2010年12月20日月曜日

金持ちの「区分」

年収いくらが金持ちなの?ってことです。
税制改正で配偶者や扶養者の控除を減らすことになった問題。政府の提案しているのが年収1,500万円以上は「富裕層」ってことで控除を減らす。いわば"増税"。
政府は決めたんです。年収1500万円以上は金持ちだと。さ、議論百出。年収1500万円以上の給与所得者は1,2%。50万人。ごく少数。1500万円以上のサラリーマンが声をあげた。「俺たちは金持ちじゃない」って。
難しい金持ちの区分、線引き。家族構成にもよるだろうし、生活様式にもよるだろうし。単身赴任者なんて出費は二重だし。
こまった海江田くんは新語を持ちだした。「中間層」だって。笑える。1500万以上。たしかに中間管理職多いし。
バブルの時代は決して富裕層に数えられなかった年収の方々。今のご時世。やはり1500万以上は金持ちというか富裕層に入りのでは。いいじゃない。富裕層なんて言われるのは出世した証拠(笑)。
給食費を払わない親が激増。こども手当で天引き出来ないかと模索する政府。天引きというか相殺というか。当然のこと。1500万以上の給料貰っていて給食費腹払わない親もいるとか。
家にオカネが無くて給食袋を学校に持っていけなかった亭主の小学校時代。あれは辛かった。数日遅れの支払い。親も懸命に給食費を稼いだ。給食費は払えなかったけど貧乏人とは思っていなかった。だって家があってメシも食えていたもん。
個人情報がなんとやらで所得ランキング公表されなくなったけど億万長者ってのもいっぱいいるはず。たとえばユニクロ社長、たとえば携帯会社の社長等々。
政府が勝手に作った金持ちの区分。それぞれがどう受け止めるのか。

0 件のコメント:

「国民」とは誰そ

日本国憲法には「日本国民は正当に選挙された・・・」で前文が始まるように各所に国民と言う言葉が登場している。 かって、帝国憲法には「国民」という言葉は無く「臣民」だった。 しかし子供たちは「少国民」と呼ばれ、兵士になることを名誉だとする教育が施されていた。 いささか屁理屈...