2009年8月28日金曜日

笑談 三途の川

時々行くジム&プール。日中はとにかく年配者が多い。プールが特に好まれているようで、黙々と歩く人、ジャグジーで談笑する人、水泳のレッスンや、水中の「体操」に参加する人等々・・・。さながらトドとセイウチの群れ(爆)。


時々冗談かわす人とも知り合いになり。この人泳ぎが達者。女性に年齢聞くのは失礼、推定60代後半。「きょうは何キロ泳ぎました?」「1キロくらいかな、まだまだ足りない」。凄い。


「なんだい三途の川を渡る練習かい」。口の悪い亭主。"テキ"は全くひるまず。「何言ってんのよ。あんたなんかターンできないでしょ、してないでしょ。ワタシはちゃんとターン出来るんだから。三途の川から帰ってくる練習よ!」。


三途の川の渡し賃は六文銭。往復12文銭をわたしてしまいたいくらい。六文銭は今はないから120円のスポーツドリンク差し入れようかと(爆)。


さてさて投票日まであと三日。誰もがわたるのは三途の川かルビコンの川か。クビのカワ一枚か。川中島の決戦、六文銭は武田の旗印。合戦の帰趨はいかに・・・。


君よ憤怒の河を渉れ。昔あった小説、映画のタイトル。濡れ衣検事と警察官との追跡劇。すべからく国民は、有権者は、今まさに「憤怒の河」を渉ろうとしているようにも見え。


あああ、三途の川か。まだ行きたくないな。もうちょっと此岸においておいて下さいな。プールの水は冷たくないけど川の水は冷たそうだし・・・(笑)。



2 件のコメント:

K.Y さんのコメント...

私の通うジムでも面白い位全く同じ光景。リアルに目に浮かびます^^ いつも声を掛けて下さり仲良くして頂いている方はきっと私の両親よりも年上。会話が凄く楽しいんです。
そして私の×2倍位のお歳の男性の方、1度もお話をした事はありませんが、休憩も取らず永遠と遠泳…(笑) 水面を泳ぐその姿、ちょっと【ノシイカ】っぽくて目が追ってしまいます。2分の1の年齢な私はきっとその方の3分の一も泳いでいませんが…(泣)

亭主 さんのコメント...

k.yさま
みなさん凄いですね。会話や運動を楽しんでおられる。
亭主の泳ぐ距離は多分そのまた10分の一かも。
目で追うと「断末魔の蟇蛙」
みたいですよ(爆)。

「平昌オリンピック」に思う事

オリンピックは必ず「物語」を連れてくる。その物語は誰をも心の美しさに誘ってくれる。その物語を求めてオリンピックを観る。 そこには閉塞感に満ち溢れた一般社会とはかけ離れた「人間の美しさ」があるからだ。 スケートの小平奈緒選手の光景は美しかった。彼女が勝利したと言うことだけでは...