアラブの春運動。いや、ベルリンの壁崩壊まで遡ろうか。
民衆は、その時の結果はともかく、負けてはいなかったということ。
それらが無ければ、今度の国会前行動のような路上民主主義は無かったということ。


「一国の国民は普通、自分たちの平均的レベルを超える総理大臣を持つことは出来ないし、また、一国の政治が、総理大臣の器量を超えることは無い」。
古いノートにあった、イギリスの哲学者ジョン・スチュワート・ミルの言葉だ。
ミルはさらに言う。
「国家の価値は、結局、これを組織する人民の価値である」とも。

自民党員をやめると言ってきた友人に19世紀に放たれたイギリス人の学者のこの言葉を贈る。

2015年9月17日木曜日

「面倒くさい」のが民主主義なのだ。

きのうからきょうにかけて国会は混乱している。まことにみっともない光景だ。
国会の強行採決。何度もその場にいた。冷めて言ってしまえば見慣れた光景と言えることなのだが。

「国会は男を女に変える以外は何でも出来る」。昔、乱闘国会などの呼び名があったころのある有名な政治家の言葉だ。

かつては強行採決にあたっては与野党の間で、”筋書“が書かれていた。時には自党をだますくらいの高等戦術もあった。政治家同士のやりとりではなく手練れな、先例や慣例を熟知している国対職員の手によってシナリオが作られていた。

今、それがあるのかどうかわからない。仮にこの「安保法案」、憲法違反の法案が“シナリオで進められているとしたら、雨の中、大げさに言えば、命がけで抗議行動にはせ参じている「普通の国民」にあまりにも申し訳に事なのだが。

ここ数日、抗議行動の様子を見ながら、国会の様子を見ながら、あらためて民主主義ということを考えてきた。

国会の在り様も含め、民主主義とは制度も含めて何なのかということだ。

多くの国民は、民主主義の中に身を置いていると思っていた。或る時、それの間違いに気づいた。
憲法のことだって多くの人が、「あるべきもの」とした感覚の中に埋没させていて、殊更それを考えることもしなかった。

安倍の所業や言動によって、国民は、それぞれが己の怠惰に気づき。覚醒させられたのだ。無知な国民、衆愚の道から脱皮することを選んだのだ。

議会制民主主義、それは民主主義と言うことの単なる一つの制度だ。多数決の原理なるものにしても、選挙制度の問題にしてもだ。

国会での多数、与党と称される人たち。それは選挙制度のマジックの中で誕生したものであり、国民の意志を代表、代弁したものではないのだ。
民主主義を遂行するということは面倒くさいことだ。まやかしの国会であろうとも審議に時間をかけ、熟議の場を設けるという面倒さが要求されるのだ。

面倒くさいプロセスをたどるから、だからこそ民主主義には“価値”があるのだ。全体主義的、独裁主義的思考の持ち主である“最高権力者”の意のままにならないのが民主主義なのだ。

面倒くさいことを考え、自分の考えに立脚して行動する、立脚する。それが時間のかかる面倒な民主主義の中での民意なのだ。

公聴会で「個」を訴えていた23歳の学生。彼なりに考えつくし、学んだ上での結論だ。

民主主義によって選ばれた、代議制の中で誕生した議員は、彼が国会の場で言った「個」ということに耳を傾けなければならない。政党政治は何なのかと言うこと。党議拘束に縛られると言うこと。権力者に“盲従”すること。それが恥ずかしいことなのか正義なのかを考える機会を若者が教えてくれたと受け止めるべきなのだ。

どうもあの最高権力者は面倒くさいことが大嫌いなお方のようだ。
自席からの野次や国会の中での立ち居振る舞いからみてもそれはすぐわかる。
国家があれほど嫌いな国会議員を見たことがない。軽視とか蔑視とかでもない。
議論をすることが嫌いな人なのだ。出来ない人なのだ。
誰かが書いた紙を読み上げなくては答弁一つできない人なのだ。

聞いていると、安保法制の中身を一番知らない、理解出来ていない人の筆頭が”提案者“であるという、笑えるくらいの哀しくおかしな現状。そして余りにも知識に乏しい。

先日、「蓋然性」という基本の概念を問われて答弁席で立ち往生して、薄ら笑いを浮かべていたあの人の姿。指導者でもなんでもない男の姿だったのだ。

国民の多くは、「面倒くささ」がわかっている。だから日常を振り捨ててでも、その場にはせ参じる。

数日前の新聞記事にあった。「我々が最も恐れるのは人々の熱狂だ」。自民党の幹部の言だと言う。そう漏らした幹部だとて、熱狂に目をそらせて、「安易な道、付和雷同、何も考えない、親方日の丸」の道を選択するであろうと言うこと。

2015年9月12日土曜日

“安全保障”とは・・・

きょう未明の東京の震度5弱の地震。そして10日以来の茨城、栃木、宮城、福島の豪雨災害。
異常気象がここ数年、とみに話題となっているのだが。

かつて政治の最大課題は、為政者がいちばんこころしたのは「治山治水」だったはず。しゃれにもならないが、数十年前、自民党本部は全国砂防会館の中にあった。

鬼怒川の堤防決壊による大水害。

堤防が決壊して濁流が街を襲う。住民は屋根に上がり、あるいは建物の上部で、あるいは電柱につかまりながら助けを求める。
自衛隊や海上保安庁、警察、消防のヘリやボートが住民を救助していく。

2日間、かなりの時間をテレビに費やした。テレビが映し出す光景は、あの4年半前の東北の光景そのものだったのだ。

家が建物が流されていく。夜通し、徹夜で救助を待つ。その他多くの光景。そして、突如失われた日常。あるべきものがそこから忽然として姿をけしてしまうということ。

あの「3・11」の光景が、連日テレビで見ていた光景の“再現映像”だ。

自衛官たちは、その使命感に支えられて必死の救助をする。ヘリから助け出す作業。相当の訓練を積んだものでなくては出来ない作業。

助けられた人は一様に言う。「やっと安心できました」と。

災害と安全、安全だというハードの問題。安心と言うソフトの問題。

国民生活を守り、国民の幸福な生活を守る。安保法制論議で枕言葉のように言われていること。
国会での安全保障とは軍事のことだ。戦争の事だ。他国からの攻撃ならまだしも、集団的自衛権の名のもとに“他国の戦争”にも首を突っ込む。

日々の安全保障。まさに「安全」という言葉の、概念の捉え方。政治家と市井にの民との間には、その認識に齟齬がある。

自然災害が一瞬にして国民生活の安全を崩壊する。
そのことを政治はどうとらえようとしているのか。

命は助かった。その後の生活は・・・。安心が不安に変わる。
自然災害によって国民生活が脅かされている。安全が確保されない。そこにどんな安全の保障があるのか。

田畑が濁流に呑み込まれた。そこで生産されるはずだった、実りの秋を迎えて、収穫の喜びがあるはずだった。幸福な日常は奪われた。

甚大な被害を受けた穀倉地帯。それは食の安全保障の問題でもあるのだ。
住宅復旧、農地の復元。まさに不可能に近いのだ。
政治の壁や、地方自治体をとりまく環境は“国際情勢の変化”よりもっと身近な問題だ。極論すれば生存権が肯定されるか否定されるかの問題だ。

国会では安保論議に花が咲いていた。自然災害は“他人事”であったかのごとく。

食の安全保障。天明の大飢饉をも脳裏に浮かぶ。

今、飢えに泣き、明日からの生活に泣く人がいる。

復旧。莫大な金額が必要だろう。東京オリンピックなどという華やかな祭典の問題どころではないはずだ。

民主党政権が崩壊したのは、大震災への対応を“間違えた”ためだ。原発事故をめぐり混乱だけを生んだためだ。
自然災害が内閣の命運を決めることもある。
栄華を誇る安倍王国だとて、明日からの対応いかんでは“決壊”することだってありうるのだ。

しかし、この国においては、重ねて言う。それらの大参事があろうとも、あったことは知ってはいても被害者や関係者以外は「他人事」なのだ。あわよくば被災者さえも選挙の具とする魂胆さえみえかくれする。

国会議員にあの自衛隊員ほどの覚悟や使命感は全くない。今、その地位にいる彼らが権力を多少なりとも持っているのが、この国の哀しい現実と思えてならないのだけど。

自然災害からの安全保障、食の安全保障。水というものへの認識。考えなおさねばならないことはたたあるはずと思量するのだが。

2015年9月9日水曜日

「18歳」に思うこと。

毎月書いているコラムの7月号に「18歳」を考えるということを書いた。
発端は選挙権。選挙権が18歳に引き下げられることになると言うことから始まって、成人とはなんだというような感想だった。

長年、我々の感覚の中には20歳と言う年齢が成人と未成年という区分けの中にあり、いわば大人と子供の“線引き”としてあったのが20歳。

先日、自民党の部会の中で、飲酒・喫煙年齢を18歳に引き下げようと言う議論があった。結論は持ち越しだったようだが。
それが、選挙年齢に付随しての事だとすればやはり違和感がある。

選挙権の事は政治論議であり、飲酒喫煙は健康論議なのだから。ベースが異なっているのだから。

その自民党の議論を受けて、18歳の青年が言っていた。
「要するに年齢を引き下げて、タバコ税や酒税を若者からも取ろうというころでしょ」と。
それを聞いた自民党の部会長が思わず言った。
「そんな発想は我々には無かった」と。

そうなのかもしれない。議員さんにはなかったのだろう。しかし官僚の中には税源としてあったことなのかもしれない。それを18歳の若者は見抜いていたということだ。
鋭いな、若者は。

戦争法案反対を叫び、憲法を守れと訴え、安倍内閣打倒を言う若者。官邸前や渋谷や全国各地に広がった「シールズ」主催のデモ。
その一角を「18歳」が担っている。
彼らに突き動かされるように、その親の世代や、祖父母の世代までもがその行動に参加している。

与党にとってすれば、ある意味“見下していた”はずの世代が、政治に無関心だと思っていたはずの18歳が、そこまで動き、事の要諦を把握し、声を挙げるとういうことは、それこそ「我々にはなかった発想」だったのかもしれない。

安倍政治の“愚行”を18歳が暴くとは想定外のことだったのだろう。
安倍政治の”愚行“は18歳を目覚めさせた。その18歳が眠れる大人を覚醒させた。そんな思いがしてならない。

たぶん、“凡庸”な国会議員よりも、その議員たちが“具”としようと考えた18歳の方がはるかに優れていたということになりはしないか。

帰還問題でゆれる福島。全町帰還を決めた、それが、数はともかく、実施されている楢葉町。そこでも「18歳」はある意味主人公なのだ。

彼らは「伝える」ということの意味を知っている。

冒頭のコラムにこう書いた。
「少なくとも18歳に“選挙”という大人の権利を与えると言うことだ。権利は与えられるものだけでいいのか。それは20歳以下の若者が熱望して獲得した権利ではない。大人の政治家がそれぞれの“思惑”があって決めたことなのだ。

「与えられた権利」と「勝ち取った権利」。喫煙・飲酒を権利だというつもりはないが、どこか民主主義の在り様とも似ているような気持ちがして。

2015年9月4日金曜日

どっかで「たが」がゆるんでる

「たが」。漢字で書くと箍。
たがが外れる。たがが緩む。ひらたくえいえば「たるんでいる」とでもいうことか。桶の枠組みを固定していた輪の状態だ。
締め付けて形を維持していたものがなくなり、それまでの秩序が失われることと辞書にはある。緊張が解けて派目を外すという意味も書かれている。

今、政治もその哲学や理念、ありかたについてまったくタガが外れ緩み、この国を支えてきた立憲主義という概念から枠が外れ、憲法という”締め付け“を無い物とし、戦後かろうじて維持されてきた”秩序“が失われつつあるのだ。

政治の場でもその関係性は然りだ。
東京オリンピックのロゴマークの迷走。意味不明のような競技場の建設問題。

責任と言うことを言うなら、それははっきりしているのに、それをどこかになすりつけようとばかりしている。

あの「招致決定」のIOCの発表があった時から言っている。
「東京オリンピックは返上すべきだ」と。
それが、日本人としての日本人らしい潔さだと。
オリンピックに血道を挙げ、多額の金を投じることに何の意味があるのかと。
オリンピックの前にやらねばならないことがあるというのに。

やらねばならないこと。その一つの大きなものが原発事故の後始末だ。あらゆる意味での後始末だ。

後始末は多岐にわたっている。もはや、何を語ればいいのかもわからないくらいだ。

4年後の、2巡目の甲状腺検査では新たに25人もの”患者“が出た。医者の見解もまちまちだ。そのことに政治は介入すべきではないにもかかわらず、なんか意図的なものも感じる。それは見解の言葉遣いの問題ではないはず。

サブドレーンの汚染水をろ過、浄化して海洋放出の準備が進んでいる。そんな中、1F構内では、またも冷却装置の故障。

どこかで作業の中にタガが外れているのではないのか。緩んでいるのではとも。

そして、またロボットが投入される。それに頼るしかないのだが、いつもその結果は心もとない。

中間貯蔵施設。試験輸送は始まった。しかし、その施設は全く持って完成してはいない。フレコンバッグは無くならないのだ。

今日と言えばいいのか明日と言えばいのか。楢葉町では全町の避難指示が解除される。
それを待ち受ける町民や周辺住民の「複雑な人間模様」。

指定廃棄物の処理場を巡って、地元と国との間の齟齬はより激しくなっている。
今さら、今頃いうのもなんだけど、中間貯蔵施設を国の責任でどこかに作るなんて嘘八百だ。

なんだろう・・・。上手い喩えは無いが“虚飾”にまみれたオリンピックを一つのメルクマールにして、“フクシマ”が動いている、動かされているの感ありなのだ。

この国の中で、さまざまな分野でタガが緩んでいる。外れている。
それを締め直す人はいない。

なんとなく思うことの少々を列挙。

そして、タガが外れてしまったような我が身、我が頭脳・・・。

いろんな意味で「リハビリ」という言葉が重い意味を持っているようで。