2009年12月25日金曜日

ごたくを並べる・・・

疑惑の政治資金問題をめぐってのきのうの鳩山会見。聞いていて思わず浮かんだ言葉。「ごたくを並べる」。


ぐだぐだと言い訳に終始。今、言いうる限りではその全てを言ったということなんでしょうが。ごたくを並べるー。囲碁の卓を並べるっとことじゃないですよ。だけど、なんか白黒はっきりしないってのが厄介なのであり。ごたくを並べるとは御託を並べるの意。御託とはご託宣。「自分勝手な言い分をくどくど言い立てる」ってこと。ご託宣とはいわゆる「神のお告げ」。それをもじって偉そうに、もったいぶって長々とくどくどいう。時にはそれが傲慢に聞こえることもある。そんな解釈かと。


言い訳に終始しても、辞任なんてないってことは誰もが承知のこと。会見やってる時には官邸では予算編成作業慌ただしく行われおり。進退についてマスコミがやっと引き出した言質。「国民の多くが辞めろというなら・・・」ってこと。それをきょうの朝刊は書き立てる。「今後の世論の動向によっては」と。マスコミ論調もどこか「ごたくを並べた」に過ぎない感。


とりあえずのマスコミ論調は鳩山に責任取れ。以前の言い分に照らしても辞めて然るべきと。それにも注目だとか。来年の通常国会では辞任を迫る自民党が抜かれたはずの牙をむく・・・。「鳩山の会見で説明責任は果たされたとおもいますか」。そんな世論調査を近々行われよう。辞任への賛否を問う調査も。


選挙無ければ、いや、あるはず無いけど、4年間は民主党政権。鳩山辞めてだれか民主党から代わりに。そんなことは許されない。辞めるなら選挙。たらいまわしを散々批判してきた民主党なんだから。善悪別。強いリーダーシップありそうに見える亀井くんがタナボタ待っているようだけど(爆)。


かつてーー。井戸塀政治家って言葉あり。記憶にあるのは藤山愛一郎。政治に自分の資産全部をつぎ込んじゃった。当時とは政治資金規正法が違うから、悪い出元のカネで無ければ私財なげうっての政治家は良しとされた。それはともかく。母親と話したことないって納得出来る話にあらず。「ユキオちゃんお礼の一言もないの」っておこるはずが普通(笑)。鳩山御殿は伏魔殿か(笑)。カネに関してはね。もし贈与税ということになれば6億以上。支払う意向ありとか。カネはある所にはあるもんだ。亭主のごたくを言えば「カネで買った総理の椅子」(爆)。余りにも莫大な浄財。


鳩山は素直に認め、小沢はけんか腰で検察と対峙のことと。「世になんとかのタネは尽きマジ」。石川五右衛門くんの"名言"とか。そう言えば小沢献金のキーパーソンの名も石川だった(爆)。



0 件のコメント: