2009年5月24日日曜日

カッコーワルツ

 

おじいさんは、きのう山に芝刈りに行きました。久しぶりの芝刈り。山の上は強い風が吹いていました。おじいさんはすっかり疲れてしまいました。腰も痛くしてしまいました。


風は強かったけどお天気はよく、山の林の中からはホーホケキョという鶯の鳴き声が聞こえ、おじいさんはすっかりいい気持になっていました。ウグイスの姿を探したのですが見つかりません。ウグイス鳴いてる、姿は見えず。まさにそのとおりでした。


そして、きょう。なんとおじいさんは、朝、カッコーに出会いました。カッコー、カッコーという鳴き声に誘われて、声のするほうに行ってみたら、なんとテレビのアンテナの上でカッコー君が鳴いているではありませんか。おじいさんは興奮してポケットのカメラで写真を撮ってみました。望遠もズームもないのでアップの写真は撮れませんでしたが、貴重な一枚。しかも羽を広げた瞬間。



かっこー.jpg


カッコー、カッコー、カッコー♪。カッコーワルツを歌いながら帰ってきました。なんでテレビのアンテナの上にカッコーがいるのか。不思議です。やはりカッコーもデジタル化されたのか(笑)。


家でテレビをつけました。カッコーが映ってないかと思って。でも、テレビではアヒルがワルツを踊っていました。


カッコーワルツ。読み方変えると「格好悪つ」。いえいえ、おじいさんのことですよ。(爆)。



0 件のコメント:

「平昌オリンピック」に思う事

オリンピックは必ず「物語」を連れてくる。その物語は誰をも心の美しさに誘ってくれる。その物語を求めてオリンピックを観る。 そこには閉塞感に満ち溢れた一般社会とはかけ離れた「人間の美しさ」があるからだ。 スケートの小平奈緒選手の光景は美しかった。彼女が勝利したと言うことだけでは...