2009年12月31日木曜日

年末のご挨拶

今年も残りあと数時間。当店に足をお運びいただき、いや、足じゃないか、手を動かし、目を使っていただきありがとうございました。


なんとか年越しは出来そうです(笑)。


なんで12月31日というとベートーベンの第九なんだろうか。またぞろ変なことを考えていたり。


一年を回顧。それも特になく。懐古だけが身を包むようで。蚕のように身を丸めて・・・。


駄文にお付き合いいただいた皆様方に感謝です。来年もよろしく。


なぜか天気は荒れ模様とか。朝方から雪が舞い。これも区切りの季節ということか。元日営業てのがいまや世間の常識。なのになんでスーパには大勢の人が群れ、レジに列をなしているのか。そう、やはりきょうのうちに区切りをつけておきたいという律義さなんでしょうね。


さて今夜のテレビは。国民的行事紅白を見て文句ばかりいうのか。格闘技にするか。今のところはNHK教育に行きそう。クラシック♪。テレビ東京のジルベスタコンサートも面白そう♪


昔は起きていて除夜の鐘を聞いたりしてたけど、もう睡魔に逆らうのは止め。明治神宮初詣なんてよくやっていたけど、そんなのも止め。普段と同じように。そして普段と同じように明日の朝が迎えられたらと。


とにかくーーーさよなら2009年ということで。



2 件のコメント:

ふゆお さんのコメント...

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
さて、ジルベスタコンサートですが、前回せっかくホールにまで足を運んでいるにも関わらず、ぴったりに終わらずじまいでした。
今年はよかったですね〜。ぴったり!野口さんの演出は不明でしたが、ぴったりがよかった!
それでは、よいお年をお過ごしくださいませ。

亭主 さんのコメント...

ふゆおさま
年明けの返信で・・・。ことしもよろしくです。
ジルベスターなんか日光の手前って感じだったんですが。

「責任論」をめぐるあれこれ

落ち葉の季節である。枯葉が舞う季節だ。 道路にも玄関にも庭にも、落ち葉の“饗宴”が季節を感じさせる。 ある家の庭に落ち葉が、枯葉が大量に飛んできていた。 その家の主は隣家の樹が枯れて落ちたものとし、それを片付けるのは樹の所有者である隣家の「責任だ」と怒鳴りこんだ。 枯葉は...