2009年12月17日木曜日

子供が「主役」の世の中で

子供手当の扱いめぐり政権内は百家争鳴。国民の意向というが、あのマニフェストなるものに賛成、完全履行を良しとして投票した人は少ない。マニフェストなるものへの評価は分かれるところと。


政界でも「子供」が主役。三党連立。子供のケンカみたいになにやら言いたい放題。親は出るに出られずというところか。


最近のテレビCM。自動車の「こども店長」に始まって、子供が出るは出るは。顔出しもあれば声や歌まで含め。好感度大とか。


企業は業績不振。広告費削減。必定CM制作費にもしわ寄せ。ギャラの高いタレントよりも安い子供使った方がよっぽど得策。それがまんまと図に当たり。


CMに登場する子供は今や人気沸騰とか。子供がCM効果を左右するのか。


まさに子供は国の宝なのかと。


今週は子供会用の古紙回収日だったかも(爆)。



0 件のコメント:

この国の「空気」にキミは耐え得るや

加計問題をめぐり安倍はかたくなに加計理事長との会談を否定している。 愛媛県の文書には面談の記録があるというのに。 愛媛県が文書を捏造する必然性はどこにもない。 知事は職員を信頼していると言う。 「電話もしてないのですか」と委員会で野党の議員が問う。 「仮定の質問には答...