2009年3月5日木曜日

「国策捜査」


小沢一郎の第一公設秘書で政治資金団体の会計責任者が政治資金規正法違反で逮捕。西松建設と小沢との関係は、ある意味周知のこと。どっかで「やっぱり」って感じがしないでもありません。


民主党は早速「国策捜査」だと言いましたが、そう、良い意味でも悪い意味でも「国策捜査」であることは間違い無し。


一つは時期の問題。3月末に"時効"が迫っているからっていう話もありますが、なんでこの時期。西松の献金問題はもうずいぶん前から言われ、小沢の話もかなり前から言われていたのに・・・。


2000万円の不適正記載で逮捕。特捜がやるのはあまりにも「小さい事案」。


小沢のみならず自民党にも献金は流れている。しかも同じ手法で。やるなら同時一斉捜査、逮捕で無くては。次はお前だ。事前警告のようなもの。それまでに逮捕逃れの"工作"しておけってような印象ありです。


今朝のテレビである評論家が「指揮権発動」って言葉を使っていましたが、まさか麻生内閣、森法相の逆指揮権発動なんてことがあったのでは。それは無いと思いますが。


検察、特捜が、すべからく正義としたやったのなら、当然他の献金に対してもメスを入れないと片手落ち。数日間の特捜の出方が気になります。


地検特捜出身、ヤメ検田中森一の「反転 闇社会の守護神といわれて」を読んだからでしょうか。。その他の「検察もの」の著作を読んでいたせいでしょうか、今度の事件をめぐる検察内部の動きを想像すると、どうしても「政局」「体制」「検察の国家観」が感じられるのです。


政治にどう関与するかは検察にとっては大きな問題。夜回り記者さん達は検察関係者からどんな話をオフレコで聞いているんでしょうかね。


検察。組織は法務省。いわば官僚。こぞって官僚批判渦巻く昨今。官僚達はすべてとはいえないまでも「国家観」を持っている。この国は俺たちが動かしているという自負がある。腹の底では政治家をバカにしている・・・。


これだけ霞ヶ関叩きが噴出してくれば、どこかで反発したくなるもの。そう、官僚達の反乱が始まっているのです。


で、小沢くん。今日の記者会見でも「やましいことはない。法にのっとってきちんと対応している」って言っていますが、表面的な手続きはそうであったとしても「裏」は、やはり西松の裏金作り問題とも併せて疑念は残るところ。秘書が逮捕されたことは「不徳」として代表辞任されたほうがいいのでは。そうすれば麻生だって解散せざるを得なくなる。民主党の政権奪取が悲願なら、身を捨ててこそ浮かぶ瀬・・・作戦の方がよろしいのではと。そんな「奇策」は百も承知だと思いますが。


起訴含め、これからの検察の対応如何にもよると思いますが・・・。



0 件のコメント: