2009年3月24日火曜日

やはりヒーローはヒーローで

格別、とりたてて野球フアンというわけではありませんが・・。


きょうは疲れました。そして興奮しました。WBC日韓決勝戦。テレビを見たり聴いたり。何事も手に付かず。


決めるべきところで決められない日本。こんなに野球観戦って疲れるものか。


9回。負けたと思ったら・・・。


ドラマですね。ドラマ。すべてがイチローの為にしつらえられていたような舞台。


9回、ダルビッシュが撃たれて同点にされたのも、10回川崎が凡打してイチローに"最後"の打席をまわしたのも。そのイチローを歩かせず、勝負した、いや勝負して勝とう負かせてやろうとした韓国ベンチの采配も。すべてがイチローをヒーローにするための"演出"だったような。


野球フアンが多いのも、野球に魅せられる人が多いのも、このスポーツには不思議な「魔物」があるようで。


昼間の放送だったけど視聴率はどれくらいとるのか。日本中が興奮したのは久しぶりでしょう。


あれだけ打てずにいて「いるだけでも良い」とまで言われていたイチロー。最後の最後で決める。ヒーローのヒーローたる所以でしょうね。


日本の野球史上に語り継がれるであろうこの試合。やはり名試合だったのでしょう。


「日本が勝ったらマウンドに日韓両国の旗を立ててください」。そんな投書をテレビ局に寄せた小学生の女の子がいたそうです。その光景は作られませんでしたが、韓国の底地からも凄かった。「神が降りてきた」という「壁を越えられた」というイチローが笑顔で語った言葉も深かった。


"仕事"が手に付かないきょうの亭主なのであります。



0 件のコメント: