2009年1月29日木曜日

悪化

悪化。悪くなることです。


財務省は「景気は悪化している」と経済情勢報告で発表しました。まれに見る出来事。なかなか政府は「悪化」という表現は認めてこなかったんですが。どうもにっちもさっちも行かなくなっているんでしょう。


病状が悪化。そんなことを医者に言われたら、それこそ重体。医者は回復に向けて全力で治療をするのでしょうが、景気とやらは治療の方法さえ見つからない模様。もっと悪くなったらなんていう表現をするのでしょうか。


今日の新聞を見ても「悪化」のニュースばかりです。パナソニックが今年度1,000億円の赤字。ソニーや東芝はすでに営業赤字を発表。唯一の勝組だったパナソニックまで。証券会社も軒並み。野村が五千億円弱の赤字。前年は860億円の黒字だったのに。


車も売り上げが20%減、百貨店も軒並み減。売り上げをコンビニに抜かれる。


そして失業者が増大している。雇用情勢悪化。悪化。年度内に製造業では40万人の失業者が。他の業種を合わせるととんでもない数の失業者が出るとか。欧米では一日で7万人の失業者を出しているとか。


「虚業」は破綻するのはわかるけど「実業」の世界が崩壊しかかっているようです。


政府や自治体が打ち出す雇用創出。もはや焼け石に水かもしれません。悪化のスパイラルに落ち込んでしまっているようです。抜け出せない・・・。


マスコミ不況とも言われます。マスコミ業界の収益は、ま、これもひどいもんですが、マスコミが伝える不況、景気悪化、雇用悪化の話題、話題・・・。これがネガティブ情報として伝播され、消費活動を萎縮させているとも。


これで銀行に公的資金注入なんて話題が広まったらその心理的影響ははかりしれないものになるかも。


風邪を悪化させている人もおおいようです。一日の寒暖の差が激しすぎるせいか。


「悪化」という二文字が世界を覆い尽くしている・・・。「景気悪い、悪い、どうにもならない」。身近でもそんな声ばかり聞く昨今。世界中が病巣に冒されている。「医者」が見つからないのだから、自己治癒しかない・・・。金は使わない・・・・。嗚呼。



0 件のコメント: