2009年6月12日金曜日

梅雨入りしたと言うけれど

東北南部も梅雨入り。おととい"宣言"が出されたのですが。昨日は午前中雨だったもののその後は晴れ。きょうも良い気持ちの晴れ。太陽が顔を出し。梅雨だからといって雨が降るとは限らない。先刻承知。ま、季節の到来を告げているようなものと。早くも今年も空梅雨なのかって民草は勝手に予想。


とりあえずは田んぼの水は枯れることもなく、カエル君達も元気そうですが、いまいち勢いないような。田んぼを鴨が闊歩している。悠然と。写真撮りたいけど近寄ってはくれず・・。時々道路を堂々と横断。「止まれ」と書かれた道路の字の上を鴨が歩く・・・。



鴨.jpg


 


見えますか。そこのけそこのけ鴨さんのお通りだい。(爆)。


雨が降らないかわりに空からは変なものが降ってきているようで。オタマジャクシや小魚。鳥が落としたとか竜巻が運んで来たとか。遠く石川県の話。この水田のオタマジャクシではないと思いますが(笑)。とかく自然現象と言われる物は人知を超えている。昔、落語にはあったそうな。不忍池で昇天した鯉の尻尾にぶらさがっていた魚が落ちて来たって話が。まさか空で蛙が産卵するわけでもなかろうし・・・。


天変地異とまでは言いませんが、梅雨に雨が降らないこと含めて、お空には不可思議な事がいっぱい。分からないことがいっぱいあるから人は空を見上げるのかも



0 件のコメント:

「平昌オリンピック」に思う事

オリンピックは必ず「物語」を連れてくる。その物語は誰をも心の美しさに誘ってくれる。その物語を求めてオリンピックを観る。 そこには閉塞感に満ち溢れた一般社会とはかけ離れた「人間の美しさ」があるからだ。 スケートの小平奈緒選手の光景は美しかった。彼女が勝利したと言うことだけでは...