2009年6月18日木曜日

「おろし」

永田町ではまたぞろ「麻生おろし」ってのが始まったとか。この「おろし」は「下ろし」なのか「降ろし」なのか。ともかく自民党はもう終わり。断末魔の態。選挙もやらないで総理総裁を4人も替えて生き延びようとは。自分たちで選んでおいて、いまさら何を言ってるのか。皆愛想尽かしていますよ。ほんと自民党も落ちるに落ちたもんだと。政治家失格。


どっかに書いてありましたっけ。「「麻生おろし」「大根おろし」「六甲おろし」って。大根下ろしは美味いし身体にいいし。六甲おろしはそれこそ山から吹いてくる風。最近は低迷しているとこでは麻生の支持率と同じ。真弓おろしコールでもおきるのか(笑)。


雪下ろしの時期は終わったし、棚卸しは景気低迷でままならず。うん、筆降ろしって粋なことばもあったっけ。様々な「おろし」「おろし」。


そういえば下ろされそうな麻生くん。いつも仕立て下ろしの良い服だけはきてますよね。古着に替えれば下ろされないで済むかも(爆)。



0 件のコメント:

第3次交通戦争の時代

戦後しばらくして、日本が高度経済成長期を謳歌していた頃、第一次「交通戦争」という言葉が飛び交った。 日本は車社会と化し、交通事故が激増した。その犠牲者が日清戦争時の日本側の死者の数を超えたことから「交通戦争」と世相が名付けられた。 おそらくマスコミの作語だったような気もする。...