2010年12月14日火曜日

カフォン

ついついいたずら心を起こしてしまった亭主。親友サトウマサトが来週病院のクリスマスコンサートをやるのでつい飛び入り参加を言ってしまった次第。毎年やっている坪井病院の入院患者さんへのロビーコンサート。


このカフォンって楽器です。やはり友人のドラマー佐藤喜一くんから拝借。昔取った杵柄いかにあいなりや。ちょっと練習してみたのですが、手が指が、思うように動かない。年寄りの冷や水。頑張ってみるぞ(笑)。


このスピーカーみたいな箱の面を叩く打楽器。南米ペールーの楽器です。スネアドラムの音やバスドラムのような音が叩く部分でいろいろ出せる。マサト先生もボサノバ練習中だとか。音楽を壊さないように上手く乗れるかな。


書き物たまり締め切り迫っているのに楽器をいじくってる亭主。Pearl Primero Box Cajons カホン PBC-507



2 件のコメント:

TACO さんのコメント...

亭主さま
頑張るのは良いけれど指が腫れてペン(キーボード?)が握れなくならないように。先月伊玖馬の誕生祝いにムビラ、アフリカの楽器で「親指ピアノ」と呼ばれているを買ってやった。
カフォンを担いで来て演奏会をしたら?
今日、三宿病院で検診。もう何をやってもかまわないとのお墨付きをもらった。

亭主 さんのコメント...

tacoさま
お墨付きなにより。「過」はいけませんよ。
指は腫れてないけど二の腕痛し。
冷や水ほどほどにしないと(笑)。

「責任論」をめぐるあれこれ

落ち葉の季節である。枯葉が舞う季節だ。 道路にも玄関にも庭にも、落ち葉の“饗宴”が季節を感じさせる。 ある家の庭に落ち葉が、枯葉が大量に飛んできていた。 その家の主は隣家の樹が枯れて落ちたものとし、それを片付けるのは樹の所有者である隣家の「責任だ」と怒鳴りこんだ。 枯葉は...