2008年12月7日日曜日

貧困を語る人達・・・

景気悪化。失業者の問題、雇用の問題。年の瀬を控え、洋の東西を問わず深刻化しています。


テレビも派遣労働者の問題を連日のように。明日はおろかきょうどうやって食うか。仕事が無い、生活出来ないって人たちの実態を追う。極端に言えば着たきりすずめのような。貧しい食生活、乏しいサイフの中身・・・。


そんなVTRが流れ、スタジオではキャスターや識者が語りあう。そう、たしかに大問題なんです。日本でもアメリカでもその他の国でも。コスト削減、企業生き残り。リストラという名の首切り以外に方法はないのか・・・。


深刻な問題を語りあうテレビの出演者。ひがみなんでしょうか、皮肉に物を捉えているのでしょうか。皆、良い服を着ている。男性も女性も。きらびやかな。年収どれくらいあるんでしょうか。衣装はスタイリストが用意したものって言えばそれまでですが、自前も多い。どうみても"金持ち"。その人たちが「貧困」を語る・・・。違和感あるんですよ。なんとなく。地味な格好した元派遣労働者なんて人が出てきて実態を語られると、ちょっとほっとする・・・。


"金持ち"たちの結論。政治、政治。たしかにその通りなんですが、なんか「政治」に丸投げしてるようで。要は、誰も解決策を見出せないってことか。政治も動きだしてはいるものの有効な手立てとは思えない。


増え続ける"失業"にはもう施策は追いつかないのかも。


"健全"な日本社会党が存在し、労働組合が"権力"を持っていた時代なら、こんなに失業者は出なかったのか。


冨は偏在し、貧富の差ってのは時代を超えて存在するもの。そうは百も承知の上で、映像が伝える語る人たちと実態との皮相・・・。


昨夜、ある経済セミナーへ。講師が語ってました。年末に向け失業者はもっともっと増える。倒産もかなり出そう。景気回復は早くても再来年だと・・・



0 件のコメント:

2018年の「秋思譜」

時代にそぐわないようですが、なぜか「西暦」が苦手なんです。 気が付けば21世紀も18年が経ったという事。 20世紀と21世紀では何が変わったのかということ。 1999年12月31日から2000年1月1日。日付を跨いだが月日はなんだらだらと過ぎているような気がする。つまりだ...