2016年4月27日水曜日

自然に「意志」はあるか・・・。

自然に「意志」はあるか・・・。

またもや10日余りの「怠惰」となりました。私事はどうでもいいことなのであり、人に話すことではありませんが、言い訳と受け取ってください。

「熊本大震災」後、“奇病”に罹りました。
喉が常に咳き込んで、唇がすべての刺激を受け付けない。結果、食えない。身体中に湿疹のようなものが大量発生。特に痛みは無いのですが、倦怠感はなはだしく、まともにパソコンに向かえませんでした。

「人間だれしも、歳を経るごとに、細胞は減り、体力は衰えるものだ」ということを実感しました。まだ病院から正式な検査結果、病理検査の結果は出ていませんが、今のところの医師の見立てでは、何らかのウイルスが喉に付着し、免疫力の低下もあって、皮膚に影響をあたえたのではなかろうか、ということです。

毎日がステロイド剤の点滴生活でした。入院こそしませんが、毎日、半日くらいの点滴。

「人間だれしも病気にはなる。でも病人になってはいけない」。東京のある大学病院の循環器センターの医師が患者向けの院内紙に書いていた言葉です。

山田洋二のドラマにこんな一節がありました。

「生きるってことは、自分の中の死んで行くものをくいとめることなんだ。気を許しちゃあ、すぐ魂も死んでいく。筋肉も滅んでいく。脳髄も衰える。
何かを感じるか、人の不幸に涙を流すなんて能力も衰えちまう。それをあの手、この手を使って食い止めることよ。それが生きるってことよ」。

東日本大震災のあと読んだ本の中に、「星」を題材にしたものを2冊読みました。
「暗い夜、星を数えて~3・11被災鉄道からの脱出~」。彩瀬まると言う人が書いたもの。
「そして、星の輝く夜がくる」。真山仁と言う人が書いた本。

そう、たしかに、あの大震災の後、あの夜、月が闇夜を照らしており、星が輝いていた記憶があります。

大震災、大津波を起こした自然。それを“天罰”だと豪語した東京都知事。

原発事故の遠因ではあったかもしれませんが、原発事故はまさに「人災」です。

自然には意志は無い。そう思いました。あの年の春にはいつもと同じように桜が咲き、草花も芽を出していました。

熊本地震では多くの人が、度重なる余震に脅え、飼っている動物のこともあったり、子供のこともあったりして、駐車場に車を停め、車中泊、車内生活をする人が多く見られました。狭い車内での生活。いわゆるエコノミークラス症候群に陥る人も多く伝えられています。

起居出来るテントや間仕切り施設。それは「防災必需品」としてあるはずなのですが。ポータブルのトイレだって、大都市の公園の地下には数多く“備蓄”されているはずなのですが・・・。

それが「支援物資」として熊本に送られたという話は聞いたことがありません。個人個人の支援や、ボランティアだけでは、増して、備えの無い地方自治体では解決できる問題ではなにです。被災地は被災地での“自己完結”が求められているとうことなのでしょうか。

そしてボランティアにはボランティアへの「自己完結」が求められているのでしょうか。

事情はつまびらかにしないものの、間尺に合わないことが多すぎる気がするのです。

車中生活を選択した人がこんなことを想ったそうです。

自然に目が行くようになった。昼間に鳴くウグイス、巣作りに励むカラス。夜飛ぶフクロウ。
“今まで時間に追われて気にさえしてこなかった自然の営み。それをいとおしく感じるようになりました”と言っていたということです。

地震は、被災者の暮らしと思考を一変させました。そこには、悲しみや絶望だけではない。自然とどう向き合うか。命とは何か。家族とは。そんなことをあらためて考えてみる“材料”にもなります。

新たになった被災者の「日常」はまだまだ続きます。

「3・11」と「熊本大地震」と・・・。

前回の投稿で「方丈記」をひきました。貞観地震をはじめ、これから予測される地震の数々。
地震列島の上に暮らす我々日本人。いや、エクアドルに見られるような地球規模の自然災害。

それらが多発している中で、やはり解けない問題、頭の中を駆け巡っている問い掛け。

「自然に意志はあるのか」。

自然と人間とのかかわりとはいかにあるべきか。
今日の熊本はまたも“無情の雨”と伝えられています。

「他人事」に過ぎるかもしれませんが、そんなことをも考えてしまうのです。

ステロイドの点滴がはずれ、ようやく飲み薬の生活になれました。喋れるようにもどうにかなりました。時間をかけてキーボードも打てるようになりました。

徐々に、徐々に・・・。全てが徐々に徐々に・・・。まだまだ続く「リハビリなる日々」です。

2 件のコメント:

TACO さんのコメント...

亭主さま、
頭、腹、皮膚とご難続きの昨今、ご同情申し上げます。
文章も、です、ます調になって・・・。
そのウィルスってどこから来たんだろう?
無理しないでのんびりと行きましょう。

亭主|瀬川 賢一 さんのコメント...

tacoさま
お言葉いたみいります。
なんだか周回遅れの厄年みたいで(笑)

まだ正式な検査結果はでませんが、なんらかのウイルスが咽喉に付着して全身に飛び火したのうではないかという医者の見立て。
目下は各所が痒くてたまりませぬ。
足腰また弱りました。リハビリに行ってきます。