2009年1月31日土曜日

糞害、憤慨

亭主の駐車場はコンクリート敷きではありません。自宅ではありません。事務所。道路に面した土の駐車場。雑草も生えています。安さ優先(爆)。


車を停めて降りた途端、なにか靴底に違和感。踏んでしまいました。糞を。きょうは雨。雨の中のオサンポってことも無いので昨夜のものか。とりあえず、草に靴をこすりつけ、雨の道路で靴を引き摺って・・・・。水たまりの中に靴をいれて足でゴシシ・・・。悲しい出来事(笑)。


亭主がオサンポの時は必ず持参しています。ビニール袋に紙を入れて。愛犬の排出したものはちゃんと大事に持ち帰ります。東京ではペットボトルを持参していて小便した後にも水をかけて流す飼い主もいる。夏場は特に臭いから亭主も持ち歩いていましたよ。


そういえば・・・・。郡山の町を歩いていると「愛犬の糞お断り」だの、「持ち帰れ!!」だの私製のものもあれば、多分市役所が作って立てかけたのでしょう。変なイラストの糞持ち帰りを促す看板も各所に見られます。看板があるという事は「放置」が多いってことなんでしょう。


そして、たしかに時々見掛けます。道ばたに放置された大きな糞、糞。マナーとか公徳心とかって問題じゃない。当然のように放置されていく糞。やたら多いみたい。知り合いの愛犬家も嘆いていました。他のワンチャンの糞を踏まないように散歩させるのは大変だって。


街中にポイ捨て煙草の吸い殻はあまり見掛けなくなりました。コンビニ前にたむろしている若者が棄てる以外は。糞は無くならない。たしかに「うんち袋」持たないで散歩させている飼い主も見掛けます。普段はあまり気にしなかったんですが、思い出すとそんな光景けっこう見てる。


人間の心理というものは不思議なものであります。煙草の吸い殻が捨てられている道路では、そこに皆捨てていく。誰かもやっているんだから俺だって・・・。"犯罪"意識が欠如していく。その習性が犬の糞にも当てはまるかも。他の犬の糞を見つけた犬はその臭いに誘われるようにその近くに糞をする。飼い主は、「どうせあるんだから、ま、俺のも(わたしのも)いいか」って心境になるのか。かくて糞だらけの道路が出来上がる・・・・。


いくら奇特な人でも自分の犬の糞は始末するけど、他の犬の糞はさわれない。当然ですよね。


東京では煙草のポイステは法律で禁止されており罰せられる。犬の糞の場合は・・・。当局(笑)に聞いてみました。軽犯罪法違反に該当するかもって話です。「汚物を捨ててはならない」っていう条項。これで取り締まれるのか。「捨てたんじゃない。犬が勝手にした。持って行かなかっただけ」。こう抗弁されたら・・・・。


その仕組みをどうするかは別にして、我が住む町の美化運動。道ばたの犬の糞を一斉に取り去る"運動"なんか出来ないでしょうか。綺麗な道路では糞を放置するのは気が引けるって人もいるのでは・・・。やはり"良心"に訴えるしかないかも。


犬を飼う人の資質、資格、品格の問題。犬のサンポとは運動だけでは無い。排泄を伴うもの。


こんど「放置」していく人みたら呼び止めて注意するつもりですが、誰もがそれを出来るわけでも無い。争いは避けたがるのも人間の習性。


糞害には憤慨しています。毎日犬を連れて通る道が、ある日、糞が除去され綺麗になっていたら、あなたはそこに放置できますか。良貨は悪貨を駆逐する・・・。反グレシャム理論はいかが。煙草で実践されているはずと思うのですが。



0 件のコメント: