2010年12月6日月曜日

郡山のサッカーチーム

すっかりサッカー好きな国民に変身した日本国民。Jリーグも終わり、ワールドカップの招致はならず。1月にある侍ジャパンの国際ゲームが待ち遠しい。


郡山にはあるにはあったけど、無かったようなサッカーチーム。亭主が知っているだけでも郡山FCという教員主体のチームが昔あったけどやがて解散、ついでビヤンコーネというのが出来たけどこれも解散。そしてバリエンテというのが2年ほど前にできたけどこれも消え・・・。


Jリーグ一部残留が決まった仙台のベガルタとまではいかないけど、福島市を本拠地とするチームはそこそこ活躍。郡山地元にもという声もあり。


てなことでシャンオーレ郡山というチームが出来上がり。しかし、まだまだチームとしては知られておらず。社会人リーグでも二部だし。運営資金にも事欠くし。で、友人の肝いりでNPO法人を立ち上げてこのチームを支援しようということになり。


シャンオーレ。造語。フランス語で歌を意味するシャンと、水を意味するオー、それをサッカーの応援掛け声オーレにかけて・・・。


チームは試合だけでなく、少年達を育成するジュニアサッカースクールも開設。どうにか地元に認知して貰おうと躍起。


先頃NPOの認可が決まったのを契機に活動開始ってことで。


亭主もそのNPOの役員に入ってしまいました。なんの役にも立たないけど。(爆)


音楽文化はそれなりに活躍中の郡山。スポーツでもという小さな願い(笑)。「地元紙のスポーツ欄の小さな記事にも眼を通してください」と選手の一人がささやかな"お願い"。


気が向いたら覗いて見てください。


http://chaneaule.org


賛助会員募集中。一口1万円。



0 件のコメント:

「国民」とは誰そ

日本国憲法には「日本国民は正当に選挙された・・・」で前文が始まるように各所に国民と言う言葉が登場している。 かって、帝国憲法には「国民」という言葉は無く「臣民」だった。 しかし子供たちは「少国民」と呼ばれ、兵士になることを名誉だとする教育が施されていた。 いささか屁理屈...