2009年12月24日木曜日

蜜月100日

鳩山政権が出来てきょうで100日だそうです。誰が言い出したのか、アメリカ追随なのか。新政権誕生から100日間は蜜月でーーというマスコミと政権との関係。ハネムーンだから・・・・。マスコミも「見守る」ということだったらしいのですが、あにはからんや、猛烈な鳩山批判。当然なところはあるのですが。ハネムーンはとっくに終わっていたって。そりゃそうでしょ。今のご時世、「成田離婚」なんていうのがよく言われる訳だし。(爆)。


マスコミが攻撃の対象とするのは「マニフェスト違反」。公約違反って追及しきりだが。まるで鬼の首でもとったような。選挙はマニフェスト選挙といってやったけど国民の半数以上が望んだ、少なくとも政権交代を望んだ人のどれくらいが「満額回答」を求めていたのか。


無理を承知の上で攻め立てるマスコミって印象あり。


とにかく財源が無いってのは事実。埋蔵金探しをしても。


大きなマニフェスト違反をオススメします。一番公平な税。消費税のアップを言い出すべきと。それしか無いと肌で感じている国民は多いのではと。4年間封印。それに縛られてかえって支持を下げているのかも。無理なものは無理とちゃんと国民に説明してみては。


記者会見も開かず「ぶらさがりという変な慣習」の立ち話で、長考一番(笑)の「決断」なるものを語らずに。



0 件のコメント:

「責任論」をめぐるあれこれ

落ち葉の季節である。枯葉が舞う季節だ。 道路にも玄関にも庭にも、落ち葉の“饗宴”が季節を感じさせる。 ある家の庭に落ち葉が、枯葉が大量に飛んできていた。 その家の主は隣家の樹が枯れて落ちたものとし、それを片付けるのは樹の所有者である隣家の「責任だ」と怒鳴りこんだ。 枯葉は...