2009年6月25日木曜日

エコひいき

依怙贔屓。みんなに公平でないことを言います。贔屓。「毎度ご贔屓にあずかりまして」。馴染みのお店なんかで使われる。気に入ったものに目をかけ、力を添えて助けること。後援すること。贔屓って言葉はある意味「粋」なんですが。依怙がつくとおかしくなる。依怙とは一歩にかたよるってこと・・・。


何やらわからぬ景気対策と銘打ったエコポイント制度。テレビのCMではやたらに車、車。エコカーエコカー。買い替えればエコポイント。家電商品。テレビ、エアコン、冷蔵庫。高額商品ほどポイント高い。ポイント貰って煩雑な手続き経て対象商品と交換。きのう詳細が明らかに。出るは出るは。目下271の商品とサービス。


ポイントくれるなからそのまま値下げすればいいって。面倒なことしないで。


でもね、車や高額家電商品買える人はまだいい。亭主は車を買えるわけもなく、家電商品は壊れておらず。十分使える。ポイント欲しさに買い替え。ある意味無駄遣い(笑)。


なんでポイント貰えるのが車と家電なの。その業界を潤さないと日本経済はダメになるってこと。日常「エコ」に心がけ地道な努力している人には何の恩恵もない。


一部の業界と、高額商品買える人達だけへの特典。これを称して言う。「エコひいき」と。



0 件のコメント:

「平昌オリンピック」に思う事

オリンピックは必ず「物語」を連れてくる。その物語は誰をも心の美しさに誘ってくれる。その物語を求めてオリンピックを観る。 そこには閉塞感に満ち溢れた一般社会とはかけ離れた「人間の美しさ」があるからだ。 スケートの小平奈緒選手の光景は美しかった。彼女が勝利したと言うことだけでは...