2010年12月10日金曜日

宮内庁って変なとこ

歴史のロマンというべきか。斉明天皇の墓の傍に孫にあたる大田皇女の墓もみつかった。日本書紀の記述通り。この乱開発された国土の中に、未だ存在していた古代の歴史。発見。時空がさかのぼる思い。


研究者って、その執念含め凄いもんだすな。牽牛子古墳が斉明女帝の墓だったことがより信憑性を持った。


昔の天皇の墓がどこにあったなんてどうでもいいやって人もいるだろうけど、古墳の謎や天皇家の墳墓のことは、やはり知っておきたい歴史。


なのに。宮内庁は未だそれを認めず。斉明天皇の墓は近くにある車木古墳だと主張しているとか。


宮内庁のお仕事。天皇家に関することを取り仕切るとこでしょ。この際あらためて歴代天皇家の墳墓の再点検やってみたら。時の経緯はいざ知らずではあるけど違ったところを指定されていたんじゃちょっとね。


もっと専門家を入れて、旧弊にとらわれず、現代の"技術"を駆使して、正しい歴史を万世一系のものとして権威あるものにしたらいかが。我説に拘泥する宮内庁ってなんか変。皇太子ご愛飲の酒は「百年の孤独」ではなく「天孫降臨」にしてみたら(爆)。


野次馬根性なれど面白い歴史ロマン。



0 件のコメント:

「責任論」をめぐるあれこれ

落ち葉の季節である。枯葉が舞う季節だ。 道路にも玄関にも庭にも、落ち葉の“饗宴”が季節を感じさせる。 ある家の庭に落ち葉が、枯葉が大量に飛んできていた。 その家の主は隣家の樹が枯れて落ちたものとし、それを片付けるのは樹の所有者である隣家の「責任だ」と怒鳴りこんだ。 枯葉は...