2016年12月13日火曜日

歳の瀬に想うこと


歳月人を待たず・・・なんてことを言われるが、歳の瀬は、年末の日々は足早に過ぎて行くようだ。
その速さの中で、何を心にとどめておくか、それが問題なのだとも思う。

12月、あの8日があり、11日も当然あった。
真珠湾攻撃、奇襲。1941年12月8日(日本時間)。
「大本営発表、我が帝国陸海軍は米英と戦闘状態に入れり」。

宣戦布告と戦闘状態との時間差は・・・。奇襲攻撃といわれる所以。

日米開戦を阻止しようとした日本人、朝河貫一を思い、寺崎英成を思う。

僕は「あの時」すでにこの世に生を受けていた。

今、12月8日は何の日だ、と問われて真珠湾攻撃があった日。開戦の日だと即答できる人は少なくなった。
「忘れてはならない日」を無意識に「忘れている」ということ。

11日、ある集まりに出向いた。「一言挨拶を」と言われ、「今日は何の日ですか」と会場の人に問いかけてみた。
無言だった。

あれから5年9ヶ月ですよと言う。やっとそこで納得したような、はっとしたような声が会場を支配した。

瞬時にして多くの死者を出した日。
僕の知り合いはその「死者」の中には含まれてはいない。
しかし、そこに数の問題では無く、多くの死者がいたということを忘れてはいない。

死者の問題だけではない。福島にあった出来事。
「変わる」と言って「変わらない」ことを選択した「我らがニッポン」。

人は2度死ぬという。
命が断たれた時が一回目の死。そして忘れられた時が2度目の死。

日本は死ぬべきなのか、死なざるべきなのか。

歳末の慌ただしさは、人から「考える時間」をも奪うのだろうか。

考える、ということを考えましたか。むのたけじの言葉が胸に刺さる。

先頃来日したウクライナのノーベル文学賞受賞作家、スベトラーナ・アレクシェービッチはこんな事を言い残して行った。

「私が福島で目にしたのは、日本社会に“抵抗”がないということです。
人々が団結して国に対して、自分たちの悲劇を尊敬すべきだという形での”抵抗“が日本の社会にはない。”抵抗の文化“がないのです。

この言葉の持つ意味を考えている。

そして、「時代を追うこと、それは人間を追うことです」と言った作家としての言葉も。

幾つかの言葉を携えてこれから「塾」に向かう。
「言葉を友達に持とう」という寺山修司をも懐かしみながら。

歳の瀬に想うこと。何本か書いてみるつもりだ。

2 件のコメント:

北海道の響鬼 さんのコメント...

”長いものに巻かれる”文化の中に浸っている自分。公に本当の意味での抵抗という手段を、私は使った事がありません。
社会の中の自分という存在を考えること、それ自体、今まで深く考えた事は無かったです。
しかし、震災、原発事故。そしてこれらの経験を経た上での今の現状。
故郷がこんな姿になってしまった、国は、政治は一体何のためにあるのか?
そして自分はこれからどうしたいのか?
考えずにはいられないです。

亭主|瀬川 賢一 さんのコメント...

響きさん

抵抗というのは、必ずしも、デモに行ったり抗議行動に移ると言うことだけではありません。
自分なりに考えて、近くにいる人たちと話し合う。自分の意見をはっきり言う。それだって立派な”抵抗”です。
声を上げるというのもそういうことではないでしょうか。
いつもありがとうございます。