2010年12月8日水曜日

1千万が250万に

なんとも哀しい話しじゃありませんか。破綻した日本政策投資銀行への初めてのペイオフ適用。1,000万円までは保護されるけどそれを超えた預金は・・・。1,000万円が250万円にしかならない。みすみす無くした750万円。制度は制度だから仕方ないだろうけど、預金者はたまったもんじゃないでしょうね。


もっとも1、000万円を超える金を持ていた人達、金持ち。この銀行だけでなく他の銀行にも預金してたかもしれない金持ちの部類。この銀行で1,000万超の預金者は3,400人。額にして107億円とか。


早稲田から日ハムに行った斉藤祐樹くんは1億円プラス出来高払いって契約金に「ゼロの数を数えるのが・・・」といったけど庶民にとっては1千万は大金。


この銀行作った木村剛、逮捕されたけど先日保釈されたとか。かれの資産はそれくらいあるのか。戦後の光クラブじけんじゃないけど、金という欲にむらがった人達の一つの"物語"か。


1千万超える預金ないからいいけど、ある人は「分散」させましょうね(笑)。


1千万が250万円になっちゃうっていう「悲劇」。やはり「詐欺」にひっかかったとばかりにあきらめるのか。


他人の財布が気になる年の暮れ(爆)。



0 件のコメント:

「国民」とは誰そ

日本国憲法には「日本国民は正当に選挙された・・・」で前文が始まるように各所に国民と言う言葉が登場している。 かって、帝国憲法には「国民」という言葉は無く「臣民」だった。 しかし子供たちは「少国民」と呼ばれ、兵士になることを名誉だとする教育が施されていた。 いささか屁理屈...