2015年12月10日木曜日

日常に横たわる死

なぜか昔から、葬儀の場に赴いた時、それは死者との別れの儀式ではあっても、
それは生者の儀式のように思えてならなかった。
葬儀の間中、「死」について考える時間を与えてもらったと受け止めていた。
何回、「死」について考えて来ただろう。

メメント・モリとしての告別の儀。

このところ相次いで知人の訃報に接している。
12月に入ると送られてくる“喪中葉書”。多くは友人の親、つまり90歳代や100歳を越えた人のものではあるが。

過日は同年の人の訃報が家族から送られて来た。家族葬だったという。
昨日、友人の兄が亡くなったということも聞かされた。同年の方だ。尊敬に値する仕事、生きざまを見せてくれたような方だ。

たまたま最近、毎月の連載コラムに「死について」書いたばかりだった。死者と生者のこと。死なれて・死なせてということ。

毎日、どこかでは、見知らぬ人が死んでいく。テロのより、あるいはテロにまつわることで、子供も含め多くの人の命が失われている。

死者と生者の間に“存在”するものは何か。

誰しも、必ず死を迎える。それだけは「絶対」なことだ。

そして今日、野坂昭如が亡くなっていたということが報じられた。
彼の書いた本はそこそこ読んだ。
テレビでの“過激”な発言もずいぶん聞いた。
田中角栄に対抗して新潟から選挙に出た時は、理解を越えた行動に思えた。

3・11後、その翌年だったか。彼が戦争について語った時がある。
戦前派でもない、戦中派でもない、まして戦後派でもない。焼け跡派だと自分を位置付けていた。

闇市の中で育ったと位置付けていた。戦争によってすべてのものが失われたとも。
そして、「少しは戦争を知っている身としては、あんなバカげたことは繰り返してはならない」と語っていた。
テレビでは「空気を読まないとこの国では生きていけない」と喝破し、「だから、空気を読まない、そうしないと自由に生きていけない」。そんな趣旨のことを言っていた。

戦後70年が終わりを告げようとしているこの時期。戦争を知っている人たちが、だんだんといなくなっていく・・・。

死とは何か。そんなことをしばし考えることになるだろう。
そして、岐路に立つ日本を語れる人も少なくなっていく。それをどう考えればいいのか。

漠然と時々思う。死者は生者のためにあるのではないかと。死とは生への橋渡しではないのかとも。

またこのブログ、投稿にいささか間があいた。それを懸念してくれている人がいた。
たぶん、連日の記載は無理だろうが、自分の消息を伝えるためにも、生きているという「証」のためにも、たぶん、死ぬまで続けなければならない作業なのだろう。

そんなこんなの冬枯れの日。

2 件のコメント:

須田隆行 さんのコメント...

お晩です。野坂昭如氏の訃報に接して、氏が熱烈な吉永小百合さんのファン=サユリストだったことから、先日12月8日の河北新報の記事を思い出したので書いてみます。この新聞に「声の交差点」という読者の投稿欄があるのですが、その中で、64歳の女性会社役員の方が書かれたものです。少し長くなりますが、ぼぼ原文通りかいつまんで写し書きします。
"先日、あるテレビの報道番組に女優の吉永小百合さんが出ておられ、おっしゃっていました。・・・福島第1原発事故後の状況に関して、自分の無知を恥じ「もっと声を出して、非核を言って行かなければいけない」と訴えられました。そして「武器を持たないことが積極的平和主義だと思います」と結んだのでした。なのに、安倍政権は、国民の大多数が反対、もしくは審議にもっと時間をかけるべきだと言っているにもかかわらず、安全保障関連法を強行可決し、集団的自衛権の発動を可能にしました。今までとは全く逆の方向へ、米国と共に戦争をする国へと日本が進んでいきつつあります。私も強く言います。「平和は武力では得られない」と。"
私は、この投稿を読んで、イギリスの作家、ジョージ・オーウェルの小説を思い出しました。小説「一九八四年」の中で、未来の恐怖政治の世に掲げられるスローガン。「戦争は平和である」「自由は屈従である」「無知は力である」
私が これを読んだのは、大学生時代だった。こんなおかしな世の中になるとは思いもしなかったのに、ふと気が付けば冗談では済まされない今の世の中です。だって、この国の政治家の独善の言葉遣いにおいては、右も左も、善も悪も、戦争も平和も、いかようにも自分たちが信じる結論に持って行かれてしまうのだから。吉永さんの言った「武器を持たないことが積極的平和主義だと思います」というこんな当たり前の言葉の意味さえ、伝わらない、理解できなくなってしまう今の世の中。ほんとになんとかしなければ。
話は変わります。 先日、「杜人」という川柳誌の忘年会があり、私も参加しました。その折、山河舞句さんに、瀬川様のことをそれとなく尋ねる機会がありました。最近お会いになっているかどうかお聞きしたかったのですが、ズケズケと聞くのも憚られたものの、そうそうあのころ仕事仲間でね、三人で連んで酒飲んで悪ふざけしたもんだよ。お一人は早くお亡くなりになったそうですね。うん、中山ね。瀬川は同期なんだよ。あいつは塾をやっててね。ええ、ブログで拝見しました。と、忘年会の席ゆえ長く続く話ではなかったけれど、先生(私の川柳の先生です)は、そう話すとき何とも言えぬ懐かしそうな表情になられていたことを覚えています。私は瀬川さんのことをお伝えできて良かったと思いました。

亭主|瀬川 賢一 さんのコメント...

須田さん
ありがとうございます。
吉永小百合は中学の後輩でした。時期はちょっとずれていますが。彼女のお姉さんが新聞部の先輩で時々彼女の家に遊びにいっていました。
あまり可愛げのないこでした(笑)当時は。
彼女の中学の同級生からもあまりいい話は聞かなかったようです。
いつからか彼女を変身させたものがあったのかもしれません。

父上は映画関係の雑誌の編集かなにかをやっておられたようでした。

今の彼女の生き方には敬意をもっってもいます。

中山さん、山河、自分。社は違う同級生。楽しい時期でした。
中山の早逝、つらかったです。
よろしくお伝えください。